04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

娘のカレーは母親ゆずり? 

カレーライス

 昨年12月上旬の事、娘が約1週間ほど私の所に滞在する機会があった。子どもと一緒に数日を過ごすのは離婚して以来7年振りとなるため、若干緊張したがやはり嬉しいものである。
 私の部屋は狭く、シングルベッドが置いてあるので、誰かが泊まりに来ても寝るスペースを確保するのが難しい。狭いながらも楽しい我が家(古過ぎて知らないか)ではないが、それでも収納スペースは意外と広く、2階がロフトになっているためそこに就寝してもらう事にした。
 私が12月を意外と元気に乗り切ることが出来たのは、やはり愛猫タラの時と同じで、最愛の娘と同じ屋根の下で過ごせたことが大きな要因となっているのは言うまでもない。離婚を二度も経験しているので偉そうなことは言えないのだが、家族に恵まれなかった子ども時代を振り返ると、如何に家族の大切さや必要性が身に染みて分かるのである。
 親にとって子どもは自分の分身だから、娘や息子の姿を通して自分自身を見詰め直すことが出来る。父親として自分は十分過ぎるほどの愛情を子どもに注いで来ただろうか?子どもたちは親の意外な部分を鮮明に覚えていたりするもので、「え!そんなことあった?」などと言う会話も少なくない。
 「今日の夕飯はカレーを作るからこれ買って来て」そう言って渡された紙切れに、ニンジン・パプリカ・玉ねぎ・キノコ・鶏むね肉・茄子・牛乳の文字が無造作に書かれてあった。「パプリカって何?」「ピーマンみたいな野菜で赤とか黄色の」「ジャガイモは?」「私、ジャガイモ嫌いだから」こんな会話をした後に近くのスーパー『アコレ』まで買い出しに出掛けた。
 娘が作ってくれる料理を食べるのは初めてだったので、「母親の味に似ているだろう」と思っていたが、それは全く見当外れで、食材の段階で既に母親のそれとは異なっていた。狭いキッチンにブツブツ文句を言いつつも、手際よく野菜の皮を剥きサクサクと包丁を入れて行く。私は娘の後ろでその様子を感心しながら見詰めていた。
 業務用の大きな鍋にカットした野菜などを入れ、油で炒める。立ち上る白い湯気の中に家族の温もりが見える気がした。水を少し加えた後に牛乳を500㏄入れる。「私、牛乳をたっぷり入れたクリーミーなカレーが好きだから」「ふーん、そうなんだ…」。それはまさしく母親のものでなく娘オリジナルのチキンカレーであった。
 気の利いた食器があればもう少し美味しく見えるのだが、男の一人暮らしだから、100均で買った安っぽい食器しかない。娘と向かい合わせに座り、小さなテーブルに並んだカレーを見て食事は一人より二人、二人より三人…、そうやって家族で囲んで食べるのが何よりの幸せだとつくづく思った。
 甘口のカレーが、娘の優しさを代弁しているかのように口の中一杯に拡がり、身体中が娘とそして家族の味に充たされて行くようだった。

関連記事

テーマ: カレー

ジャンル: グルメ

タグ: ベッド  離婚  ロフト  カレー  パプリカ  チキン  食器  野菜  キッチン  テーブル 

[edit]

幸せを運ぶ猫(Tara came back)。 

タラ2016

 6月27日、あの愛タラが再び私の元に帰って来た。諸事情により前妻から約二週間預かる事になった訳であるが、2013年1月に脳梗塞で緊急入院した時に、堪り兼ねた前妻がタラを引き取り新潟へ連れて帰って以来だから3年ぶりの再会となった。
 タラが新潟へ行った時、もうタラとは二度と会えないだろうと思っていたので、今回の再会はまさにサプライズ!であった。
 タラは部屋に着くなり押し入れをジッと眺めていたが、思い出したように早速その奥に姿をくらませてしまった。深夜になって押入れの奥から出て来ると、部屋の物色が始まった。一つずつ確認するように、自分の古巣を思い出しているのだろう。パソコン台から押し入れの上の天袋に飛び移ると、自分が最も気に入っていたロフトをじっくり眺めていたが、ひょいっとロフトに飛び移り、そこから私の姿を見下ろしていた。
 3年経っても身軽さは相変わらずで、本来の本能は衰えていないように見えた。ところが、ロフトから下りる事が出来ずに「にゃー、にゃうー」と訴え始めたではないか…。「タラ、下り方を忘れたの?」と問いかけながら、仕草で伝えても一向に下りられない。「あんたはでしょ?」とハシゴを使って私がロフトに上がった。
 タラの目線で初めて天袋を見たのだが、これはかなりの勇気が要る事に気付いた。自分で下りるポーズを何度もするが、もう一歩が踏み出せないのだ。身軽なといえども、やはり人間と同じで決断力や勇気は本能的に備わっているものではなく、日々の努力の積み重ねが動物にも必要なのかも知れないと思った。
 ところで、嵐の如く荒れ狂っていた私の不整脈なのだが、7月20日の循環器外来で主治医も驚くほどすっかり治まっていたのである。不整脈が全く無くなった訳ではないが、「このままでは心臓の寿命が縮む」とまで言われていた重度の不整脈が姿を消してしまったのである。「神戸さん、何かあったの?」と主治医が訊いてくるほどで、確かに6月の末辺りからこれまでになく体調が良くなったのを実感していたが、まさかあの不整脈が劇的に治まっていたとは信じ難く、主治医も首を傾げるばかり。
 「何かあったと言われれば、が帰って来たことですかね…」「うーん、薬よりの方が効果あると言うことか!」微笑しながら納得出来ないといった表情を浮かべる主治医。いずれにせよ、ペット癒し効果が影響していることは間違いないであろう。タラとの二週間はあっという間に過ぎ去ったが、タラはまさに「幸せを運ぶ猫」だと実感した次第である。

関連記事

テーマ: 猫のいる生活

ジャンル: ペット

タグ:   ロフト  ペット  癒し  不整脈  脳梗塞  新潟  天袋  循環器  主治医 

[edit]