04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

桜便り(Pale love)。 

桜便り


の便りとともに届いた
あなたからのメッセージ
まっさらな便箋にひと言
元気にしている?――
忘れるはずだった
あなたの 優しい笑顔
あなたの 熱い眼差し
舞い散る花びらとともに
消えた淡いだったのに
桜並木に手を振って
仕舞いかけた この心
咲かずに散った 未練花
頼りないわたしの心に
桜便りの風が吹く


関連記事

テーマ: 恋愛詩

ジャンル: 小説・文学

タグ: メッセージ    便箋  笑顔    桜並木  桜便り 

[edit]

別れ涙の神田川。 

別れ涙の神田川


みなもを走る 小舟の跡を
一羽のカモメが 追いすがる
波間に消えゆく あなたの姿
啼けど届かぬ 焦がれる想い
さすらう風に 乗り遅れ
ああ~ わたし 別れ神田川

の青さは あなたの心
映すの いじらしさ
揺れる小舟は はかない
波間を漂う 浮世花
せめて咲かせて 散りたいけれど
ああ~ あなた 別れ神田川

うそと本音は の味
薄めたグラス過去の色
隠したつもりが 解けて濡れる
世渡り上手な あなたの前で
揺れるみなもは わたしの心
ああ~ ここが 別れ神田川

関連記事

テーマ: 詩・唄・詞

ジャンル: 小説・文学

タグ: 小舟  カモメ  波間  神田川          グラス  過去 

[edit]

恋のパズル。 

恋のパズル


パズルは複雑すぎて
悩めるわたしは途方に暮れる
恋愛模様の謎解きパズル
たどり着く先 答えはひとつ
心と心が重なりあって
二人のピースが解けぬうちに
絡まるピースが二人を結ぶ
パズルが謎かけをする
恋愛成就呪文がささやく
時間切れのカウントダウン

関連記事

テーマ: 恋愛詩

ジャンル: 小説・文学

タグ:   パズル  謎解き  答え  ピース  恋愛  成就  呪文 

[edit]

夢色グラス。 

夢色



に降り立つあなたの影を
追ってここまでやって来た
寄り添うカモメ慕の証
あなた気付いてくれますか

沈む夕陽にさよなら告げて
ささやく灯りはしぐれ
波止場の風に吹かれて眠る
しいあなたはの中

ひとりよがりのをして
グラスにあなたを注ぐ
ひとり芝居ならば
いっそこの手で終わりにさせて


関連記事

テーマ: 作詞・作曲

ジャンル: 音楽

タグ:   カモメ  夕陽  波止場      グラス  芝居 

[edit]

恋と涙の神田川。 

恋の神田川


カモメ横切る みなもの上に
のしずくが 落ちました
焦がれる心に 波紋が揺れて
つかみそこねた あなたの笑顔
あああ~ する神田川
今日もひとり 立ち尽くす

夢の続きを 見たくて今日も
橋のたもとに もたれて待つわ
たったひとつの 約束だけど
忘れるなんて 出来ないわ

あああ~ 神田川
揺れる心に 波しぶき
あああ~ むせび泣いてる神田川
あなたの声が 木霊する

関連記事

テーマ: 詩・唄・詞

ジャンル: 小説・文学

タグ: 神田川  カモメ  約束  木霊    笑顔    波紋 

[edit]

恋吹雪。 

恋吹雪


わたし 哀しい の精
夜空を 舞い踊る
凍える あなたに 降り注ぎ
氷河の想い

白いブーケは 契の証
溶けぬ心は の晶
失せる事なく 燿き続け
あなたの空で になる

わたし やっぱり 雪の精
諦めきれぬ 想いの果てに
吹雪く心は 北から届き
オーロラ奏でる の精


関連記事

テーマ: 詩・唄・詞

ジャンル: 小説・文学

タグ:   夜空  氷河  ブーケ  オーロラ   

[edit]

雪のカクテル。 

カクテル


で作ったカクテル
実らぬ想いの味がする
の名残りが凍りつき
あたしの吐息が
未練を溶かす
カクテル飲み干せば
酔って振られてが舞う
あたしは
破れただるま
流す涙で自ら溶ける
だからお願い
カクテル
もう一杯


関連記事

テーマ: 詩・想

ジャンル: 小説・文学

タグ:   カクテル    未練  雪だるま吐息 

[edit]

想い出グラス。 

グラス



に降り立つあなたの
追ってここまでやって来た
寄り添うカモメ恋慕の証
あなた気付いてくれますか

沈む夕陽にさよなら告げて
ささやくしぐれ
波止場の風に吹かれて眠る
しいあなたは夢の中

独りよがりのをして
想い出グラスにあなたを注ぐ
独り芝居ならば
いっそこの手で終わりにしたい


関連記事

テーマ:

ジャンル: 小説・文学

タグ:     カモメ  恋慕  夕陽    波止場  グラス  芝居   

[edit]

傷だらけの恋。 

傷だらけ


あんたの背中を見詰めていたら
が流れ落ちてきた
あんたはいつも黙ったままで
明日を見ているけれど
あたしに明日は見えないの
燃え尽きたあんたと
くすぶったままのあたし
舐め合った頃
あんたは優しく微笑んで
あたしを迎え入れてくれたけど
だけ残して去っていく
あたしの身体だらけ
せめてこのだけでもと
あんたの残り香しくて
で濡れたこの
あんたの背中をつく
だらけのあたしはの跡
が勝手に成り上がる


関連記事

テーマ: 詩・ポエム

ジャンル: 小説・文学

タグ: 背中    明日      身体    残り香     

[edit]

六畳一間の恋。 

六畳


に染み付いた
あなたの想い出
消えない
悲しみだけが沈殿した
この六一間
あなたとわたしの
棲家だったのに
後始末さえ
出来ないわたしは
この部屋
立ち去る勇気もない
あなたのに引き摺られ
今夜も
を見詰めるだけで


関連記事

テーマ: 恋愛詩

ジャンル: 小説・文学

タグ:   想い出  悲しみ  棲家  後始末    部屋  勇気   

[edit]