Tag海 1/1

横浜ラブ・ストーリー。

ハマの酒場に 未練を残し酔ったふりして 泣きつくす夢にやぶれた 女がひとり空のグラスに 想いがにじむアアア~ ここは横浜 愛がかすむ街たどり着いたら 雨の街やぶれた傘なら 捨てましょかいっそ 濡れて 生きるなら潮風 抱いて 眠りたいアアア~ ここは横浜 夢がにじむ街海の青さが まぶしくてどこまで沈めば 気が済むの白いカモメは ゆりかごでさえずり眠る 子守唄アアア~ ここは横浜 恋がたたずむ街...

  •  12
  •  0

父に捧げるレクイエム。

深まる秋がこの蒼い空一杯に拡がりあなたの散ったあの日を僕はいつもあの時のままで想い出すたなびく煙は風に乗りあなたの魂を高い高い空へと連れて行く悔しさと海のように深い悲しみを苦し紛れの笑顔で隠しわずか42年の生きざまを18歳の少年に凡て託してこの世を去った煽った酒の数だけ涙を流し酔えば酔うほど母の面影が募ったのでしょうね幼い僕は母に似ていつもあなたを悩ませただから酒にまみれて自分を誤魔化して来たので...

  •  9
  •  0