04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

野に咲く花のように。 

野に咲く花



野に咲く名もないのように
に吹かれ に打たれ
凍てつくの日にも
土の温もりを友として
けなげに咲くことを諦めない
そんなのような存在になりたい

野に咲く名もないのように
人生という大地に根を張り
揺るぎない意志と情熱を持ち
うろたえることもなく
一心に咲き続ける
そんなのような存在でありたい


関連記事

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

タグ:         人生  大地  情熱  存在 

[edit]

ユリの花の如く。 

ユリ



漆黒の闇に浮かぶ白い

そのつぶらな瞬きの奥から

微笑み ひとしずく

零れ落ちたる 病床

君は ユリの如く

美しく 清らかに 咲いている



関連記事

テーマ: 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など

ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: ユリ    微笑み  病床  清らか 

[edit]

恋の種(恋する全ての人たちに)。 

恋の種


があったなら
どんなが咲くでしょう
初恋なら紫色
がきっと咲くでしょう
わたしのに水をやり
毎日毎日 育てます
から大好きな
あなたを 
大事に育てます


関連記事

テーマ: 恋愛詩

ジャンル: 小説・文学

タグ:       初恋  紫色   

[edit]