04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

野に咲く花のように。 

野に咲く花



野に咲く名もないのように
に吹かれ に打たれ
凍てつくの日にも
土の温もりを友として
けなげに咲くことを諦めない
そんなのような存在になりたい

野に咲く名もないのように
人生という大地に根を張り
揺るぎない意志と情熱を持ち
うろたえることもなく
一心に咲き続ける
そんなのような存在でありたい


関連記事

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

タグ:         人生  大地  情熱  存在 

[edit]

Rain of Love(恋の雨)。 

恋の雨


気まぐれな恋の
わたしを濡らして過ぎる
差す暇さえなかったわ
気まぐれなあなたに
も身体も
すっかり濡れて
わたしは恋の雨模様
降って降って
振られて振って
今夜もが降ってます

関連記事

テーマ: 恋愛詩

ジャンル: 小説・文学

タグ:       雨模様   

[edit]

雨の神田川(Love of the eternity)。 

雨の神田川


あなたと二人なら
どこまでも濡れて行きましょう
二人を遮るを捨て
互いの背中は見せっこなし
前だけ見つめて行きましょう
優しい神田川
流れ続けてどこまでも
手と手を取り合いいつまでも
同じみて眠りましょう
流れを止めない神田川
二人も止まらず行きましょう
どこまでもいつまでも
変わらぬを抱きましょう


関連記事

テーマ: 恋愛詩

ジャンル: 小説・文学

タグ:   背中    神田川     

[edit]