Index

71:

詩集 天国の地図 / 神戸 俊樹¥1,260 Amazo

  •  244
  •  0

25: 初めての旅は府中刑務所だった(再編集版)。

 私が初めて東京に行ったのは小学4年生の

  •  8
  •  0

297: 息子の落語披露と40年越しの謝罪。

 今年5月の下旬に差し掛かった頃、静岡に

  •  21
  •  0

296: 恋文(未刊詩集・天国の涙より抜粋)。

外来の受付窓口に一通の白い封筒が置いてあ

  •  19
  •  0

295: スプリンターは疾風の如く。

 娘の出身校である東洋大学にこれほどの選

  •  24
  •  2

294: 後悔の涙(母を偲んで)。

母は安らぐ場所にたどり着いたのか苦しまず

  •  30
  •  0

293: 感染性心内膜炎を阻止せよ!

 行方知れずだった夏が青空を引き連れて東

  •  26
  •  0

292: 横浜ラブ・ストーリー。

ハマの酒場に 未練を残し酔ったふりして 

  •  12
  •  0

291: 娘のペットはアナコンダ。

 娘がヘビ好きだと言うのを私は昨年初めて

  •  23
  •  0

290: 命のプレゼント―心臓病をありがとう。

寺嶋 しのぶ命のプレゼント―心臓病をありが

  •  13
  •  0

289: 七夕物語り。

七夕の夜天の川を小舟で渡っていると星が一

  •  13
  •  0

288: レインコートにkissの雨。

降りしきる 雨の中を靴音響かせ 駆け抜け

  •  11
  •  0

78: 病院食は父親の味(父の日に寄せて)。

 私が初めて入院を経験したのは小学6年の

  •  34
  •  1

287: 爆報!THEフライデーに写真を提供。

 去る5月26日(金)19時~、爆笑問題

  •  19
  •  0

286: 退院祝いは上天丼で。

 前回の記事がいささか暗すぎたため、明る

  •  37
  •  0

285: 薬の増量が希望を打ち砕く。

 出口の見えない長い長いトンネルに入り込

  •  42
  •  0

284: 桜便り(Pale love)。

桜の便りとともに届いたあなたからのメッセ

  •  17
  •  0

283: うっ血性心不全と抜歯手術。

 東京の桜開花を入院中に聞くとは思っても

  •  44
  •  0

282: 忘れられない僕の人。

君は 忘れられない僕の人ポニーテールが

  •  9
  •  0

281: Fitbit(フィットビット)で健康管理!

 年明け早々の1月5日、息子の勇樹から誕

  •  24
  •  0

280: うっ血肝と肝硬変。

 このCT画像は昨年11月に撮影したもの。

  •  25
  •  0

279: 娘のカレーは母親ゆずり?

 昨年12月上旬の事、娘が約1週間ほど私

  •  33
  •  0

278: 野に咲く花のように。

野に咲く名もない花のように風に吹かれ 雨

  •  42
  •  0

277: 翼を拡げ、新たな年にチャレンジ!

A Happy New Year 2017 時計が午前0時に

  •  137
  •  0

276: いじめっ子には怖いサンタがやって来る。

 クリスマスソングは非常に多く教会などで

  •  26
  •  0

275: 忘年会のある風景。

 今年も師走に入りいよいよ1年の締めくく

  •  18
  •  0

274: 二人のメロディー。

便り途絶えた あの娘は何処に風が運んだ う

  •  16
  •  0

273: 入院ゼロまでのカウントダウン。

 時の流れは想像以上に早く感じるもので、

  •  23
  •  0

272: グッバイ、たまねぎりりィ…。

 その類まれなるハスキーボイスで聴く者た

  •  14
  •  0

271: 言葉のスランプ。

 ここ数日、パソコンがとても遠い存在にな

  •  25
  •  0

270: 祭りで賑わう夜(詩集・天国の地図より)。

祭りで賑わう夜父は病床に寝たきりの身体を

  •  15
  •  0

269: パソコンは忘れた頃に壊れます(ノД`)シクシク。

 先日メインで使用していたデスクトップパ

  •  21
  •  0

268: 2016いたばし花火大会in荒川土手。

 8月6日、愛猫タラの癒し効果が背中を押

  •  21
  •  0

267: なぎさのロックンロール。

スポットライトが 熱い夜グラスの向こうに

  •  13
  •  0

266: 幸せを運ぶ猫(Tara came back)。

 6月27日、あの愛猫タラが再び私の元に

  •  23
  •  0

265: 大銀杏が最も似合う横綱(千代の富士を偲んで)。

 子どもの頃、大鵬・柏戸は絶対に死なない

  •  10
  •  3

264: 漆黒の闇に浮かぶ狂気。

 7月26日未明、神奈川県相模原市の障害

  •  13
  •  12

263: 父の日は似顔絵とともに。

 6月19日、心不全の兆候で四苦八苦して

  •  18
  •  0

262: 星になった恋(七夕に寄せて)。

満天の夜空を見上げればいつでも貴方が見え

  •  20
  •  0

261: 副作用と心不全の狭間で…。

 約3週間の休養を経て何とか復調はしたも

  •  43
  •  0

260: 電磁波アラカルト。

 世の中がまだアナログ中心で動いていた時

  •  15
  •  0

259: 別れ涙の神田川。

みなもを走る 小舟の跡を一羽のカモメが 追

  •  8
  •  0

258: 不整脈とホルター心電図。

 まず始めにお笑いタレントの前田健さん(

  •  42
  •  0

257: 火の国絶句、震度7の猛威。

 4月14日、時計が午後9時を少し回った

  •  25
  •  7

256: オペレッタ「赤ずきんちゃん」in 静岡音楽館Aoi。

 万年筆の記事をアップしたその夜、息子の

  •  25
  •  0

255: 桜のプラネタリウム。

満天の空を泳ぐように舞い散るそれは桜のプ

  •  22
  •  0

254: 30年振りの万年筆はネーム入り。

 静岡市内でパソコン教室『ゆうらくの森』

  •  29
  •  0

253: 恋のパズル。

恋のパズルは複雑すぎて悩めるわたしは途方

  •  14
  •  0

252: 娘が愛したインコたち。

 都内の某大学で法律を学んでいる娘だが、

  •  29
  •  0

251: ムジカの世界にようこそ!。

大衆文藝ムジカ03号好評発売中! 発刊を

  •  19
  •  0

250: 薬物まみれのホームラン。

 毎日のように流れて来る清原和博容疑者逮

  •  21
  •  9

249: 相撲人生、がぶり寄り!。

 並み居るモンゴル勢を次々と撃破し、日本

  •  22
  •  3

248: 雪の花びら(未刊詩集より)。

雪の花びらみなもに消えて池のさざなみ凍え

  •  21
  •  0

247: 世界はロックに充ちている(追悼:D・ボウイ)。

 世界の音楽シーンに多大な影響と輝かしい

  •  29
  •  3

246: 病を乗り越え、新たな門出を2016。

A Happy New Year 当ブログにご訪問の皆様

  •  102
  •  0

245: 心不全シンドローム。

 11月17日、救急外来の時計は午前0時

  •  41
  •  0

244: 父に捧げるレクイエム。

深まる秋がこの蒼い空一杯に拡がりあなたの

  •  9
  •  0

243: ひとりかくれんぼ(不登校の頃に)。

見つけてくれる鬼のいない街外れの小さな公

  •  12
  •  0

242: バス通り(甲斐バンドのカバー)。

 久しぶりにカバー曲の紹介。吉田拓郎ばか

  •  15
  •  0

241: 病への挑戦状。

 今から10年ほど前、服用していた抗うつ

  •  22
  •  0

240: 薬とため息の日々……。

 8月下旬の事だった。それまでの猛暑から

  •  41
  •  0

239: 夢色グラス。

港に降り立つあなたの影を追ってここまでや

  •  8
  •  0

238: 戦争と平和の狭間で(終戦の始まり)。

 終戦70年の節目を迎え、各地で戦争の無

  •  17
  •  0

237: 第56回いたばし花火大会2015in荒川。

 連日35℃を超える猛暑日が続いている日

  •  18
  •  0

236: 詩集・天国の地図 出版10周年と芥川賞。

長い闘病生活を余儀なくされてきた著者が、

  •  6
  •  3

235: 手乗りインコは心の止まり木に。

 離婚する前、我が家には2羽のセキセイイ

  •  12
  •  0

234: 恋と涙の神田川。

カモメ横切る みなもの上に恋のしずくが 

  •  12
  •  0

233: 主婦の溜息が聞こえる、コインランドリーブルース。

 梅雨時、主婦を悩ます一つに洗濯物がある

  •  12
  •  0

232: 父の日は遠い空からやって来る。

 父の日は母の日に比べるとその存在感が若

  •  22
  •  0

231: 点滴の流れる音に。

点滴の流れる音に耳を澄ましてごらんほら 

  •  17
  •  0

230: 怪しい日本年金機構。

 つい最近まで連日ニュースやワイドショー

  •  15
  •  6

229: 初優勝!そして大関へ。

 横綱・白鵬の体が土俵下に落ちた瞬間だっ

  •  8
  •  5

228: 日ノ出町ブルース。

浜の夜風が ネオンを 揺らす荒んだ心に 灯

  •  16
  •  0

227: グッバイ、ママ(母の日に想う事)。

 母の日を迎える度に思い出す、非常に珍し

  •  23
  •  0

226: ユリの花の如く。

漆黒の闇に浮かぶ白い花そのつぶらな瞬きの

  •  14
  •  0

225: ムジカの勢いに乗り遅れるな!!

大衆文藝ムジカ02号好評発売中! 発刊を

  •  12
  •  0

224: 満天の夜を抱いて一羽のフクロウが啼く。

 それは私が小学校低学年の頃だった。実家

  •  25
  •  0

223: 猫専用のパソコンiCat登場!

 パソコンもネットが出来なければただの箱

  •  26
  •  0

222: 恋吹雪。

わたし 哀しい 雪の精吹雪く 夜空を 舞い踊

  •  28
  •  1

221: 僕の卒業式(未刊詩集より抜粋)。

遠くで桜の花びらが舞っていたその下で春の

  •  24
  •  0

220: 術前検査と7年振りの心臓カテーテル。

  昨年12月の退院から僅か2ヶ月余りで

  •  58
  •  0

219: 埋葬(オカメインコのクックに捧げる)。

夜が深い悲しみを連れて降りて来たやがて訪

  •  18
  •  0

218: シリアに散ったサムライの命。

 全国民の願いも虚しく、ジャーナリストの

  •  23
  •  8

217: 夜明けのリリー。

夜明けのリリーグラス片手に 朝を待つ眠れ

  •  24
  •  1

216: 玄米VS腎臓病。

 私の今年の抱負は入院しない事。毎年、同

  •  25
  •  0

215: この病室の窓から。

この病室の窓から踊る君の姿を眺めていた明

  •  27
  •  0

214: お雑煮と元旦ライヴin曼荼羅。

 元旦に外出したのは何年振りの事だろう…

  •  25
  •  0

213: 恋化粧。

募る想いを 涙で隠しひとり恋路を 忍びゆ

  •  22
  •  0

212: 喪中(幼き日の思い出とともに…)。

 喪中につき新年のご挨拶をご遠慮させて頂

  •  35
  •  0

211: 踊るサンタクロース。

クリスマスは理屈抜きで楽しむもの 不景気

  •  32
  •  1

210: 頑張れ心臓、負けるな腎臓!

 今年2度目の緊急入院となった11月28

  •  57
  •  0

209: さよなら健さん、安らかに…。

 11月18日、高倉健さん死去のニュース

  •  15
  •  9

208: カルテ(未刊詩集・風のカルテより)。

診察室で主治医がデータを黙々と書き込んで

  •  34
  •  0

64: 君のいた夏。

手すりをよじ登ると君の痕跡があった空を掴

  •  35
  •  0

207: Legend of The Moon(伝説の月)。

 宇宙の存在が現在ほど明らかにされていな

  •  23
  •  0

206: 御嶽山に黙祷。

 バラバラと激しい音を立てて無数の噴石が

  •  31
  •  9

205: グランドスラムを駆け抜けろ。

 一人の若きアスリートがコートの上を疾風

  •  17
  •  6

204: あなたへ(亡き母に捧げる)。

あなたの胸に抱かれて眠ってみたい豊かな乳

  •  33
  •  0

203: エボラの逆襲。

 日本国内では実に約70年ぶりとなるデン

  •  20
  •  5

32: 天国の涙(未刊詩集より抜粋)。

空が涙の池になりそこに笹舟を浮かべて遊ぶ

  •  28
  •  0

202: 想い出花火。

君と見上げた 打ち上げ花火夜空を焦がして

  •  22
  •  0

201: 御巣鷹の尾根に悲しみが降る。

 うだるような暑さを片手で拭いながら、お

  •  25
  •  0

200: 夏の恋人。

ひねもす 相手を求めてひと際 かん高く啼き

  •  13
  •  0

199: こっちへおいでよ、子猫ちゃん。

 我が家のアイドル猫だったタラコ7年前の

  •  26
  •  0

198: 歓楽街。

あたしの生きざま歓楽街でもたれる男の手を

  •  14
  •  0

197: Secret of Ukraine。

 分離独立を巡って政府軍と親ロシア派の間

  •  15
  •  4

196: KING OF GOAL 栄冠はドイツの頭上に。

 約一ヶ月間に渡り熱戦を繰り広げたサッカ

  •  14
  •  11

195: 相合い傘は恋の花。

 日本列島の約半分が梅雨前線に覆われ、本

  •  22
  •  0

37: 織姫の恋。

笹の葉にあなたの名前を書いて流したの星の

  •  24
  •  0

194: からくりだらけの脱法ハーブ。

 巷に溢れ返る脱法ハーブは、いとも簡単に

  •  15
  •  1

193: 青池の大蛇伝説と長楽寺(小説「届かなかった僕の歌」より抜粋)。

 今からおよそ850年ほど前の話しである

  •  10
  •  0

192: 最後の合図。

この街の少し先に君の家があったね今は家族

  •  20
  •  0

191: モナリザの悲しみ。

 歴史上最も有名な肖像画と呼ばれる「モナ

  •  13
  •  0

190: 薬だけに頼らない生き方を学ぶ。

 先日、三井記念病院に依頼しておいた『診

  •  29
  •  0

189: 懺悔の雨。

空が思い切り泣いている枯れた少年の心がひ

  •  18
  •  0

188: 恋日記。

日めくりカレンダーをめくるようにあなたを

  •  14
  •  0

187: 新・覚せい剤白書2014。

 日本の音楽シーンに輝かしい時代を築き上

  •  16
  •  12

186: 大衆文藝ムジカ創刊号堂々発売中!!

 書籍の紹介をする前に先ず、ムジカ代表の

  •  9
  •  0

185: 池の主(未刊詩集より抜粋)。

蓮華寺池で釣りを楽しんでいた大物が釣れる

  •  17
  •  0

184: 母の日には冷たい涙の雨が降る。

担任の先生は言いましたお母さんの顔を描き

  •  21
  •  0

183: 首都直下型地震までのカウントダウン。

 GWも終盤に差し掛かった5月5日、早朝

  •  19
  •  3

182: 鯉のぼりからの伝言。

 屋根より高い鯉のぼり(最近では屋根の方

  •  14
  •  0

181: 午前0時の愛言葉。

午前0時の扉を開く二人だけの秘密の合図甘

  •  25
  •  0

115: 桜の花びらが舞い散る午後に。

桜の花びらが舞い散る午後にあの娘は逝った

  •  21
  •  0

180: 世界で一枚だけのマスク。

 先日の風雨で折角咲いた桜が半分近く散っ

  •  24
  •  0

108: 桜の見えるアパートで。

桜の見えるアパートであなたの帰りを待って

  •  20
  •  1

179: リンゴ(吉田拓郎・カバー)。

 久しぶりにカバー曲の紹介。これまで、「

  •  23
  •  0

178: ひとめぼれ30キロの思い遣り。

 静岡市在住の息子、勇樹から届いた年賀状

  •  35
  •  0

177: 裸足の少女(鎮魂歌)。

パタ パタ パタパタ パタ パタ裸足の少女が

  •  27
  •  0

176: 神田川慕情。

いっそこのまま 何処までも流れ流され 夢

  •  22
  •  0

175: 日常の中に潜む狂気。

 今月3日、千葉県柏市で起こった「連続通

  •  22
  •  2

109: 残雪の恋(再掲、追記あり)。

柔らかな春の陽射しを浴びて雪が静かに融け

  •  20
  •  0

174: 雪のシルエット。

雪があなたの影ならばわたしはこの身を捧げ

  •  21
  •  1

173: モルヒネと26年振りの手術室。

 2014年の正月を無事に迎える事が出来

  •  43
  •  0

172: 猫の成人式。

 成人式を迎えた二十歳の皆さん、おめでと

  •  10
  •  1

171: 孤独のブルース。

運の悪さはあたしの定め夜につまずき恋をす

  •  22
  •  0

170: 雪の涙。

雪が涙のように降ってくる音も立てずに降っ

  •  26
  •  0

169: 喪中につき(伯母を偲んで)。

 先ずは新年早々、喪中の記事でスタートす

  •  29
  •  0

168: 猫の手も借りたい闘病記録。

 新年を故郷や海外で迎える人たちの帰省ラ

  •  36
  •  0

167: サンタクロースからの手紙。

 皆さん、クリスマスイヴですね。わたしは

  •  33
  •  0

166: 雪のカクテル。

雪で作ったカクテルは実らぬ想いの味がする

  •  16
  •  0

165: 折れたクレヨン(鎮魂歌)追記あり。

一本のクレヨンが折れた音も立てずひっそり

  •  13
  •  0

164: 大衆文藝ムジカ創刊号発売迫る!。

 師走に入り、寒さも一段と増しつつある今

  •  14
  •  0

163: 思い出のタラその1(ねこ鍋一歩手前)。

  約8年ほど前、近くの公園の雑木林で鳴

  •  26
  •  0

162: 砂漠の公園(未刊詩集より抜粋)。

夕陽が溶け込む砂漠の公園で少年が独りブラ

  •  17
  •  0

161: チャレンジド・フェスティバル2013in代々木公園。

【ニコニコ動画】高木里華&TAKA's Party 

  •  16
  •  0

160: いじめシンドローム。

 携帯電話(スマートフォン)やパソコンが必

  •  19
  •  0

159: 夏の思い出(歌詞)。

わたしは 呼び止めは しない今 旅立つ 君を

  •  27
  •  0

158: 千代子だよ、おっ母さん。

 大衆に最も愛され続けた昭和の時代を代表

  •  18
  •  6

157: 父の死んだその日(詩集・天国の地図より抜粋「命日に寄せて」)。

父の死んだその日僕は独りになった秋晴れの

  •  16
  •  0

61: 海岸通り カバー(イルカバージョン)再編集版。

前回、吉田拓郎の「夏休み」をアップしたと

  •  33
  •  0

156: 腎不全定食は如何ですか?

 わたしは入院する毎に病院で出された食事

  •  26
  •  0

34: 翼を持った少年(鎮魂歌)追記あり。

空に一番近いこの場所で少年は想っていたボ

  •  23
  •  0

155: アンパンマンからの贈り物。

 国民的キャラクターとして子どもから大人

  •  27
  •  4

154: 火災を乗り越えて、絶望からの再出発。

 今から26年前の1987年、わたしは火

  •  22
  •  0

153: 白いチョーク(未刊詩集より抜粋)追記あり。

教室であなたは土屋に向かって白いチョーク

  •  20
  •  0

152: 猫の詩。

猫がわたしにぴったり寄り添っている指で数

  •  20
  •  0

151: 心のオール。

あなたと二人で迎える夜これで何回目だろう

  •  15
  •  0

150: 困ったもんた。

 有名人の親を持つその家族は時と場合に寄

  •  11
  •  2

149: 注文殺到!ムジカ平積み。

 大衆文藝ムジカ創刊準備号が刊行されて2

  •  8
  •  0

22: 母が静かに眠る海(母の命日に寄せて)追記あり。

引き裂かれた想いを胸に抱きながら僕は今日

  •  21
  •  0

148: 夜に咲く花。

尽きせぬ想いを忍ばせて夜のしじまに花が咲

  •  16
  •  0

147: 天竜川の子守唄(鎮魂歌)追記あり。

小舟 ゆらゆら揺りかご ゆれる寝た子 起

  •  14
  •  0

146: 圭子の昼と夜の顔。

 22日正午、日米通算4,000本安打を

  •  17
  •  3

145: 涙の神田川。

ひらりひらひら舞い散る心夜の川へと流れゆ

  •  19
  •  0

39: 夏休み(吉田拓郎をカバー)再編集版、追記あり。

 [☆゚+.残暑お見舞申し上げます゚+.☆]´ノ∀`)

  •  33
  •  0

144: 心にレシピが届く時。

 わたしが初めて料理を覚えたのは小学1年

  •  17
  •  0

143: 想い出グラス。

港に降り立つあなたの影を追ってここまでや

  •  10
  •  0

27: 運河の流れるこの街で(追記あり)。

運河の流れるこの街であなたと出会った橋の

  •  16
  •  0

142: あどけない君のしぐさ(井上陽水のカバー)。

 これまで「夏休み」「海岸通り」「紙飛行

  •  17
  •  0

141: 自民党の毒裁政治が始まった。

 参議院選挙2013夏の陣は、大方の予想

  •  10
  •  3

140: 狂った青春、16歳の夏。

 凶悪犯罪の低年齢化が問題視されるように

  •  14
  •  2

139: 新・神田川物語。

白いカモメを夕陽が染める日暮れにたたずむ

  •  20
  •  0

138: 新しいアートの幕開け…。大衆文藝ムジカ堂々発売中!

 ジャンルの壁を超えて、あらゆる分野のア

  •  19
  •  0

137: 織姫の涙(七夕に寄せて)。

織姫の流した涙が星になり天の川を渡ります

  •  25
  •  0

136: 中田英寿の涙を引き継ぐ者へ(追記あり)。

あの日君が流した涙の跡が芝生の上で転がる

  •  18
  •  0

135: 砂浜に消えた恋。

砂浜に書いたあなたの名前を波が跡形もなく

  •  16
  •  0

134: 富士山は心の世界遺産である。

 山開きを目前に控えた富士山、世界文化遺

  •  13
  •  2

133: 風と共に去る民主党。

 昨年末に誕生した第2次安倍政権だが、発

  •  12
  •  3

132: 母さんのいる空に。

母さんのいる空に風船飛ばそう僕の想いを一

  •  16
  •  0

131: 養護学校はわたしの故郷である。

 わたしが14歳だった頃、中2のクラス全

  •  10
  •  0

130: 傷だらけの恋。

あんたの背中を見詰めていたら涙が流れ落ち

  •  7
  •  0

129: ウエディングドレスを押し花に。

 女性であれば一度は着てみたいであろうウ

  •  8
  •  0

128: 薔薇一輪。

君と一緒に見た薔薇仄かに香るその中で同じ

  •  11
  •  1

127: うつ歴10年から得たもの。

 循環器と同様に月一度のペースで通院を続

  •  16
  •  0

126: 夜の小舟。

夜が往く往くあたしを乗せて胸の谷間に流れ

  •  10
  •  0

125: good-bye Tara

 脳梗塞で救急搬送された時、愛猫である「

  •  13
  •  0

124: 天使のマイク(鎮魂歌)追記有り。

天使がわたしのマイクを奪ったのわたしの居

  •  12
  •  0

123: 最後のラブレター。

これがあなたに送るわたしからの最後のラブ

  •  14
  •  0

122: 音楽が時空を超える時。

 五月晴れの空が足音を立てて近づきつつあ

  •  8
  •  0

121: 母の日を封印した少年。

僕があなたを追いかけているわけではなくあ

  •  10
  •  0

120: CCUから愛を込めて。

 今年三度目の救急搬送。救急車を呼ぶ事に

  •  18
  •  0

119: Rain of Love(恋の雨)。

気まぐれな恋の雨がわたしを濡らして過ぎる

  •  3
  •  0

118: 六畳一間の恋。

畳に染み付いたあなたの想い出が消えない悲

  •  2
  •  0

117: テロリストは風に紛れて時を待つ。

 冬から春へと装いを変えた爽やかな風を縫

  •  6
  •  4

116: 孤高の俳優、三國連太郎。

 つい先日、坂口良子さんの訃報をお伝えし

  •  1
  •  2

4: 漁火哀歌(追記有り)。

夜風に揺らめく漁火は海を亡くした魚たち銀

  •  9
  •  0

114: 恋人はサウスポー。

 7日、大阪・ボディメーカーコロシアムで

  •  5
  •  1

113: 二人の神田川(Last Version)。

あなたと眺めた神田川春のそよ風に触れて今

  •  4
  •  0

112: 夢の中で抱きしめて。

あなたに触れる事さえ出来ないわたしをどう

  •  5
  •  0

111: グッドバイ・ママ(坂口良子さんを偲んで)。

 女優の坂口良子さんが先月27日、57歳

  •  5
  •  2

110: 地球の片隅で温暖化防止を叫んで見る。

 地球からとってみれば人類も一匹の蟻も同

  •  4
  •  0

107: 詩集出版8周年を迎えて(絶版そして再配本へ)。

 時の流れは予想以上に早いもので、誰にも

  •  4
  •  0

106: 恋の種(恋する全ての人たちに)。

恋に種があったならどんな花が咲くでしょう

  •  6
  •  0

105: 紙飛行機(井上陽水のカバー)。

 既に公開済みの『吉田拓郎のカバー(夏休

  •  7
  •  0

3: 赤い涙のランドセル(鎮魂歌)追記有り。

何処から流れ着いたのか埠頭の風に煽られて

  •  7
  •  0

104: 命の更新記録。

 脳梗塞で倒れたあの夜の事、孤独と絶望感

  •  9
  •  0

103: 君たちの春(鎮魂歌)追記有り。

春がそこまでやってきた からんころんと 

  •  22
  •  0

101: 都心に降る雪。

都心に降る雪がわたしの心に降り積もる冷た

  •  13
  •  0

100: 只今リハビリ奮闘中。

当ブログへご訪問の皆さまへ。 10日間の

  •  35
  •  0

97: 久遠の約束(17Fデイルームにて)。

かあさん かあさんかあさん かあさん病棟中

  •  4
  •  0

96: 年末年始は赤信号…。

 新年のご挨拶が一歩出遅れてしまいました

  •  16
  •  5

95: ホームランに花束を。

 師走の冷たい風が肌を突き刺し吹き抜けて

  •  15
  •  14

94: 乾きすぎた女。

アスファルトを叩く雨が囁きを呑み込んだ雨

  •  2
  •  0

93: 酒と涙のクリスマスケーキ。

 貧困は、時に子どもの心を傷つける。わた

  •  8
  •  1

92: 冬枯れて…。

西に沈む夕陽が、わたしの影を四角に作る。

  •  6
  •  0

91: 北朝鮮の限りなき野望と現実。

 核とミサイル依存症の国「北朝鮮」から、

  •  5
  •  2

90: 蛍の啼く夜に。

蛍を捕まえて来てと君が泣く今は冬だからと

  •  4
  •  0

89: 出版社の選択は慎重に。

 年間およそ7万冊もの書籍刊行ラッシュの

  •  6
  •  0

88: 歌舞伎の概念を覆した男。

 12月5日、体調を崩しベッドに臥せって

  •  3
  •  6

87: ドライフラワー。

ゴミ集積所から拾って帰った紅い薔薇都会暮

  •  18
  •  0

86: 力道山の真実(小説「届かなかった僕の歌」幼少篇より抜粋)。

 暫く帰って来ない父の行き先は府中刑務所

  •  3
  •  0

85: 雨の神田川(Love of the eternity)。

あなたと二人ならどこまでも濡れて行きまし

  •  6
  •  0

84: ブータンより愛を込めて。

 ブータン国王が来日してから早いもので既

  •  7
  •  0

83: 手編みのマフラー(小6女児の鎮魂歌)。

お月さま お月さまわたしとおんなじ一人の

  •  14
  •  0

82: 女優が舞台を降りる時(追悼:森光子さん)。

 人生を一つの舞台として捉えれば、わたし

  •  8
  •  5

74: ひと恋列車。(再掲 特別編)

ちぎれるほどに右手を振ってありったけの笑

  •  13
  •  0

81: ハリケーン「オバマ」。

 米大統領選の真っ最中に、ハリケーン「サ

  •  12
  •  6

80: 正しい豚の育て方 byモモコ。

 ペットを飼う時は、一応その動物の特性な

  •  11
  •  0

79: 本田美奈子に捧げる鎮魂歌。

マイク片手にベッドの上で発声練習していた

  •  7
  •  0

77: ハロウィンの夜が更けて行く。

 ハロウィンを分かり易く説明すれば、日本

  •  14
  •  0

76: 踊る石原!風雲急を告げる。

 その日(25日)、巷に号外が飛び交った

  •  6
  •  6

75: その頃、23歳の青年はボクサーを目指していた。

 そんな訳ありません。心臓病のわたしがボ

  •  10
  •  0

73: iPS細胞の陰と陽。

 それは医学界のみならず、世界のあらゆる

  •  12
  •  6

70: あの世からのメセージ。

 2004年10月、父の30回目の墓参り

  •  23
  •  0

69: ポケットの中の東京。

秋の雨が降っているうっかりしていると気付

  •  6
  •  0

68: その人生に脇役あり。

 映画やドラマの中心にいる訳ではないが、

  •  9
  •  3

67: 恋地獄。

傷つくことには慣れているそう 思い続けて

  •  5
  •  0

66: 夢に見た印税。

 わたしは、2005年3月に詩集「天国の

  •  6
  •  0

65: 心に花束を持って。

 2005年10月、綿菓子を溶かしたよう

  •  5
  •  0

63: デモは参加する事に意義があるのか?

 たわわに実った果物や野菜、そして米など

  •  8
  •  4

62: Shadow of Love(恋の影)。

手を伸ばせばすぐそばにいるけれども一度だ

  •  9
  •  0

60: 吾輩だって猫である。

 小泉今日子主演の映画「グーグーだって猫

  •  19
  •  0

59: 楽しい献本作業。

 わたしは今でも月に一度のペースで精神科

  •  12
  •  0

58: 母に捧げる子守唄(母の命日に寄せて)。

あなたはこの僕よりもテーブルの上の小瓶を

  •  15
  •  0

57: 余命一年からの復活。

 1989年4月28日、わたしは三井記念

  •  16
  •  0

56: 尖閣諸島波高し。

 尖閣諸島や竹島を巡り、領土問題に揺れる

  •  9
  •  5

55: 髪を切った。

長く伸びた髪が心に絡みつくから髪を切った

  •  11
  •  0

54: 美容師がハサミを置く時。

 わたしが散髪によく行っていた理髪店が店

  •  4
  •  0

53: シリアに散った日本人の命。

 日本がメダリストたちの凱旋パレードに熱

  •  25
  •  2

52: 恋の糸電話。

切れてしまったらもう二度と聞こえない恋の

  •  14
  •  0

51: メダルが涙に濡れる時。

 7月27日に開幕し、17日間に渡って各

  •  25
  •  7

50: 百恋歌(作詞に挑戦)。

 恋愛をテーマにした曲は数多くあるが、そ

  •  10
  •  0

49: 今もそこにある戦争(終戦記念日を迎えて)。

 1945年(昭和20年)1月9日、神戸

  •  17
  •  1

48: 恋しぐれ。

蝉しぐれがあなたの声を掻き消していく初夏

  •  17
  •  0

47: その頃17歳の少年は吉田拓郎に憧れていた。

 古い写真を整理していたら、火事で焼けて

  •  5
  •  0

46: くちびる哀歌。

くちびるを重ね合わせるとあなたの嘘が見え

  •  9
  •  0

45: 核兵器はもう要らない。

 人類最大の過ちが広島を一瞬にして焼き払

  •  20
  •  0

44: 恋花火。

愛しいあなたに向けて今宵 わたしは束の間

  •  48
  •  0

43: 短編小説『冬の蛍』。

 重い瞼を開けると、靄のかかった朝が見え

  •  10
  •  0

42: 詩集がつないだ30年ぶり同窓会。

 待ちに待った同窓会が30年ぶりに浜松サ

  •  11
  •  0

41: イチロー、カムバック!

 馬に乗って去って行く男の背中に向けて少

  •  8
  •  4

40: 愛鍵(the key of love.)。

この愛が 逃げ出してしまわぬよう この手の

  •  13
  •  0

38: タダでも乗らないオスプレイ。

 脱・原発デモと同じように、このオスプレ

  •  3
  •  3

36: 初めてのサイン。

 埼玉県に住む女性がわたしの本を片手にわ

  •  4
  •  0

35: クラゲも反対する大飯原発。

 世論を二分しての大飯原発再稼働であった

  •  5
  •  1

33: その頃、17歳の少年はフォークシンガーを目指していた。

 『モーリス持てばスーパースターも夢じゃ

  •  3
  •  0

31: いじめは犯罪である。

 事の重大さに漸く気付いたか、或いは世論

  •  39
  •  5

30: 病室。

命を削るかんなの音が今日も病室に響いてい

  •  1
  •  0

29: シンシンのすくすく子育て日記。

 上野が活気付いている。2011年2月、

  •  10
  •  1

28: 念願の平積み。

 本を出版すると様々な反応がある。本は書

  •  2
  •  0

26: モスラからの伝言(伊藤エミ追悼)。

 先ず初めに、名司会者でありマルチタレン

  •  11
  •  1

24: 民主党57人の刺客。

 自公民による密室の談合と批判の矢面に立

  •  7
  •  11

23: 激闘!パンチの数だけドラマがある。

 ボクシングファン待望の試合が先日、6月

  •  15
  •  2

21: 今さら人に聞けない台風の疑問。

 梅雨入り後まだ間もない6月だと言うのに

  •  14
  •  3

20: 冷凍バナナでダイエット。

 わたしは数年前から冷凍バナナにはまって

  •  6
  •  0

19: 高橋克也のリアル鬼ごっこ。

 今回もまた菊地直子容疑者の時と同様に、

  •  5
  •  5

18: 日常の中に潜む殺人鬼。

 大阪・心斎橋の繁華街が空を切り裂くよう

  •  4
  •  7

17: 罪な女のひとりごと。

甘い言葉の誘惑を嘘と知りつつ受け入れた女

  •  3
  •  0

16: 菊地容疑者の愛と葛藤の日々。

  平田信容疑者が自ら出頭し逮捕され

  •  6
  •  7

15: 真珠のネックレス

貴方の存在が 真珠のネックレスのように わ

  •  2
  •  0

14: 出版のきっかけはうつ病だった。

 2005年3月、詩集天国の地図を文芸社

  •  6
  •  0

13: 和製トム・ジョーンズ逝く。

 尾崎紀世彦(享年69歳)、『別れのその

  •  10
  •  3

12: 流れ星

夜しか見えない流れ星願いが叶うと言うけれ

  •  4
  •  0

11: 血塗られた国家シリアの辿る運命。

 混迷の度合いが深まる一方のシリア情勢は

  •  2
  •  0

10: 余命一年の宣告。

 平成元年、わたしは余命一年の宣告を受け

  •  10
  •  0

9: 猫はハンターの名手。

 猫好きの人ならご存知かと思いますが、猫

  •  6
  •  0

8: 歌舞伎町の夜

流れついたの 歌舞伎町 ここでバイトを 始

  •  2
  •  0

7: 生活保護は蜜の味。

 一度生活保護に頼ってしまうと、容易にそ

  •  2
  •  7

6: リストカット。

月の光が刃となってわたしの心をかき乱す手

  •  2
  •  0

5: 海は何でも知っている。

 星は何でも知っている ゆうべあの娘が 

  •  0
  •  0

2: 愛しのビージーズ(ロビン・ギブを偲んで)。

  ディスコの女王と呼ばれ、70年代

  •  0
  •  0

1: 神秘と慈愛に満ちた黄金リング。

  21日、夜明けを今か今かと待ちわびる

  •  0
  •  0