05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

オペレッタ「赤ずきんちゃん」in 静岡音楽館Aoi。 

赤ずきんちゃん

 万年筆の記事をアップしたその夜、息子の勇樹から電話があった。「万年筆、読んだよ。ところでお願いがある…」「うん?なんだ」「4月3日だけどミュージカルに出演するから是非とも観に来て欲しいの」「ええーっ!本当に?」「うん、しかも準主役なの」「そうか、ちょっと体調と相談して出来るだけ行くようにする」。
 行くと即答出来ない自分の身体が情けなかったが、その日からこの日の為にコンディションを整え、体重を64キロから62キロに落とした。僅か2キロであるが病んだ心臓への負担は随分と軽くなり息切れもあまりしなくなった。
 落語披露の時は体調が悪く行けなかったので、今回こそはと言う思いと「ステージに上がるのはこれが最後」と言う息子の言葉が後押しをしていた。息子がどんな演劇を見せてくれるのか、新幹線の車窓から流れる景色を見詰めながら心が踊った。
 静岡の地に足を下ろすのは2011年11月以来5年ぶりの事。会場である『静岡音楽館Aoi』は静岡駅北口から徒歩数分の所にある。ステージ正面にはフランス・ストラスブール\アルフレッド・ケルン社によって建造された高さ8.5m、幅9.5mの巨大なパイプオルガンがあり、その音響効果は最高レベルと世界的な音楽家たちから認められるなど折り紙つきで、クラシックオペラなどを鑑賞するには理想的なホールとなっている。
 開場は13時半だったが、その前から大勢の人の列がビルの外にまで連なり、このコンサートに対する関心の高さが伺えた。チケットが当日購入出来ない可能性があった為、息子が事前に確保してくれていた。開場時間と共に8階へ移動し電話を入れると、「お父さんですね?」と女性の声。その直後に若い女性スタッフが笑顔を振り撒き駆け寄って来て、「勇樹さんからです、お父さんが来てくれると大喜びですよ」とチケットを渡してくれた。
 開場から30分も過ぎると館内は1,2階ともほぼ満席。おそらく客数は600人を超えていると思われた。開演14時になると、このコンサートの主幹でピアニストの『呉 恵珠』さんご挨拶。そして第一幕、ソプラノ:渋谷文規による『日本の歌、こころの歌』が始まった。詩人・星野富弘氏の作品に曲を付けた歌曲集である。
 呉 恵珠の流れるピアノと透き通るようなソプラノが館内全体を優しく包み込む。マイクなど電気機材を全く必要としない生のステージは初めての体験であった。続いて金子みすゞの詩に曲を付けた童謡歌曲集。ソプラノが五井野百合子に代わった。『こだまでしょうか』など幾つかの作品は私も良く知っていたので、眼を閉じその魂を揺さぶる歌声に聴き入った。
 そしていよいよ息子が登場する第二幕、オペレッタ『赤ずきんちゃん』の始まりである。それまでステージ中央に設置されていたグランド・ピアノが隅の方に移動。若い女性のフルートと円熟味のある語り手の登場で劇は幕を開けた。
 テンポよく流れるようにストーリーが展開して行く。キュートなバレリーナのステップがステージを一層華やかに盛り上げる。赤ずきんちゃんを演じているのは3人の女の子たち。そして息子が準主役と言う『』の登場であるが、なんと1階客席横のドアから登場となった。これには観客も予想していなかっただけに、館内が一瞬どよめいた。私はてっきりの着ぐるみかと思ったが、そんな事はなくユーモアたっぷりの尾っぽが可愛かった。
 台詞に時々アドリブを交えるなど、その演技には余裕すら感じられたが、本人曰く「満席の観衆を眼の前にしたら心臓がバクバク」だったらしい。そのステージは私の予想を良い意味で裏切り、非常に完成度の高い舞台で、自信を持って人にお勧めする事が出来るほどであった。
 館内は携帯・カメラは禁止の為、演技中の撮影が出来ず残念であったが、舞台終了後にロビーにて記念撮影が始まっていて、大勢のファンが息子を取り囲みもみくちゃになっていた。ファンから贈られた花束やプレゼントは腕に抱えきれないほどで、まるで芸能人を見ているようだった。
 息子に話しかけようとしたがとてもそんな余裕はないようで、次々とカメラを向ける人たちの応対で舞台より緊張しているようにも見えた。ソファに腰掛けてそんな息子の姿を見ている私に女性スタッフが声を掛けて来る。「勇樹さん、人気者ですから」。その人気を支えているのは、人との繋がりを自分の事より大切にする息子だからと納得していた。
 ロビーから人影が消え静寂が訪れると、漸く私の時間がやって来た。スタッフに声を掛け息子について尋ねた。「お父さん、勇樹さんとまだお話ししてないですよね?」「楽屋の方にいますので、今案内致します」。楽屋は7階にあったが、出演者たちで溢れかえっておりとても中で話せる状態ではなかった為、廊下で待った。
 暫くすると普段着に着替えて汗だくになっている息子が姿を表す。5年ぶりの再開だ。「父さん、ありがとうね、ホント嬉しかったよ」そう言いながら私の手をがっちり握ってくる。「母さんは来なかったのかな?」「うん、多分ね。確認出来なかったけど」。「素晴らしいステージで感激したよ、とても初めてとは思えない」そんな親子のやり取りを5分ほどして音楽館を後にし、ミュージカルの余韻に身を預けながら帰路についた。

テーマ: ライヴレポ・感想

ジャンル: 音楽

タグ: 赤ずきんちゃん      ミュージカル  ソプラノ  静岡  パイプオルガン  クラシック  ピアノ  オペラ 

[edit]

お雑煮と元旦ライヴin曼荼羅。 

お雑煮

 元旦に外出したのは何年振りの事だろう…。家族4人で暮らしていた頃は近くの帝釈天初詣と、我が家の恒例行事になっていたが、離婚して一人暮らしになり今の所に越して来て6年目。過去5年間、常に体重増加と心不全を意識して正月を迎えていたような気がする。
 今年は初詣にもまだ行っていないが、それより貴重な体験をさせて頂いた。私にお呼びの声が届いたのは昨年、退院してまだ間もない頃だったと思う。
 大衆文藝ムジカの責任者、そして詩人で歌人・俳人でもある『葛原りょう』氏からフェイスブックを通して吉祥寺の老舗ライヴハウス曼荼羅で元旦ライヴを行う旨、参加の呼び掛けがあった。
 当然の事ながら私は退院間もない身であり、一ヶ月は自宅静養が当たり前であったから、「参加する」と即答出来ず、「体調が良かったら行きます」と返答を濁らせた。
 そして迎えたライヴ当日、体調は思ったよりよかったので退院後初めての電車を乗り継ぐ外出となった。正月の東京は人影や走る車の数も少なく閑散としている。凍てつく真冬の空は今にも雪がやって来そうな厚い雲に覆われていた。
 開場は16時だったが、30分ほど早く会場に到着。吉祥寺に降り立つのも随分久しぶりの事となる。受付もまだ始まっていなかったが、B1階のドアを開け中の様子を覗き込んでみると、中では出演者たちのリハサール中だった。
 入口に立つ私の姿に気付いた『久留素子』さんが、真っ先に声を掛けて来た。「かんべさん、かんべさん…」「お久しぶりです」満面の笑みを浮かべつつ握手を交わす。彼女も今日ステージに立つ一人である。そして『葛原りょう』君と握手。
 病み上がりの身体を気遣う彼に促されながら、ベンチ型の長椅子に席を設けた。正月恒例のイベントとなっているこのライヴは飛び入り参加もOKで、もし私の体調が万全だったら詩の朗読に挑戦してみたいと思ったが、10年前100名の同窓生の前で詩を二つ朗読して以来、その機会から遠ざかっており、とてもステージに立つ余裕もなかった事から観劇に徹する事とした。
 オープニングは司会・進行役を務める『葛原りょう』君の詩の朗読で幕を開けた。出演者たちが自分の得意分野を披露するその内容はバラエティに富んでおり、詩、俳句、短歌、小説の朗読以外に、アカペラ、カンフーの演武、ピアノ演奏、舞踏など多岐にわたっている。
 会場にはNHKテレビ連続ドラマ『鳩子の海』や『Gメン75』などでお馴染みの女優『藤田三保子』さんもみえており、葛原君の紹介でステージに上がり熱いメッセージを私たちに贈ってくれた。
 アーティスト個々の演劇も素晴らしい内容であったが、私にはもう一つ密かに楽しみにしていた物があった。素子さんから事前に情報を得ていた『お雑煮』である。「お正月だからやっぱりお雑煮が食べたいかなぁ…」「曼荼羅でもお雑煮が出るそうですよ」。この一言で曼荼羅行きを決めてしまった部分もあった。
 曼荼羅のカレーも美味しいと人気メニューであるが、この『お雑煮』がまた格別の味で「うーん、美味い」と声が出てしまったほどである。見た目はあっさり上品だが、出し汁がしっかり効いていて、何杯でもお代わりをしたくなるほどだった。お雑煮を頂くのも、一人暮らしを始めてから長い事口にしていなかったので、より一層このお雑煮の味が五臓六腑に染み渡ったのは言うまでもない。
 約4時間にわたるライヴが終了し、二次会へのお誘いもあったが、流石に疲れて二次会に参加する余力も残っていなかったためお断りした。こうして私の1年が普段とは違うスタートを切れた事に感謝するとともに、見事なパフォーマンスを披露してくれたアーティストの皆さんにこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。
 店の外に出ると、星も凍てつく冷たい夜風にコートの襟を立てたくなったが、心の中は言葉の温もりで一杯だった。来年もっと元気な自分でいたなら今度はステージに立ってみよう、マイクを握りしめて叫んでみよう…。そう思いながら曼荼羅を後にし、帰路へと就いた。

テーマ: LIVE、イベント

ジャンル: 音楽

タグ: 元旦  正月  お雑煮  吉祥寺  ライヴ  初詣  帝釈天  ステージ  朗読 

[edit]

チャレンジド・フェスティバル2013in代々木公園。 


 身体に何らかの障害を持つ人たちと、健常者の組み合わせによるライブ・パフォーマンス。それが『チャレンジド・フェスティバル』。
 その目的は、表現活動を通じ障害者の持つ才能および、障害者の存在を幅広く伝えて行く事にある。健常者と障害者が協力し、助け合って差別のない社会を目指す。
 このライブ・パフォーマンスについて知ったのは10月30日、大衆文藝ムジカ代表で詩人の葛原りょう君のブログだった。彼が率いる絶叫朗読バンド『ムジカ・マジカ』も出演するとの事でもあり、ここ暫く『ムジカ・マジカ』のライブから遠ざかっていたので、体調の許す限り鑑賞したいと思った。
 当日の11月9日は薄日こそ射してはいたが、冬の到来を告げる北風が代々木公園の至る所に吹き荒んでおり、風邪を引かぬよう万全の体制で臨んだものの、野外ステージは数十年前の『日比谷野音』で観た『憂歌団』のライブ以来であったため、灰色の天を見詰め、雨さえ降らなければ…と思っていた。
 野外ステージに到着した時には既に開演していたが、ムジカ・マジカの出演時間に合わせて家を出たため、その日のステージ全てを鑑賞するには至らなかったが、半分以上のライブ・パフォーマンスを堪能する事が出来た。
 障害者と一口に言っても様々である。知的障害、視聴覚障害、身体的障害、心の病など精神障害の人もおり、そしてわたしのような内部障害者もいる。重度・軽度の差こそあれ、その障害によって辛酸を舐める経験をした人もいるであろう。
 わたし自身もその中の一人であるが、障害を隠さなくては仕事に就けない時期もあった。障害者手帳を持つ事に抵抗を感じていた30代。今でこそ隠す事なく正々堂々と胸を張って『障害者』を全面に出してはいるものの、やはり世間一般の眼は健常者と障害者をはっきりと区別している現実がある。どんなに仕事が出来ようとも、正社員にはなれない大きな壁が存在し、「働けるだけでも有り難く思う」という帰命頂礼の如くである。
 アップした動画は、高木里華のTaka's Party 。高木里華と「マカローニ」と立川ろう学校の生徒と講座受講生も加わり『仲間』と言う意味が込められている。
 手話とタップダンスを融合したエンターテインメントである。演目は『ゆず』の『虹』。
 『うつ』の副作用?なのか手が震え(寒さではない)画面が揺れて見ずらいのはご容赦願いたい。
※YouTubeが著作権の関係で音声が消されてしまったので、ニコニコ動画を利用して再度貼り付けしました。

テーマ: 手話

ジャンル: 福祉・ボランティア

タグ: 障害者  手話  ダンス  タップ  ライブ  代々木公園  野外ステージ  ゆず 

[edit]

音楽が時空を超える時。 


 五月晴れの空が足音を立てて近づきつつあった4月も半ば過ぎの4月21日。わたしは池袋駅北口から徒歩10分程度の所にあるライブハウス(RED ZONE)へと向かっていた。
 その日は前日の小春日和とは打って変わり、季節が2ヶ月逆戻りしたような冷たい北風がビルの谷間を行き交い、街ゆく人々を震え上がらせていた。
 冬物の服は既に箪笥の奥へと仕舞い込んでしまったから、春物を何枚か重ね着して風邪を引かぬよう用意万端整えてそのライブ会場へと急いだ。
 「林利樹と愉快な仲間たち」と銘打ったそのライブ情報を知ったのは、「下町の台所ごはん」管理人のマムチ(TAKA)さんのブログであった。彼女とはブログを通して何度かコメントのやり取りをしている内に、彼女が「ピンクサファイア」の元ギタリストだと言う事を知り、益々興味が湧いて来た事もあり是非そのライブを観に行きたいと思った次第である。
 ピンクサファイアと言えば、1989~1990年に渡りバンドブームの火付け役となった人気番組「イカ天(イカすバンド天国)」からデビューした4人組の女性ロックバンドである。
 このオーデション番組はわたしも大好きで、深夜番組にも関わらず毎週欠かさず見ており寝不足に悩まされていた事を懐かしく思い出す。
 マムチさんの話によると、彼女自身はその当時ピンクサファイアのメンバーではなく、違うバンドで出演しており、その後デビューが決定していたPSにスカウトされギタリストとして参加したようである。
 彼女は野村義男率いるバンド「FUNK ROCKET」に在籍していた事もあり、ギタリストとしての実力は言うまでもなく折り紙付きである。
 彼女の一声で始まったこのライブであるが、リハサール等は殆どしておらずまさにぶっつけ本番の「日本版ウッドストック」と言ったら褒め過ぎだろうか(´∀`*)。
 ライブは前半後半の2部構成になっており、1ステージに出演する筈だったバンドがアクシデントにより出演出来なくなり急遽駆け付けたバンドが「RE:VIBE」であった。
 予定で行けば18:30分開場、開演19:00であったのだが、ライブハウスに駆け付けたファンが余りにも多く、遠くはアメリカからこのライブを観に来たと言う熱烈なファンもおり、日本全国にPSのファンがどれだけ多く存在しているかが頷ける。
 開演から約30分ほど遅れてライブは始まった。RE:VIBEのVo「江田智樹」さんを聴いた時、どことなくB'zのヴォーカルと重ね合わせてしまったのはわたしだけだっただろうか?
 そして彼らの2曲目でわたしは全身に鳥肌が立つのを覚えた。それもその筈でステッペン・ウルフの大ヒット曲「ワイルドで行こう」を披露してくれたからである。この曲は歌詞を丸暗記していた事もあり、あれから数十年の時を経てもしっかりと記憶の底に留めていた。
 そしてあの映画のワンシーンが走馬灯のように脳裏を掠めて行った。1969年に公開され、アメリカン・ニューシネマの代表作となった「イージー・ライダー」である。ピーター・フォンダとデニス・ホッパーがチョッパーハンドルのハレーに跨り、荒野を疾走して行くあのシーンを今でも忘れない。そして余りにも衝撃的な予想外の結末に心が震えたものである。
 この曲の歌詞内容に「ヘヴィ・メタル・サンダー」という部分が出てくるが、実はこれが切っ掛けとなり「ヘヴィメタル」と言う音楽ジャンルが誕生したと言われている。
 ピンクサファイアのメンバー4人は全員揃ってはいたものの、4人全員がステージに上がる事はなかったが、TAKAさんの熱い想いとラブコールがメンバーとそしてバンドの仲間たちを一堂に集結させ、ファンの心を再び鷲掴みした事は言うまでもない。
 2ステージで姿を見せたTAKAさん、そして一夜だけのコンビ復活となったPSのヴォーカル「AYA」さん。二人はどんな思いでこのステージに立ったのだろうか。それはおそらく不可能と思われた長年の夢を再び実現させたと言う万感の思いで一杯だったに違いない。
 音楽は時として時空を飛び越える…まさにこの言葉がぴったり来るライブだった。披露された曲はオリジナルやカバーも含めて10曲ほどだったと思うが、ラストにレッド・ツェッペリンのロックン・ロールなどを持って来るところなどは、まさにファンへのサービスを重視した彼女と彼らの思いやりと優しさに満ちた熱く心揺さぶられるライブだったとわたしは思う。
 その中でわたしが取り上げた曲が、always gonna love youであるが、わたし自身この曲には思い入れがあり、まさかこの会場で聴けるとは思っておらず、イントロが流れた時、やはり全身鳥肌で感動しきりであった。
 偉大なロックギタリストの一人であったゲイリー・ムーア。僅か58歳と言う若さでこの世を去ってしまった。80年代を代表する天才的ギタリストに敬意を表してこの曲を選曲した次第である。
 ライブに参加してくれたバンドの皆さん、そしてTAKAさん素敵なライブの一夜をありがとう。参加メンバーは次の通りです。
 TAKA・マムチ(G)・AYA(Vo) 、岩佐友晴(Vo)ex RABBIT、江田智樹(Vo)RE:VIBE、芝越康裕(B) ex RABBIT、村上貴洋(B) RE:VIBE、林利樹(Dr) ex RABBIT、橋爪ノリユキ(G) G.D.FLICKERS、サポート滝上修幸(G) RE:VIBE。
 PS:マムチさんのレシピ本が主婦の友社より出版される事が決定しております。出版された折にはまたお知らせしたいと思います。

テーマ: 洋楽

ジャンル: 音楽

[edit]