ビーチサイドの人魚姫

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

バス通り(甲斐バンドのカバー)。



 久しぶりにカバー曲の紹介。吉田拓郎ばかりだと「他にも出来ないの?」と言われてしまいそうなので、今回は甲斐バンド。この『バス通り』が甲斐バンドデビュー曲だと知ったのは彼らがデビューしてから随分と後の事で、『裏切りの街角』がデビュー曲だと思っていた。
 1973年辺りから続々と九州は博多出身のグループが日本の音楽シーンに登場し始めたが、中でも『魔法の黄色い靴』でメジャーデビューしたチューリップの勢いは目を見張るものがあった。代表曲の『心の旅』は5ヶ月連続レコード売上1位を記録した。
 甲斐バンドはそんな中で約一年遅れのデビューとなった訳だが『バス通り』はチューリップの曲のようにそれ程はヒットしなかったと思う。
 甲斐よしひろ曰く、「バス通りでデビューした事で甲斐バンドが完全にフォークロック・バンド扱いになってしまった」とデビュー当時の模様を後日談として語っていた。私は実を言うと『甲斐バンド』を余り知らなかった。ではなにゆえ敢えてこの『バス通り』をカバーするに至ったかと言うと、東京で生活を始めて一年余り経った頃に出会い、付き合い始めた彼女が甲斐バンドの大ファンであったからである。その彼女の最もお気に入りの曲が『バス通り』だったと言うことになるが、ただそれだけの理由でカバーした訳ではなかった。
 付き合い始めて3年も経った頃、彼女が突然ニューヨークに行って生活すると言い始めたのである。余りにも唐突な彼女の言葉に耳を疑ったが、大胆な発想と行動をする彼女なら「有り得ない話でもないな」と変に納得してしまった。二人の仲は一体どうなるの?と疑問が沸々と湧いて来たが、私も一緒に行く訳にもいかず、一度決めたら後には引かない彼女の性格をよく知っていただけに、「日本とアメリカ遠距離恋愛になるな」と一抹の不安を抱えつつ、彼女の希望を受け入れたのである。
 「神戸さん、あたしが向こうへ行ってしまったらもうあんまり話す機会もなくなるね」
 「日本からNYに電話したらどのくらいお金かかるんだろう」
 「きっと、10分も話せないと思うよ」
 「神戸さんの声を毎日聞いていたいから、何か歌ってテープに入れといて」
 そして殆ど聴いた事もない『バス通り』を寝る間も惜しんで毎日聴き込み、NYへ旅立つまでに時間もあまり無かったので、まともな練習も出来ないまま『バス通り』をカバーするに至った。その彼女は帰国後に私ではなく別の男性と結婚し、今は蒲田の実家で元気に暮らしているそうだ。
※ギター/神戸俊樹・三好清史
ヴォーカル/神戸俊樹
アレンジ/神戸俊樹

リンゴ(吉田拓郎・カバー)。


 久しぶりにカバー曲の紹介。これまで、「夏休み」「紙飛行機」「あどけない君のしぐさ」「海岸通り」など吉田拓郎、井上陽水、イルカ等の曲で自分が最も得意とする楽曲を選んで紹介して来たが、今回の曲「リンゴ」もまた吉田拓郎の3rdアルバム「元気です」のB面に収録されている最も短い曲である。
 オリジナル曲の「夏の想い出」はもう暫くお時間を頂けると有難いです。必ず紹介させて頂きますのでよろしくお願い致します。
 さて、この「リンゴ」は、漫画家「上村一夫」の作品の中で『漫画アクション』において、1972年に80回に渡り連載された人気漫画の『同棲時代』をテレビドラマ化した際に挿入歌として使用されている。
 ドラマは「梶芽衣子」と「沢田研二」が共演し当時は最も人気のあった二人だけに、話題をさらった人気番組として記憶に残っている。映画化された際の主演は「由美かおる」「仲雅美」であった。
 このドラマの影響で、当時の若者たちの間で「同棲」が流行ったと記憶しているが、そう言う筆者も同棲経験があり、リンゴを聴くと当時のほろ苦い青春の1ページが時間を超えて鮮やかに蘇って来るが、私の同棲相手は先日紹介した息子「勇樹」の母親である…。
 ブログ上で再生出来ない方はこちらをクリック→拓郎カバー。
※ギター:神戸俊樹/三好清史
ヴォーカル:神戸俊樹
アレンジ:神戸俊樹

海岸通り カバー(イルカバージョン)再編集版。


前回、吉田拓郎の「夏休み」をアップしたところ意外と好評だったので、今回は「海岸通り」をアップ。
この曲は1974年にヒットした曲なので、フォーク世代の人にとっては郷愁を誘うこと受けあい。
オリジナルは「かぐや姫」のメンバーだった伊勢正三であるが、イルカ(本名:かんべとしえ)が見事にカバーし、名曲として蘇えった。
原曲を殆ど聴いていないので、まともに練習もせずぶっつけ本番で演奏してみたが、テイク2程度ですんなり録音出来た。
自分なりにアレンジしているので、完全コピーとはいかなかったが、雰囲気は出ていると思う。
是非、皆さんも一緒に歌ってみて下さい。
ギター/ヴォーカル:神戸俊樹
ギター:三好清史

※前回アップ時に動画の部分が忙しなく聴きづらいとのご意見があった為、動画を再編集して作り直しました。
ブラウザによっては動画が見られない場合がございます。そんな方はこちらをクリック→海岸通り

初掲載2012年9月21日01時09分28秒。

夏休み(吉田拓郎をカバー)再編集版、追記あり。


 [☆゚+.残暑お見舞申し上げます゚+.☆]´ノ∀`)ゲンキ~♪
 連日、厳しい猛暑が続いております。巷ではお盆を迎え夏休みモードに入り、避暑地でのんびり過ごしておられる方もいるのではないでしょうか。
 大衆文藝ムジカ創刊号の原稿締め切りが迫っているため、寄稿する作品が中々決まらず選定に四苦八苦しております。
 既に紹介済みの「夏休み」ですが、動画の部分を編集し直しましたので、お楽しみ頂ければと思います。
 こちらから動画が再生出来ない方は↓をクリックしてみて下さいませ。
              夏休み(吉田拓郎カバー)

ギター/ヴォーカル:神戸俊樹
ギター/三好清史
パーカッション/神戸俊樹

続きを読む

あどけない君のしぐさ(井上陽水のカバー)。


 これまで「夏休み」「海岸通り」「紙飛行機」とカバー曲を紹介して来たが、今回は最もギターテクニックが必要となった曲である。
 井上陽水のセカンドアルバム「センチメンタル」に収録されている「あどけない君のしぐさ」。若い方は殆ど知らないと思うが、井上陽水の原点を探るにはこの辺りのアルバムを聴けば納得出来るのではないだろうか。
 この曲をコピーするに当たり、友人に基本コードを尋ねた所、一枚の葉書が届いた。そこにはびっしりとなぐり書きのような乱雑文字と楽譜まで付いていたのであるが、実はわたし楽譜が全く読めないのである。
 ではどうやってギターを弾くかと言えば、基本となるコード例えばC、G、F、E、辺りの弦の指の押さえ方を知っていれば何とかなるもので、かなり昔カーペンターズがカバーして大ヒットした「ジャンバラヤ」などはC、Gの二つのコードしか使わないので非常に簡単に弾き歌う事が出来る。
 あの偉大なるビートルズでさえ最初は楽譜を読めなかった訳で、音楽(楽器)を弾く為に必ずしも楽譜が必須という訳ではないがもちろん知っているに越した事はない。
 耳で何度も曲を聴きコードを頭に叩き込み、それを指と弦に置き換えて具現化するのである。この「あどけない君のしぐさ」は練習もさることながら、コード進行が複雑でかなり手こずったが、相棒の助言を借りつつ何とか完全コピーした積もりである。
 オリジナルを知っていればエンディングのハーモニクスの部分まで細部に渡り拘っている事に気づく事だろう。
※因みに動画(アニメーション)は借り物です。

ギター/ヴォーカル:神戸俊樹
ギター:三好清史

紙飛行機(井上陽水のカバー)。


 既に公開済みの『吉田拓郎のカバー(夏休み)』と、『海岸通りカバー(イルカバージョン)』が、意外と好評だった為、今回はいよいよ井上陽水の登場である。
 この紙飛行機をカバーするに当たり、『陽水ライブ(もどり道)』に収録されているライブバージョンと、陽水のセカンドアルバム『センチメンタル』に収録されている曲を自分なりにミックスさせ、アレンジ等を経て完成した『紙飛行機』。
 この紙飛行機はわたし自身10代の頃から歌い込んで来たため、わたしのレパートリーの中では代表作の一曲となっている。
 若い人には馴染みのない曲であるが、わたしと同年代(フォーク世代)を生きて来た人たちからすれば、実に懐かしく当時の陽水ブームを思い起こす事だろう。
 『ライブもどり道』は当時(1973年)にリリースされミリオンセラーを記録し、ライブLPとしては、オリコンチャート歴代1位のセールスを誇っている。
 井上陽水の原点がこのライブアルバムに集約されていると言っても過言ではないと思う。この紙飛行機を歌い込んで行くうちに、いつしか陽水の高い音域に近づく事が出来、陽水のオリジナルKeyそのままで歌い込めたのは、やはり猛練習を積み重ねた結果である。
 あれから数十年の歳月が流れ、今の病弱なわたしに当時と同じように歌いこなせるかと言えば、それは愚問と言うもの。心肺機能が極端に落ちてしまった現在では、ワンフレーズ歌っただけで、息も絶え絶えで、当時を彷彿とさせるような真似は出来ない。
 この紙飛行機を後輩のバンド仲間に聴かせたところ、ドラムスとベースが入れば完璧と褒め称えられた事は言うまでもない。
 出来ればPCで聴いて頂きたいところだが、モバイルユーザーも多くいるであろうから、ヘッドフォンを使用して聴いて頂ければより一層臨場感を味わう事が出来ると思う。

ギター・ヴォーカル:神戸俊樹
ギター:三好清史

百恋歌(作詞に挑戦)。


 恋愛をテーマにした曲は数多くあるが、その中でわたしが最も気に入っている歌が、高杉さと美が切々と歌う『百恋歌』である。
 彼女は、映画『西遊記』のイメージソングに使われたシングル『旅人』で歌手デビュー。2007年に日本有線大賞・新人賞、日本レコード大賞・新人賞、ベストヒット歌謡祭2007新人アーティスト賞などを受賞し、新人歌手としては出来過ぎるほどの輝かしいデビューを果たした。
 『旅人』はオリコンチャート10位、『百恋歌』は20位とヒットしているので、この曲を聴いた事がある人多いのではないだろうか。
 2枚目のシングルとなった『百恋歌』は四季折々の自然を背景にして、切ない恋心を胸の奥に秘めながら、哀愁たっぷりに歌い上げる彼女の艶のある美声に人の心を魅了するメロディが重なり合って、恋に落ちている人ならば瞳に涙が溢れてくるのではないだろうか。
 わたしも恋愛をテーマにした詩は得意分野であり、『詩集・天国の地図』に収められている中にも恋愛を率直に表現した作品が幾つかある。
 『雨』『過ち』『偽りの蒼い空』『優しさ』などはその代表である。天国の地図には4人の女性が登場するが、わたしは女性と一年以上付き合った試しがない。
 このように書いてしまうと、わたしが如何にもプレイボーイ(遊び人)のように思われてしまうが、決してそうではない。
 天国の地図はわたしが20歳から28歳の間に書いた62篇の作品からなる、わたし自身の青春そのものである。
 20歳と言えば多感な年頃でもあり、一目惚れするタイプのわたしは恋多き時期でもあった。一旦好きになると相手にのめり込む性格で、恋の渦に巻き込まれ自分自身を見失ってしまう危うい部分も持っていた。
 意外と相手の女性の方が大人であり冷静さを保っていたりする。おそらくこれはわたし自身が母親の愛情を知らずに育ってしまったため、相手の女性に母親像を重ねてしまった結果ではないかと思われる。
 男女関係の難しさを自分なりに説いている作品が『男と女』である。恋の数が多い分もちろん失恋も多かった。
 記事タイトルにある『作詞に挑戦』と言うのは、詩は書けても詞が書けないのはどういう事かと、自分に問いただし、この分野も自分の持てる言葉をぶつけてみようと思ったからである。
 この『百恋歌』を何度も聴いているうちに、これは自分の持つ詩世界にも通じていると思われた。作詞が出来あがった時にはそれにメロディも付けてみたいと思っている。幸いわたしはギターが弾けるので、それほど難しい事ではないが他の方が作曲をしてくれても構わない。
 そして、それを歌ってくれる人物が現れれば尚一層うれしく思うし、CD化されれば作詞家としてもデビュー出来るのではと、大それた野望すら抱いてしまう。
 自分の命がある限り、人は様々な事に挑戦してみるべきだと思う。失敗や成功などの結果は関係なく、それをやり遂げる事に意義があると思う。
 この『百恋歌』のPVも実によく出来ており、曲のエンディングでは高杉さと美が、水の中を泳ぐシーンが出て来る。それはまさに『ビーチサイドの人魚姫』だと勝手に感動してしまった。

その頃17歳の少年は吉田拓郎に憧れていた。

拓郎

 古い写真を整理していたら、火事で焼けてしまったと思われていた懐かしい写真が見つかった。1973年の夏、おそらく7、8月頃のものだろう。
 壁に貼ってある写真を見れば吉田拓郎だと、わたしと同年代の人は直ぐ気付くはずである。吉田拓郎に付いては過去にも話をした事があるが、デビュー前は新宿の飲み屋で用心棒のアルバイトをしていた。
 そんな暴れ者の拓郎も今は肺がんに罹り、闘病生活を続けながらもコンサート活動を続けている。わたしは8歳でビートルズに出会い大きな影響を受け、それから洋楽ばかりを聴くようになったが、しかし吉田拓郎との出会いがわたしにギターを与えてくれたのである。NHKのラジオで『若いこだま』と言う音楽番組があり、真空管で出来た中古のラジオから『今日までそして明日から』が流れてきた。
 ビートルズの『ツイストアンドシャウト』を聴いて以来の衝撃だった。
 世の中にこんな歌があったのか…。ギターとハーモニカだけで延々と、それはこれまで全く聴いた事のない未知の世界で、新鮮なメッセージソングだった。
 この曲は素九鬼子原作の小説『旅の重さ』を映画化した作品の中で主題歌にもなっており、主演の高橋洋子が実にフレッシュだったし、秋吉久美子も出演していた。
 ちょうど時代はフォークブームということもあり、レコード店に毎日のように通い始めた。アルバム『元気です』を買い、散々聴きこんだ。当時歌謡界にはアイドルと呼ばれる人気女性歌手が登場し始めていた。
 天地真理、山口百恵、桜田淳子、アグネスチャン、森昌子、南沙織、浅田美代子、麻丘めぐみなど。この部屋の隣には麻丘めぐみのポスターが貼ってある。歌謡曲など興味はなかったのだが、麻丘めぐみだけは違った。
 彼女のデビュー曲『芽生え』がとても気に入ってしまったのである。そして2枚目のシングル『悲しみよこんにちは』これも好きであったが、それ以上歌謡曲は購入しなかった。
 初めてのギターは安い1万2千円のモーリスギターを、静岡市では一番大きなレコード店の『すみや』で購入。安いとは言っても当時の給料は3,4万だったから大きな買い物だった。
 自分も拓郎や陽水のように、フォーク歌手になりたいと思っていた。仕事が終われば会社が用意してくれた共同アパートで練習に励んだものである。
 最初に覚えた曲は何だっただろ?思い出せないが『青春の歌』か『イメージの詩』辺りだろう。誰にでも訪れる青春だが、嬉しい思い出ばかりではなく、苦く切ない失恋や自分自身に行き詰まり、挫折感や疎外感を味わうことの方が多かった。
 孤独なんていうほど大それたものではなく、まだまだ未熟でほろ苦い涙の味だった。現代は死に急ぐ若者が多すぎる。
 自殺などいつでも出来る。青春を謳歌しているか疑問を問いただせ、汗を流して若さを表現しろ。今でしか出来ないことが山ほどあることに気付け、そして苦悶しつつ自分を磨くのだ。

その頃、17歳の少年はフォークシンガーを目指していた。

17歳

 『モーリス持てばスーパースターも夢じゃない』というキャッチコピーに釣られた訳ではないが、最初に購入したギターがこのモーリス。
 1万2千円、当時のわたしの給料は2万5千円。如何に苦労して手に入れたギターであるかお分かり頂けると思う。
 ブルースハープはトンボで1本800円。ギンガムチェックのシャツが流行り、そしてベルボトムのジーンズと長髪。これがフォークブームの象徴であった。
 吉田拓郎が大好きだったので、腕時計まで似た物を買った。青春の歌、マークⅡ、旅の宿。友達オンステージは実況録音盤で実に面白かったし、夏休みは最高だった。
 わたしの得意だった『ともだち』は完璧にコピーした。井上陽水、六文銭、古井戸、RCサクセションのメンバーが当時は3人だった。
 天地真理がアイドルで、拓郎のLP『元気です』売り上げは惜しくも2位だった。せんこう花火、リンゴはドラマ『同棲時代(沢田研二、梶芽衣子)』の挿入歌だった。
 泉谷しげる『春夏秋冬』ケメの『通りゃんせ』ガロ『学生街の喫茶店』友人と観たコンサート『唄嵐』サディスティックミカバンド、 泉谷、チューリップ、ガロ、RC…、海援隊がノーギャラで出て『母に捧げるバラード』を歌っていた。
 今思えばなんと贅沢なライブだっただろう。山下達郎率いるシュガーベイブ、センチメンタルシティロマンス、かぐや姫、はっぴいえんど。映画『旅の重さ』の主題歌は『今日までそして明日から』で、挿入歌はあの所ジョージがお気に入りの『恋の歌』もちろんこれも拓郎の曲だった。主人公の高橋洋子は若く、秋吉久美子も出演していた。


愛しのビージーズ(ロビン・ギブを偲んで)。



  ディスコの女王と呼ばれ、70年代後半から80年代前半にかけて数多くのヒット曲を世に送り出した『ドナ・サマー』が今月18日、がんのため死去し、彼女の全盛時代を知る多くのファンを悲しませたばかりだと言うのに、その彼女の後を追うように逝った『ロビン・ギブ』。
 彼もまた彼女と同じように癌に侵され、その闘病の末の死であった。ビージーズと言えば、『ステイン・アライヴ』を思い起こす人が多いだろう。怪優のジョン・トラボルタをスターダムに押し上げた映画『サタデー・ナイト・フィーバー』は余りにも有名であり、ビージーズが手掛けたそのサウンドトッラクは全世界で4000万枚を超える驚異的ヒットとなり、そこからシングルカットされた『ステイン・アライヴ』『恋のナイト・フィーバー』『愛はきらめきの中に』等は全米シングルチャートで1位を独占するなど、ビートルズ以来の輝かしい成功を収めている。
 然しながら、わたし個人として最も記憶に残っている曲が、『マサチューセッツ』である。この曲に出会った時わたしは13歳で、国立療養所の天竜荘で心臓病の治療を続けていた。
 病棟に隣接する養護学校で1日4時間までという厳しい時間制限のある教育を受けながら、病棟に帰れば楽しみと言えば、洋楽を聴くか漫画を読むくらいのものだった。
 小学2年の時にビートルズを知りそれ以来、洋楽かぶれとなったわたしは、小さなトランジスタラジオが恋人代わりで、暇さえあればFENのビルボードチャートに耳を傾けていた。
 洋楽ばかり聴いている影響で、知らず知らずの内に英語が得意になっており、英語のテストで、『Mustを使って文章を作りなさい』という設問で、すかさず、『I Must go home』と書いたのであるが、それはマサチューセッツの歌詞を丸暗記しており、その歌詞の中にその文章があったからである。
 記事に張り付けてあるYouTubeの画像を見てお分かりの通り、彼らのデビュー当時は5人編成であったが、1972年以降にはギブ3兄弟のみのトリオ編成となっている。
 この3兄弟における音楽の起点は教会の合唱団と言う事もあり、3人ともヴォーカルを担当しまた、彼らの心に響くハーモニーの美しさは『涙のくちづけ』でお馴染のレターメンにも匹敵するほどである。
 3男のモーリス・ギブも2003年に他界していることから、バリー・ギブがビージーズ最後の一人となってしまった。
 最後に、これとは関係ないが、『みのもんた』の奥様だった御法川(みのりかわ)靖子さんが、癌のためお亡くなりになりました。この場を借りて、謹んで心よりご本人さまのご冥福をお祈り申し上げます。
プロフィール

俊樹

Author:俊樹
本名/神戸俊樹
静岡県藤枝市出身。
19歳の時に受けた心臓手術を切っ掛けに詩を書き始める。
2005年3月詩集天国の地図を文芸社より出版、全国デビューを果たす。
うつ病回復をきっかけに詩の創作を再開800篇を超える作品が出来上がっている。
長編小説「届かなかった僕の歌」三部作を現在執筆中。
父をモデルとした小説「網走番外地」執筆開始。
東京都在住。
血液型O型/星座/山羊座
七草粥の日に産まれる。
2013年より大衆文藝雑誌ムジカにて創作活動中。
詩集・天国の地図 電子書籍化 
ダウンロード販売中!

ムジカ04号絶賛発売中!
お求めは… 池袋リブロ、青山リブロ、吉祥寺リブロ、新宿紀伊國屋、池袋ジュンク堂、渋谷丸善・ジュンク堂、吉祥寺ジュンク堂、神田三省堂、神田書泉グランデ、横浜有隣堂東口店、浦和パルコ五階紀伊國屋、他各書店、大衆文藝ムジカ編集部
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
応援よろしくお願いします。
ブログ村は相変わらずポイントが全く反映されない為、中止致します。
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
おきてがみ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ