11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

ホームランに花束を。 

松井

 師走の冷たい風が肌を突き刺し吹き抜けて行く。今年も余すところ数日となり、来年に向けて希望のカウントダウンが始まろうとしている。
 そんな時、海の遥彼方から届いた一報は、冬将軍の到来を思わせるような「松井秀樹引退」、それは一つの時代が終を告げる鐘でもあった。
 米国時間12月27日(日本時間28日)、国内では街の至る所で仕事納のサラリーマンやOLたちの忘年会などで賑わっていた。
 クリスマスの余韻を漂わせつつ、街は人々をネオンの妖美に誘い込んで行く。38歳と言う年齢はわたしたち一般人からすれば全く若い部類に入るかも知れないが、スポーツの世界においてはやはり歳を取り過ぎたと言う事なのだろうか。
 20年と言う野球人生に自らピリオドを打った松井秀樹の表情には、僅かながらの未練を残しつつも次のステップへ踏み出す希望の光も見え隠れしていたように思う。
 ニューヨークのミッドタウンで行われた記者会見で、松井は言葉を一言一句噛み締めるように紡いで行った。
 彼が公式の場に姿を見せるのは久しぶりの事でもあり、戸惑いと緊張感も連れ立ってその発する声は、か細く弱々しいものに思えたが、時間の経過とともにいつもの松井らしさが戻り穏やかな表情に変わって行った。
 彼自身が言う通り、ゴジラ復活のチャンスはあったかも知れないが、結果的にシーズンが終わって見れば納得の行く内容ではなかった。
 ファンの立場から見ればまだまだ松井の活躍を見たいのは当然かも知れないし、野球はメジャーだけでなく日本のプロ野球もあるのだから帰国して日本のチームでプレイを続けて欲しいと思ったりもするが、おそらく彼にとってメジャーが野球の最終地点だったのかも知れない。
 そしてまたスポーツの世界は結果が全てを物語るし、そう何度もリプレイが通用するほど甘い場所ではない事を松井自身がその身体で十分理解していたのだろう。
 今ここで松井秀樹の歴史を振り返れば、それは「怪物ゴジラ誕生」であり、そしてまさしく豪快なホームラン王として長きに渡りプロ野球界に君臨するのである。
 わたし自身が最も記憶として残っているシーンは彼がまだ高校生だった頃のこと。1992年、夏の甲子園大会「星陵高校VS明徳義塾」の試合であるが星陵は敗退したものの「5打席連続敬遠」では、当時の高野連が急遽記者会見などを開き社会問題にまで発展している。
 対戦相手の監督の口から「高校生の中に一人だけプロの選手が混じっていた」と言わしめるその実力はプロ野球選手も驚愕するほどであり、常に彼の周りには多くのマスコミ陣が群がっていた。
 デビューが華々しいほどそれとは対照的に引退宣言は引き波の如く時代を加速させるものであるが、輝かしい栄光と希望をその背中に刻み込み、バットに別れを告げる松井秀樹に「ホームランに花束を」と感謝の気持ちを込めて見送りたいと思う。

関連記事

テーマ: プロ野球

ジャンル: スポーツ

[edit]

乾きすぎた女。 

乾きすぎた女


アスファルトを叩く雨が
囁きを呑み込んだ
雨に潤む路面に
気を取られたまま
曖昧な返事を繰り返す
どんなに優しい言葉も
どんなに温かな微笑みも
わたしの心は拒んでしまう
乾いた街は雨に濡れ
輝きを見せるけれど
乾きすぎた女は
他人の愛では
もう輝かない
関連記事

テーマ: 恋愛詩

ジャンル: 小説・文学

[edit]

酒と涙のクリスマスケーキ。 

ケーキ

 貧困は、時に子どもの心を傷つける。わたしはそれを子ども時代にうんざりするほど味わって来た。昭和30年代にクリスマスプレゼントの慣習が日本に存在したか知らないし、記憶として残ってもいないが、唯一それらしい出来事を今になって思い出す。
 泥酔しきった父が真っ赤な顔をして「とし坊、土産」と差し出した小さな白い箱の中身は、酒臭いイチゴのショートケーキだった。
 わたしはそれが嬉しくてたまらず、涙を浮かべながらその甘さを味わった。後にも先にも父からの贈り物はそれだけだったが、酒と自分が流した涙のしょっぱさが入り混じったケーキの味を今でも忘れない。
 父は非常に大人しく気の小さい人間だったので、何か行動に移す時は一杯引っ掛けて酒の力を借りないと何も出来なかった。
 息子に贈り物をすることすら気恥ずかしい思いを抱いていたのだろう。酔えば必ずといってよいほど乱暴になり、暴力を奮ってわたしを傷つけたが、わたしは一度も父を嫌ったことがない。
 但し、一緒に歩きたいとは思わなかった。この人が自分の父親だと思われたくなかったのであるが、わたしが父を愛していた事は、詩集「天国の地図」の中に書いてある作品「父が死んだその日」「わたしが帰った時」「祭りの夜」等を読んで頂ければ、頷けると思う。
 今夜はクリスマスイヴ、世界中でその喜びに浸りプレゼントの交換、パーティなどを催し、ご馳走に舌鼓を打つことだろう。
 しかし、その隣では明日の糧を求めて餓え続け、サンタクロースの来ない子どもたちが大勢いる事を忘れないで欲しい。
 今、あなたがもし幸せだと思ったら、それは「当たり前」ではないことなのだと認識して欲しい。
関連記事

テーマ: クリスマスを楽しむ

ジャンル: ライフ

[edit]

冬枯れて…。 

冬枯れて


西に沈む夕陽が、わたしの影を四角に作る。
外が冬だったことに、気づいてわたしは驚いていた。
わたしの部屋には、季節が訪れない。
残り少ないカレンダーだけが、冬をわざとこじつける。
くちびるを突き出して息を吐く。
それは白く色付いて、寒さに震えて凍えそう。
長い間、忘れ去られたクリスマス・ツリーが、一斉に輝き出す。
深い夜の淵に腰掛けて、嘘を数えてみたりする。
するべきことなど、何一つありもしないのに。
暗いばかりの冬空は、わたしを不安に駆り立てる。
歩いても、走っても、何処へも辿り着けない。
居心地の悪い解放感だけが、わたしを包み、
心は、不自由な暮らしへと帰りたがるばかりで。

関連記事

テーマ: 心のつぶやき

ジャンル: 小説・文学

[edit]

北朝鮮の限りなき野望と現実。 

ミサイル

 核とミサイル依存症の国「北朝鮮」から、不意打ちの長距離弾道ミサイルが一発フィリピンの方角に向けて発射された。
 今回のミサイルも前回4月の時と同様に、人工衛星と言う肩書きを付けての打ち上げだった。前回の失敗を是が非でも取り返すべく、当局は持てる技術の全てをミサイル一発(約700億円)に賭けていた事は周知の通りである。
 金正日総書記の「先軍政治」を継承すべく金正恩政権は、父親の「遺訓」である「核・ミサイルの開発」を国の最も重要課題として継続の意思を明示し、金総書記没後1年を節目として国内外に武力と権力を誇示する為の"祝砲"と相成った訳である。
 打ち上げまでの過程を省みると、其処には北朝鮮ならではの狡猾なシナリオが設定されていた訳だが、発射予告通りに進めたのでは自前の挑発行為そのもののインパクト性に欠けると思ったのか、打ち上げ延期と言う形で諸外国の警戒感を緩慢へと導く目論見があったようである。
 日本国内では衆議院選挙戦の真っ最中でもあり、その延期によって当面は選挙一筋に打ち込めるとたかをくくっており、街中に騒音を撒き散らす街宣車もどきの選挙カーが縦横無尽に「○○に一票を」と
選挙の時期だけ必死になる候補者たちの姿が至る所で見受けられた。
 この悪意に充ちた北のシナリオに最も打撃を受けたのは休戦中の韓国である。情報が錯綜し混乱を招き政府の情報分析力に国民の批判が集中した。
 韓国にとって北のミサイル発射成功は最も屈辱的なものであったろう事は察しが付く。何故ならば韓国は国産のロケットでの衛星打ち上げに成功していないからであり、長距離ミサイルの技術では北朝鮮に一歩リードされている形となってしまったからでもある。
 何れにせよ、韓国、日本、アメリカなどの国々はミサイル発射を指を加えて見る格好となり、この打ち上げ成功が、今後の北朝鮮の傍若無人を更に加速させる可能性を秘めている事は確かなようである。
 国連安保理は直ちに非難の意思表示を明確に打ち出しているが、各国の反応について北はそれすらもシナリオ通りの結果と受け止めており、北朝鮮への制裁圧力が高まったとしても、安保理そのものが弱体化している現状を見れば焼け石に水と言ったところだろう。
 まさにやりたい放題の北朝鮮に対し、打つ手なしが現状である。過去の例も見ても分かる通り、何ら怯む事なく次の一手を用意周到に準備している北にとっては、してやったりの大成功だったのかも知れない。
 但し、この北朝鮮の野望とも言える「核とミサイル」の融合は国力の乏しい現実の前にそう長くは続かないものとわたしは認識しているし、北朝鮮恐るるに足らずと言うのがわたしの率直な私見でもある。

関連記事

テーマ: 痛いニュース

ジャンル: ニュース

[edit]

蛍の啼く夜に。 

hotaru


蛍を捕まえて来てと
君が泣く
今は冬だからと
君の傍らに寄り添い
なだめてみるが
それでも君は
蛍を捕まえて来てと
涙で訴える
冬の瞬く夜に出て
夏を探しに出かける
冷たいベッドに沈む
君のために
蛍を探しに出かけてみる
凍てつく空と
枯れた地上の間に
埋もれた夏を
見つけるために
そうしないと
君が
蛍になってしまうから
蛍の啼く夜には
もう
帰りたくないからね
-- 続きを読む --
関連記事

テーマ:

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

出版社の選択は慎重に。 

選択

 年間およそ7万冊もの書籍刊行ラッシュの現代、それに対して日本の書店数は今年に入り2万5千軒程度にまで落ち込んでいる。
 デジタル書籍の到来、携帯やインターネットの普及も手伝って、本が売れない時代になり、小さな書店は生き残れず店を畳んで行く、これが現状である。
 書店の立場から見れば当然限られたスペースに売れる本をどう設置しようか毎日迷っているのである。著名な作家の本でも出足が悪ければ一週間で返本となり、小説も今や5万部でベストセ ラーだと言われている。
 然し、実際はそこまで売上を伸ばすのもかなりの時間が必要となる場合も多い。初版の場合の刷数は5千部程度であり、増刷を重ねて漸く2万部まで伸ばしたとしても(1500×10%×2万部=300万)。その印税だけでは中々楽な暮らしは無理であるから、次の作品を執筆しながらアルバイトの日々を送ったりしている作家も多い。
 作品を書くのに時間はかかるし、大きな賞をとったからと言って必ず売れるとは限らない。書店で平積みされている本の大半は、テレビドラマ化や映画化の帯が目立つ。芥川、直木賞などの大きな賞は内容だけでは決まらない場合もあり、そこにはブランドと言う俗っぽいものが付き纏う。
 つまり大手出版社から刊行されいる事が条件の一つにもなるからであり、 講談社、新潮社、集英社、文藝春秋などこの辺から出版されていないと賞を取るのは難しいかもしれない。
 賞は兎も角としても、やはり出版したからには書店に陳列されてこその本である。そこでわたしたちのような新人がどうやって書店に到達するか、それは出版社に委ねられてしまうので最も慎重に選択しなくてはならない。
 わたしが出版社を文芸社に決めた理由の一つが、作家「故・小川国夫」(郷里がわたしと同じ藤枝)を知っているかだった。
 文芸社以外(碧天舎・新風舎・新生出版など)は知らないと言う。これには些か落胆した。あの賞嫌いで有名だった作家が「川端康成賞」「伊藤整賞」などを取っている。
 出版社の人間は本に詳しい集団である筈だし、本が好きでなければ務まらないと思う。儲かる以前の問題である。

関連記事

テーマ: 本に関すること

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

歌舞伎の概念を覆した男。 

中村勘三郎

 12月5日、体調を崩しベッドに臥せっていた。昼時、テレビの電源を入れると飛び込んで来た「中村勘三郎さん死去」のニュース。
 まさかとは思ったが、それは紛れもない事実であった。中村さんは確か12時間にも及ぶ食道がんの手術も成功し、回復の途上にあった筈である。
 そのような大手術にも耐え抜く体力と気力を持ち合わせながら何故、亡くなってしまったのかとその死因について疑問が残るばかりであったが、ニュースの詳細に耳を傾けている内に、直接の死因が癌ではないことが分かったが、それはあまり聞き慣れない病名だった。
 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を簡潔に言ってしまえば「肺炎」が悪化した状態であるが、肺炎が原因で死亡する患者の殆どは体力、抵抗力の弱ったかなりの高齢者の場合が多い。
 順調に回復し院内を歩くまでになり、退院する日も時間の問題と思われていた筈なのに、そんな中村さんの身に一体何が起きたのであろうか。
 病魔は影を潜めつつ足音さえ立てずに忍び寄て来る。まるで弱い者いじめの様にその対象を見つけると瞬く間にとり憑いて来ては、死の淵へと追いやって行く。
 闘病は生きる為の病との闘いであるが、時としてそれは生きる為ではなく死ぬ為に生かされる場合もある。
 わたしの親友も数年前に食道がんで他界したが、彼は余命3ヶ月を約半年延ばして逝った。彼との最後の言葉は「近い内にまた会おう」だった。
 彼との約束を果たせぬまま、わたしはいまだに彼の携帯の番号を残したままである。40年以上に渡り心臓病と闘っているわたしであるが、余りにもそれが長すぎると闘病そのものが生活の一部に溶け込んでしまい自分が病人だと気付かない時さえある。それが幸か不幸かは別として。
 歌舞伎の世界に新風を吹き込み常に歌舞伎の立役者だった中村勘三郎さんは、幅広い芸風で歌舞伎の世界だけに留まらずあらゆるメディアを通してそのエネルギッシュな姿を思う存分に発揮し、わたしたちを大いに楽しませ感動を与え続けてくれた。
 日本だけでなく中村さんの歌舞伎は世界にまで羽根を伸ばし、アメリカ、ドイツ、ルーマニアなどで公演し大成功を収めている。
 歴史の長い歌舞伎の伝統を継承しつつ、常に斬新なスタイルで見る者たちを魅了して行くその姿は、歌舞伎界の開拓者とも言えるのである。
 最後の舞台は2012年7月まつもと市民芸術館で行われた「天日坊」の千秋楽に源頼朝役で出演したのが最後であった。
 わたしは取り立てて歌舞伎に詳しい訳ではないが、静と動の織り成すその融合的美学の真髄がこの歌舞伎に在ると思っている。日本の歴史的美学の代表である歌舞伎は、鎌倉・室町時代に大成した狂言や能と同じように江戸時代に花開いた演劇である。
 「歌」は音楽、「舞」は舞踊、そして「技」は演技・演出となっており、まさしくこの三大要素の集大成が歌舞伎であり、総合芸術として完結されている。
 日本では最も古い歌舞伎の歴史を受け継いでいるのが中村座であり、亡くなった中村勘三郎さんは18代目勘三郎でもあった。
 中村さんがARDSに陥った時、病院を2回も転院するなど、医療スタッフも何とかこの国宝級の患者の命を繋ぎ止めようと必死であっただろうことは想像が付く。
 然し、死の魔手はそう容易く中村さんの身体から離れて行ってはくれなかった。それにしてもまだ57歳と言う年齢は余りにも早すぎる。これからまだまだ活躍する場は幾らでもあっただろうし、わたしたちもまたそれを望んでいた筈である。
 つい最近、森光子さんの訃報について記事を書いたばかりだと言うのに、こうして再び悲しい知らせを耳にすると、凍える冬の彼方から中村さんの慟哭が聞こえて来るような気がしてならない。最も無念だったのは中村勘三郎本人だったに違いない。
 謹んで中村勘三郎さんのご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事

テーマ: 訃報

ジャンル: ニュース

[edit]

ドライフラワー。 

ドライフラワー


ゴミ集積所から
拾って帰った紅い薔薇
都会暮らしのわりに
開き直れず塞ぎ込んでいる

頭の中で夢が膨れ上がる
茎はそれを支えきれない
叶えられない夢は
ひとひら ひとひら散っていく

残り少ない夢を数えて
暗い部屋の隅
語りかける水もなく
次第に乾いていく

悲しみは腫れぼったい
刺に姿を変え
夢を叶えることもないまま
すっかり乾ききってしまった
関連記事

テーマ:

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

力道山の真実(小説「届かなかった僕の歌」幼少篇より抜粋)。 

力道山

 暫く帰って来ない父の行き先は府中刑務所だった。これが五回目となる服役。父のもう一つの家でもあるような刑務所ではもう常連。所員が言った。
 「あれ、あんたまた来たんかい、懲りないのう」
 同部屋で一緒だったのは力道山を刺した極道「村田勝志」だった。
 「俺はちんぴらだけど、あんたは凄いな」
 「好きでやった訳じゃないのさ」
 「どうしてやっちまったんだい?」
 「正当防衛っていやあ聞こえはいいがな」
 刺した相手はスーパースターの力道山。わたしのヒーローでもあり、日本中に彼のファンがいた。
 空手チョップ一発で外人を打ちのめす。ルーテーズやデストロイヤーとの一戦は有名だったし、柔道家「木村政彦」との試合では力道山の強さを世間に知らしめる結果となった。
 その夜、行きつけのクラブを出た時の力道山は相当酒が入っており、おそらく酒癖もあまりよい方ではなかったと思う。そこで出くわしたのが「村田勝志」住吉会系の暴力団員である。
 ささいなやりとりが原因で、かっとなった力道山は村田を軽々と投げ飛ばす。彼も力道山には適わないものの、相当の体格をしていた。
 だが、プロレスラーの力は想像を遙かに超えており、ましてや酒も入っていたからその力は100%を上回っていた。
 まるで石ころのように7,8メートル先まで投げ飛ばされてしまったのである。気がつくと村田の右手にはドスが握られており、暗闇を裂くように差し込むネオンの光が虹色のように反射し輝いていた。
 力でかなう相手ではないし、このままじゃこっちが危ないと思った彼の咄嗟の防御本能。相手は全身が凶器と化している。
 突進してくる力道山の腹にぐさりと突き刺さる刃、見る見る内に腹の辺りから溢れ出る鮮血。パトカーと救急車のサイレンが夜のネオン街に響き渡った。
 父から聞かされた真実は新聞やテレビ、ラジオから流れる報道とは大きく食い違っていた。どう見ても仕掛けた力道山が悪い。直接の死因は刺された事によるものではなく、その後の処置だった。ベッドの上でたかをくくっていた力道山。
 「こんな傷大したことはない」と自分の腹を叩いて見せたと言う。自分の強さに溺れた結果の死だった。
 彼の裁判が始まった時、大勢の子ども達から「ばかやろー」と非難を浴びた時が一番辛かったと村田さんは言っていたらしい。

関連記事

テーマ: 自作小説

ジャンル: 小説・文学

[edit]