Archive2013年04月 1/1

Rain of Love(恋の雨)。

気まぐれな恋の雨がわたしを濡らして過ぎる傘差す暇さえなかったわ気まぐれなあなたに心も身体もすっかり濡れてわたしは恋の雨模様降って降って振られて振って今夜も雨が降ってます...

  •  3
  •  0

六畳一間の恋。

畳に染み付いたあなたの想い出が消えない悲しみだけが沈殿したこの六畳一間あなたとわたしの棲家だったのに恋の後始末さえ出来ないわたしはこの部屋を立ち去る勇気もないあなたの影に引き摺られ今夜も畳を見詰めるだけで...

  •  2
  •  0

テロリストは風に紛れて時を待つ。

 冬から春へと装いを変えた爽やかな風を縫って多くのアスリートたちがゴールを目指していた。気温14℃、雲一つ見当たらない晴天、走るには絶好のマラソン日和だった。 マラソンを愛する者であれば、一度は走ってみたいと思うほど、このボストン・マラソンは数ある大会の中で最も歴史の古いマラソン大会である。が然し誰もが参加出来る訳ではなく、過去のレース記録によるハードルが年齢枠ごとに高く定められており、良い記録を...

  •  6
  •  4

孤高の俳優、三國連太郎。

 つい先日、坂口良子さんの訃報をお伝えしたばかりだと言うのに、またしても訃報について触れなければならなくなった。 若い層からお年寄りまで幅広いファン層を持つ、日本を代表する演技派俳優として知られている三國連太郎さんである。 14日午前9時頃、急性呼吸不全のため都内の病院で90年に及ぶその人生に幕を閉じた。仕事の関係で父親の死に目に会えなかった人気俳優の佐藤浩市さんの言葉は、詰め掛けたマスコミ陣の質...

  •  1
  •  2

漁火哀歌(追記有り)。

夜風に揺らめく漁火は海を亡くした魚たち銀の鱗が剥がれ落ち月夜の海に光射す潮の流れに逆らいながら安らぐ場所を探してる漁火求めて群れをなす傷つく鱗が血に染まり甚振る海の哀れさよ...

  •  9
  •  0

恋人はサウスポー。

 7日、大阪・ボディメーカーコロシアムで行われたプロボクシング、WBAバンタム級タイトルマッチ「亀田興毅VSパノムルンレック・カイヤンハーダオジム」の一戦は、チャンピオン亀田興毅が辛くも2-1で判定勝ちを納め、チャンピオンベルトを守り6度目の防衛成功を果たした。 然しながら、試合後のリング上では勝利を祝うチャンピオンの笑みは影を潜め、持てる力の全てを出し切った挑戦者の清々しい姿とは対照的にどちらが...

  •  5
  •  1

二人の神田川(Last Version)。

あなたと眺めた神田川春のそよ風に触れて今日も静かに流れてるあなたと出逢った神田川二人の想い出作りもここからだったわね橋のたもとに腰掛けて手と手を重ね見つめ合うファーストキスもここだったキラキラ光る神田川あなたキラキラ星の川空の果てから見つめてるわたし独り見つめる神田川優しいあなたの神田川さよならわたしの神田川...

  •  4
  •  0

夢の中で抱きしめて。

あなたに触れる事さえ出来ないわたしをどうか許してくれるならせめて 夢の中で抱きしめてわたしの全てはあなたのもの身も心も捧げたつもりでもあなたの距離がわたしを遠ざけるだから せめて夢の中では抱きしめて...

  •  5
  •  0

グッドバイ・ママ(坂口良子さんを偲んで)。

 女優の坂口良子さんが先月27日、57歳と言う女優としては円熟味が醸し出される年齢で惜しくも息を引き取った。 彼女の命を奪った病魔は、横行結腸がん(大腸がん)による肺炎であった。昨年、永かった春にピリオドを打つ形でプロゴルファーの尾崎建夫さんと再婚したばかりである。 結婚と言う幸せを一気に引き寄せ、仲睦まじい夫婦愛を育んでいた矢先の出来事に、夫である建夫さんの心情を思うと言葉が見つからない。 坂口...

  •  5
  •  2