08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

グランドスラムを駆け抜けろ。 

グランドスラム

 一人の若きアスリートがコートの上を疾風の如く駆け抜けて行った。そんな印象が残る大会であった。アメリカ・ニューヨークで開催された全米オープンテニス2014は、世界の頂点を目指す若き勇者たちが約2週間に渡り熱戦を繰り広げた。
 中でも特筆すべきはやはり錦織圭選手の活躍だろう。日本男子としては81年ぶりとなるグランドスラム・ベスト4進出。これだけでも十分過ぎるほどの快挙であるが、それだけでは終わらず錦織選手の快進撃が更に続く事となる。
 どの時点で彼が頂点に輝くトロフィーを意識したかそれは分からないまでも、準決勝の相手である世界ランク1位のノバク・ジョコビッチに勝利した瞬間、彼が抱き続けて来た長年の夢が現実のものへと大きく羽ばたいたように思う。
 決勝の相手は世界ランキング16位のマリン・チリッチ。ランキングから言えば錦織選手が優ってはいるものの、優勝候補の筆頭にいたジョコビッチが破れると言うように、試合は終わってみなければ分からないまさに筋書きのないドラマが展開される。
 準決勝の時と同様の試合運びが錦織選手に出来ていれば、優勝の行方は全く分からなかったのではないだろうか。グランドスラムの決勝と言えば、過去に多くの名勝負が生まれた事でも有名であり、大差が付いて勝負が決まると言う事はなかった。
 その点を踏まえてみると、今大会の決勝は名勝負に相応しかったか疑問も残る。唸り声を上げて飛んで来るチリッチ選手の強烈なサーブに最後まで主導権を握られ、それまでの錦織らしさが影を潜め、彼の持ち味である攻撃的なテニスをさせてもらえなかった…。
 試合内容としてはチリッチ選手の一方的な展開のまま終わり、内容に満足していない観客たちの表情もどこか沈みがちであったように思う。敗因は錦織選手自身が一番よく理解しているだろうが、世界の大舞台で堂々の準決勝である。世界に名を刻み、そして日本のスポーツ史に深く刻まれる偉業を達成したのは間違いない。
 流暢な英語で表彰式のインタビューに応える錦織圭選手の姿が語っていた。「試合に勝つ事は重要な事であるけれど、負けて己を知る事の方が遥かに大切である…」と、私には聞こえた気がしている。

関連記事

テーマ: テニス

ジャンル: スポーツ

タグ: 錦織圭  全米オープン  テニス  グランドスラム  準決勝  ジョコビッチ  チリッチ  サーブ  優勝 

[edit]

あなたへ(亡き母に捧げる)。 

あなたへ


あなたの胸に抱かれて
眠ってみたい
豊かな乳房を抱えた
あなたの
かぐわしい香りに包まれて
途切れぬ夢の中で戯れて
幸せなひと時を
たっぷりと味わってみたい
この世で叶わぬ想いを
この詩に託して
天国の何処かにいるあなたへ
届けと思いながら
僕は
あなたの乳房を吸ったのですか?
あなたは
僕を
抱きしめたのですか?



※9月8日は母「雪子」の命日。福島の地で自ら命を絶った。享年28歳。

関連記事

テーマ: 詩・想

ジャンル: 小説・文学

[edit]

エボラの逆襲。 

エボラ

 日本国内では実に約70年ぶりとなるデング熱感染が巷を騒がせている。厚労省発表によると、現時点での感染者は34人となり、今後更に感染者は増えるものと思われる。国内感染は、東京、埼玉、新潟、千葉、大阪、山梨、青森、愛媛と全国に拡大しつつある。患者の殆どは代々木公園やその周辺を訪れていた時に感染したようだ。
 既にご存知のようにデング熱は『』を媒介として感染して行く。おそらく最初の感染者は国外でウイルスを持ったに刺され、そのまま帰国したのではないだろうか。何れにせよ、が大量に発生するような場所は避け、に刺されない事が唯一の予防法である。
 さて、海外に眼を向けて見るともう一つのウイルスが猛威を奮っている。西アフリカを中心として感染が拡がるエボラ出血熱であるが、感染防止のため大統領命令で「握手禁止」と言う非常事態にまで陥っている模様。
 2013年12月、ギニアから始まったエボラ出血熱の感染は留まる事を知らず、今年の4月に爆発的感染が確認される事となる。その後8月、WHO(世界保健機構)が「非常事態」を宣言。感染拡大を防ぐため、各国政府、NGOなど国連機関と連携し支援活動を行っているが、感染収束の見通しはいまだ立っていない。
 医療現場からの報告によれば、支援に当たっている医療従事者の感染も増え始めており、機能停止に陥る病院も多いと言う。一旦は治まったかに見えた流行が数週間後には再び拡大し始め、現場を逃げ出す医療従事者も続出しているらしい。
 おそらくその現場は眼に見えな敵との戦闘状態にあるのだろう。主要病院が次々と閉鎖に追い込まれ、地元の医療は尽く崩壊して行く。まさにウイルスの絨毯爆撃にでも晒されているかのように…。
 エボラ出血熱の感染者数がこのまま推移して行くとなれば、おそらく2万人を遥かに超える事態になるのは時間の問題であり、日本から遠く離れた最果ての地で起こっているウイルス騒動がデング熱に飛び火する日が来るかも知れない。
 地球温暖化によってその生息分布が大幅に拡大された小動物や昆虫などが齎す新たな恐怖、それが「熱帯ウイルス」だ。致死率50%と言われるエボラに比べればデングは遥かに安全かも知れないが、その安全と言う麻薬的な言葉に騙されてはいけない。
 自分は大丈夫と言う「驕り高ぶる」態度や言動こそが人の心を蝕む最大のウイルスかも知れない。病気に対し謙虚な姿勢で臨む事、これが最良の予防策ではないだろうか。

関連記事

テーマ: 時事ニュース

ジャンル: ニュース

タグ: デング熱  エボラ出血熱  代々木公園    感染  温暖化  ウイルス  予防 

[edit]