Archive2014年10月 1/1

君のいた夏。

手すりをよじ登ると君の痕跡があった空を掴むためにここを登ったの?そうじゃないよね君は生まれ変わりたかったただそれだけのこと夏はもう終わったけれど君のいた夏は永遠に終わらない ※病気を苦に自ら命を絶ってしまった友人に捧げた鎮魂歌。 初掲載:2012年9月29日 午前0時32分17秒。...

  •  35
  •  0

Legend of The Moon(伝説の月)。

 宇宙の存在が現在ほど明らかにされていなかった遥か昔、古代人の眼に月はどのように映っていただろうか。月に纏わる話しは世界各地に散らばっており、そこの住人によって語り継がれている月の姿は様々だ。 日本では「かぐや姫」の伝説が最も有名であり、そしてまた「うさぎの餅つき」はインドが発祥地となっている。古代から人類と密接な関係にある月、子どもが産まれる確立が最も高いのが満月の時であり、潮の満ち引きも月の引...

  •  23
  •  0

御嶽山に黙祷。

 バラバラと激しい音を立てて無数の噴石が情け容赦なく降り注ぐ。極限状態に追い込まれたその中を逃げ惑う多くの登山者たち。山頂付近の山小屋に避難し身を寄せ合って噴火が収まるのをじっと待つも、立ち込める灰色の噴煙で辺は暗闇に包まれ視界は殆ど遮られた。火山灰と噴石の雨は止むことを知らず激しさを増して降り続ける…。 携帯を取り出し家族や友人にメールを送る人々…。「お母さん、ごめんね」それは死を覚悟した最後の言...

  •  31
  •  9