09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

バス通り(甲斐バンドのカバー)。 



 久しぶりにカバー曲の紹介。吉田拓郎ばかりだと「他にも出来ないの?」と言われてしまいそうなので、今回は甲斐バンド。この『バス通り』が甲斐バンドデビュー曲だと知ったのは彼らがデビューしてから随分と後の事で、『裏切りの街角』がデビュー曲だと思っていた。
 1973年辺りから続々と九州は博多出身のグループが日本の音楽シーンに登場し始めたが、中でも『魔法の黄色い靴』でメジャーデビューしたチューリップの勢いは目を見張るものがあった。代表曲の『心の旅』は5ヶ月連続レコード売上1位を記録した。
 甲斐バンドはそんな中で約一年遅れのデビューとなった訳だが『バス通り』はチューリップの曲のようにそれ程はヒットしなかったと思う。
 甲斐よしひろ曰く、「バス通りでデビューした事で甲斐バンドが完全にフォークロック・バンド扱いになってしまった」とデビュー当時の模様を後日談として語っていた。私は実を言うと『甲斐バンド』を余り知らなかった。ではなにゆえ敢えてこの『バス通り』をカバーするに至ったかと言うと、東京で生活を始めて一年余り経った頃に出会い、付き合い始めた彼女が甲斐バンドの大ファンであったからである。その彼女の最もお気に入りの曲が『バス通り』だったと言うことになるが、ただそれだけの理由でカバーした訳ではなかった。
 付き合い始めて3年も経った頃、彼女が突然ニューヨークに行って生活すると言い始めたのである。余りにも唐突な彼女の言葉に耳を疑ったが、大胆な発想と行動をする彼女なら「有り得ない話でもないな」と変に納得してしまった。二人の仲は一体どうなるの?と疑問が沸々と湧いて来たが、私も一緒に行く訳にもいかず、一度決めたら後には引かない彼女の性格をよく知っていただけに、「日本とアメリカ遠距離恋愛になるな」と一抹の不安を抱えつつ、彼女の希望を受け入れたのである。
 「神戸さん、あたしが向こうへ行ってしまったらもうあんまり話す機会もなくなるね」
 「日本からNYに電話したらどのくらいお金かかるんだろう」
 「きっと、10分も話せないと思うよ」
 「神戸さんの声を毎日聞いていたいから、何か歌ってテープに入れといて」
 そして殆ど聴いた事もない『バス通り』を寝る間も惜しんで毎日聴き込み、NYへ旅立つまでに時間もあまり無かったので、まともな練習も出来ないまま『バス通り』をカバーするに至った。その彼女は帰国後に私ではなく別の男性と結婚し、今は蒲田の実家で元気に暮らしているそうだ。
※ギター/神戸俊樹・三好清史
ヴォーカル/神戸俊樹
アレンジ/神戸俊樹
関連記事

テーマ: お気に入り&好きな音楽

ジャンル: 音楽

タグ: 甲斐バンド  バス通り  デビュー曲  チューリップ  甲斐よしひろ  心の旅  ロック  遠距離恋愛  NY  アメリカ 

[edit]

病への挑戦状。 

プール

 今から10年ほど前、服用していた抗うつ剤『ドグマチール』の副作用で体重が10キロ増えてしまい70キロに達してしまった。その頃の私は現在と違いまだまだ元気で、10キロ太っても心不全を起こすような事はなかった。
 最も困ったのはウエスト周りに肉が付き、それまで履けていたズボンが尽く履けなくなってしまった事。「むむ…これはヤバイ」何とかしなければとダイエットに踏み切る事にしたのだが、幾ら元気でも心臓に大きな負荷を掛ける運動は厳禁。
 そして思い付いたのが『水中ウォーキング』、もちろん主治医からも了解を得た。更に肝機能を強化するため、『ウコン』を摂取。10年前の事だからウコンもまだそれほど知れ渡ってはいなかった。ネットで調べたりウコンに付いて書かれた書籍などを読み、知識を身に付けた。『クルクミン』が最も多く含まれているのは『秋ウコン』だが、私が選んだのは春ウコンで沖縄産の『うっちん粒』と言う名称のもの。店頭には売っておらず『ケンコーコム』で購入。
 秋ウコンはピンポイントで機能を高めるのに向いているらしかったが、春ウコンは五臓六腑に効果があるようだった。しかも『うつ病』の改善にも効果が期待出来ると言う嬉しい情報もあった。然し、ワーファリンの作用を強めてしまう副作用もあったので、主治医と相談しつつ慎重に摂取。そして約一年に渡るダイエット生活が始まった。
 雨の日も風の日も雪が舞い散る極寒の日も、ほぼ毎日休まず温水プールへと通った。その結果、なんと70キロだった体重が50キロに!僅か一年で-20キロの減量に成功。しかも体脂肪は一桁の9%、これはプロボクサー並みの体脂肪である。ウエスト周りもすっかり肉が落ち、10代後半の頃に履いていたジーンズが履けるほどに…。
 身体が軽くなった分、病気を忘れてしまうほど調子が良くなった。そんな嬉しい状態が2年ほど続いただろうか…。いつの間にか水中歩行から遠ざかり、歳を重ねて行く内に体重もまた増え出して行った。リバウンドはなかったものの、継続する事の難しさを改めて実感した。
 そして現在、私は再び水中ウォーキングを開始した。心不全にならないために水分制限や食事管理だけではなくリハビリも兼ねて身体を動かす事、特に体力・筋力低下を防ぎこの冬を入院なしで乗り切るためにも今、自分に出来る事をやって行こうと、そう決意したのである。
 これはある意味、私からの『病への挑戦状』でもある。私はこれまで病気を理由に様々な事から逃げて来たように思う。病気を隠れ蓑にして来た自分を恥じるとともに、そして医療や薬だけに頼らず、残された人生を有意義に全うするため、未来を信じ決して諦める事なく生きて行こうと…。挑戦状を叩きつけた私の写真、その面構えに決意の強さが現れているだろうか…。

関連記事

テーマ: ウォーキング

ジャンル: ヘルス・ダイエット

タグ: ダイエット  水中ウォーキング  ウコン  うつ病  肝機能  温水プール  体脂肪  リバウンド   

[edit]