12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

相撲人生、がぶり寄り!。 

琴奨菊

 並み居るモンゴル勢を次々と撃破し、日本人力士としては10年ぶりとなる初優勝を果たした大関琴奨菊。1月10日に幕を開けた大相撲初場所、この時点で琴奨菊の優勝を誰が予想出来ただろうか。
 相撲解説者でさえこの優勝は予想外だったに違いない。順当に行けば、白鵬、日馬富士、鶴竜ら横綱による優勝争いとなり、そこに食い込んで来るのは大関・稀勢の里あたりと初場所の展開を読んでいただろう。
 おそらく琴奨菊の過去の勝敗を顧みれば、角番を幾度となく経験し大関の地位を保つのがやっとと言う状況で、優勝とはかけ離れた蚊帳の外だったかも知れない。然し、いざ場所が始まり白星を積み重ねて行く琴奨菊に対し、解説者や視聴者も俄然その快進撃に目を見張った。
 鋭い踏み込みと前に出る相撲、そして得意の『がぶり寄り』と自信に溢れた琴奨菊は闘神が舞い降りたかのように生まれ変わっていた。圧巻は最強の横綱と言われる白鵬との一戦だった。
 両者が土俵の中央でぶつかった瞬間、顔を左に背けた白鵬、その時点で勝負は着いていたのかも知れない。それほど琴奨菊の当たりが強かったのだ。そして琴奨菊が一気に攻め込み、一瞬にして白鵬土俵を割った。どちらが横綱なのか分からないほど、白鵬は何も出来ないまま敗れた。
 13日目に豊ノ島に『とったり』で敗れ全勝優勝は逃したものの、この一敗が初優勝へと更に導いたと私は見ている。もちろん全勝優勝が悲願である事に変わりはないし、本人もこの一敗にかなり悔しがっていたが、ある意味その悔しさがバネになり優勝へ後押ししたとも見て取れる。
 それにしても3場所優勝から遠ざかっている白鵬に陰りが見えて来たと誰もが思っているのではないだろうか。既に30歳を超え、体力的にも衰えが生じるのは致し方ない事であるし、相撲界にも新しい大きなうねりが起き始めているのかも知れないが、これまで相撲人気を牽引して来た白鵬に取って代わるニューリーダー的存在の力士がそう簡単に現れるとも思えない。
 次の春場所はいよいよ日本人横綱誕生の期待が大きく膨らむ土俵になるが、1月場所の勢いがそのまま次の場所でも発揮出来れば、1998年の若乃花以来、18年ぶりの日本人横綱誕生となる。
 昨年11月に亡くなった、北の湖・前理事長も天国で琴奨菊の優勝に顔を綻ばせ大喜びしているに違いない。

関連記事

テーマ: 大相撲

ジャンル: スポーツ

タグ: 琴奨菊  初優勝  モンゴル  大関  横綱  白鵬  土俵  大相撲  北の湖 

[edit]

雪の花びら(未刊詩集より)。 

雪の花びら


花びら
みなもに消えて
のさざなみ凍えさす
お魚じっと我慢して
の来るのが待ち遠しい
小舟の上では釣り人が
をたらして
を見る
花びら
みなもに解けて
を待つ凍えさす


関連記事

テーマ: 詩・ポエム

ジャンル: 小説・文学

タグ:   花びら      小舟  釣り     

[edit]

世界はロックに充ちている(追悼:D・ボウイ)。 

デビッド・ボウイ

 世界の音楽シーンに多大な影響と輝かしい足跡を残して来たロック・シンガーで俳優のデビッド・ボウイさん(69)が10日、がんとの闘病の末その生涯を閉じた。音楽関係のみならず各界から彼の死について惜別の言葉が続々と届いている。
 1970年代初頭に登場したグラムロックは、当時のミュージシャンや若者に絶大な影響を与え、ひとつのロックスタイルを確率したと言えるだろう。その中心的人物こそがデビッド・ボウイであった。
 私自身は彼の登場以前にT・レックスのマーク・ボランに傾倒していたため、『ゲット・イット・オン』をレコードの針が擦り切れるほど聴き込んでいた。D・ボウイの曲を初めて聴いたのは、1973年6枚目のアルバムからシングルカットされた『ジーン・ジニー』だったと記憶している。
 現代のように便利な映像媒体がなくアナログの時代であったから、音楽の情報は『ミュージック・ライフ』などの音楽専門雑誌が中心だった。その奇抜な衣装やメイク、ヘアースタイルは彼が創り出すソウルフルな音楽と相まって聴く者の心を鷲掴みにした。
 彼の名を決定的なものにしたのは言わずと知れた『レッツ・ダンス』であるが、俳優としての才能を見せつけた作品、大島渚監督の映画『戦場のメリー・クリスマス』ではないだろうか。大島監督が彼を主役に抜擢したのは勿論、彼が出演していた『エレファントマン』などを見て、その演技力に惚れ込んだからであるが、『戦メリ』に登場する役者はビートたけしを始め、坂本龍一、内田祐也、内藤剛志、ジョニー大倉、室田日出夫、三上寛など強烈な個性派揃いであり、その誰もが主役級である。
 その豪華極まる出演者の中で最も存在感を醸し出していたのがD・ボウイだった。長寿世界の中で69歳という年齢は、やはり早すぎる死として悔やまれてならない。世界の至るところでテロや戦争が起こり不安定な現代の今だからこそ『武器を楽器に変えて平和を訴えろ!』と彼がそう語りかけて来るような気がしてならない。
 最後にファンのひとりとして、デビッド・ボウイさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます(合掌)。

関連記事

テーマ: 海外ニュース

ジャンル: ニュース

タグ: デビッド・ボウイ  グラムロック  レコード  T・レックス  大島渚  アルバム  坂本龍一ビートたけし   

[edit]

病を乗り越え、新たな門出を2016。 

2016正月

A Happy New Year

 当ブログにご訪問の皆様へ。昨年はひとかたならぬご配慮を賜り、感謝の念に絶えません。年頭での意思表示は「今年は入院ゼロを目指す」と同じ言葉を繰り返しながらもそれが達成された年は皆無。出来もしない約束はしない方が良いので、今年は「なるべく入院しない」に変更したいと思います。今年も懲りずにお付き合いのほど宜しくお願い致します。
 さて、厳しい食時・水分制限の下『盆と正月』くらいは羽目を外して好きな物を飲んで食べて溜まった鬱憤を晴らしたいところではあるが、心不全のリスクの前では中々箸が進まないのが現状。
 会食の予定がある日は、朝から何も食べず、水分は薬を飲む時だけに留めておき、出来るだけ胃袋を空っぽにして会食に臨むように心がけている。上等な料理を愉しむのも命がけと言ったら大袈裟だろうか…。
 1月2日、40年以上の付き合いがある友人と秋葉原居酒屋料理を嗜む事が出来た。正月は飲み食べる機会が多くなるため『正月太り』を気にしている人も多くいるだろう。私も20~30代の頃は太る事など気にも止めず、テーブルに並んだご馳走に舌鼓を打ち、胃袋がはち切れんばかりに箸を進めたものだった。
 現在の様な食時制限はなかったし、病気の事など考えもしなかった時代、若さが病を上回っていたのだろうと思う。何かが狂い始めたのは40代に入ってからだが、あの頃の暴走がつけとなり今頃になって私を苦しめる。
 もっと真摯に病気の事を受け止め大切にしていたらと、慚愧の念を抱いてしまう。父がで命を短くした時、親戚縁者は一同に「自業自得」と言っていた。それが今はこの自分にすっかり当て嵌ってしまうのである。
 自分の命と向き合わずに溺れ逝ってしまった父の姿が私自身の姿と被って見えるのは、父からの無言のサインなのかも知れない。「もっと自分を大切にしろ…」そんな声が聞こえて来る気がしてならない。
 青い空の果てから見守っているであろう父や母そして先に逝ってしまった友人たちの分まで生きなければ。病と言う障壁はとてつもなく高く聳え立っているが、それを乗り越え、新たなこの門出に幸あれと思う次第である。

関連記事

テーマ: 年末年始、お正月

ジャンル: ライフ

タグ: 正月  年頭  会食  料理  秋葉原  居酒屋  ご馳走   

[edit]