04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

電磁波アラカルト。 

電磁波


 世の中がまだアナログ中心で動いていた時代、リモコン付きテレビが登場すると「便利な世の中になったものだ」と誰もが口を揃えて言った。音楽を歩きながら楽しんだり、どんな場所からでも電話やメールを送れるなど、人間を取り巻く生活環境は大きく変化し、そしてテレビはアナログ放送からデジタルへと飛躍的に姿を変えた。
 人間にとって都合よく進化し続ける現代社会であるが、その裏には眼に見えないリスクが多く潜んでいる。便利な家電製品に囲まれつつ、それでも更なる利便性を求めて止まない人間の欲求は果てしない。
 それ故、人類は進化し続ける生物でもあるが、全ては「何らかの犠牲」の上に成り立っているものである。原発事故はその犠牲の象徴とも言えるのではないだろうか。4年ほど前の話しであるが、WHO(世界保健機関)の国際がん研究機関(IARC)から、携帯電話の電磁波と発がん性の関連性について、限定的ながら「可能性がある」との分析結果が公表され、一時は世界が騒然となった事を記憶している。
 耳にあてた状態で通話を長時間続けた場合、脳腫瘍が発症する危険性が上昇する可能性があると言う。携帯電話の電磁波については携帯が普及し始めた 1990年代から既に指摘されており、WHOによる発表は「今更」と言った感も否めないが、世界のトップに位置する機関が公式に認めた内容である為、その意味ではこれを予防措置の警告として受け止めた方がよさそうである。
 多くの電化製品に囲まれた生活の中では、携帯電話に限らず電磁波を浴びる状態が恒久的に続いている。眼に見えない恐怖と言えば、巷を随分と騒がせた「放射性物質」だが、そのリスクから比べれば電磁波は微々たるものであるし、発がん性のリスクが最も高いと分類されている「煙草」「酒」「コーヒー」などは日常的に見える恐怖として捉えられることはまずないだろう。
 このように、わたしたちは「矛盾」と言うリスクを背負いながら生きているが、自然界には不思議な植物があるもので、電磁波を吸収して育つサボテンがあると言う。NASA(アメリカ航空宇宙局)の調査によりその性質が発見された「セレウス・サボテン」は、2005年に話題になったようだ。
 有害な電磁波を発生するパソコンやテレビから身を守るアイテムとして、インテリアにもなるこのサボテンを部屋の片隅に置いてみては如何だろうか。
※大衆文藝ムジカ03号に掲載されているエッセイです。


関連記事

テーマ: エッセイ

ジャンル: 小説・文学

タグ: リモコン  アナログ  デジタル  メール  原発事故  電磁波  脳腫瘍  携帯  サボテン  インテリア 

[edit]

別れ涙の神田川。 

別れ涙の神田川


みなもを走る 小舟の跡を
一羽のカモメが 追いすがる
波間に消えゆく あなたの姿
啼けど届かぬ 焦がれる想い
さすらう風に 乗り遅れ
ああ~ わたし 別れ神田川

の青さは あなたの心
映すの いじらしさ
揺れる小舟は はかない
波間を漂う 浮世花
せめて咲かせて 散りたいけれど
ああ~ あなた 別れ神田川

うそと本音は の味
薄めたグラス過去の色
隠したつもりが 解けて濡れる
世渡り上手な あなたの前で
揺れるみなもは わたしの心
ああ~ ここが 別れ神田川

関連記事

テーマ: 詩・唄・詞

ジャンル: 小説・文学

タグ: 小舟  カモメ  波間  神田川          グラス  過去 

[edit]

不整脈とホルター心電図。 

ホルター

 まず始めにお笑いタレントの前田健さん(44)が先月26日、不整脈による虚血性心不全のため搬送先の病院で急逝した。多彩な才覚のある芸人だっただけに非常に残念である。この場を借りて心よりお悔やみ申し上げます。
 さて、そんな私も不整脈との付き合いは長く、心臓弁膜症と診断された子ども時代にまで遡る。最も酷かったのは11~13歳の時で、手摺に掴まりながらでないと階段を上る事すら出来ず、死ぬような思いをしながら5階にある教室に向かったが、それが原因で学校へ行くのが嫌で堪らなかった。
 更には中学1年の時、心臓発作を起こし意識を失い倒れた経験が2度あるが自力で蘇生し家に帰った。傷だらけの顔を見た祖母が「どうしただ!」と驚いた表情を今でも鮮明に覚えている。私の前歯は少し欠けているが、それはこの時に顔面から地面に倒れ込んだためであるが、運良く鼻は無傷だった。
 そんな過酷な子ども時代を生き延びて来たからこそ今の自分が在るわけだが、改めて病歴を振り返ってみると、長きに亘る闘病生活は、ある意味で私の生きるエネルギーそのものではないかと思ったりもする。
 今年はまだ一度も入院していないのでいつもより調子が良いのかと思いきや、実はそうでもなく入院するほどの事はないが、軽い心不全は日常的に起こっており、動悸息切れは顕著に発生している。
 循環器外来の時は血液検査以外に必ず『心電図・胸部レントゲン』は欠かせない。今年の3月下旬に診察を受けた時、心電図の結果を見て主治医が言った。「不整脈が乱発していますね…」。1月受診の時もやはり酷い乱れ方だったが、寒さのせいもありもう少し様子を見ましょうと言う見解だった。
 「先生、そんなに酷いのですか?」「そうねぇ、数分の間に二段脈が二連発出ているし…」。乱れた波形を見ても私にはいつもと同じにしか見えなかったが『心室二段脈』と言う部分が妙に気になっていた。「24時間心電図やってみますか…」。
 一日ホルター心電図を身体に取り付け、通常通りの生活を送る。その結果、長時間に亘り不整脈が二連・三連発と発症していれば何かしらの対処をしなければならない。おそらく投薬量が増えるだろうが、使用量を間違えると心不全を招くリスクが高くなる。薬は諸刃の剣だから匙加減が行方を左右する。
 ホルター心電図は、余命一年の宣告を受けたその半年前、蒲田の大田病院に通院中受けたのが初めてで、今回で3回目となる。その当時は通称『弁当箱』と呼ばれており、かなり大きくまさに『弁当箱をぶら下げている』状態だった。現在では写真を見てもお分かりの通りサイズも小さく性能も格段に上がっているようだ。
 動悸息切れ・胸痛などを感じた時は即座にスイッチを押し、一緒に渡された記録ノートに書き込んでおく。期外収縮心房細動が私の不整脈であるが、後者の方は1分間に400~700回と心臓がブルブル震えている状態であるため、絶対性不整脈と呼ばれており、血栓が非常に出来やすい。そして規則性のない心室期外収縮が頻発している場合は危険で、突然死を招く心室細動に以降する場合がある。
 このようにして日々リスクを抱えながら生きているけれども、自分ひとりの力だけでは生きられない。多くの人たちの助言や応援を受けながら、そしてこのブログに訪れる皆さんに支えられ今を生きている。そんな人生がこれからも末永く続くようにと願いを込めて…。いつもの事ではありますが、今回もブログお休みの件で皆さまにご心配をお掛けしましたこと深くお詫び申し上げます。

関連記事

テーマ: 病気と付き合いながらの生活

ジャンル: 心と身体

タグ: 前田健  不整脈  心臓弁膜症  心臓発作  動悸  息切れ  心電図  期外収縮  心房細動 

[edit]