08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

パソコンは忘れた頃に壊れます(ノД`)シクシク。 

不具合

 先日メインで使用していたデスクトップパソコンに不具合が発生。動画のエンコード作業を終え、電源を切りその後1時間ほどしてからブログの管理画面に入ろうと思い電源を入れたところモニターに「NO SIGNAL」の文字が…。つまり映像信号が届いていないと言う状態である。
 こんな事は初めてだったので、取り敢えずモニターの接続ケーブルを疑い、接触不良などの問題がないか確認をし、再度パソコン本体の電源を入れ直した。然し結果は同じで、パソコン本体の全面にあるインジケータが青と赤の点滅を繰り返しており、通常ならハードディスクを読み込む時の点滅に切り替わらない。しかもDVDトレイのスイッチを押しても開かずリカバリーディスクを試す事すら出来ない状態。
 インジケータ点滅中はCPUなどを冷やす冷却ファンが回る音はするのだが…。こうなってしまうと自分の知識や技術力では解決出来ず、夜も遅かったがメーカー(マウスコンピュータ)の24時間サポートへ電話を入れた。
 電話口に出た女性スタッフに事の次第を伝え、スタッフの指示に従いパソコンからマウスキーボードを残しそれ以外のケーブルを全て外した。その状態で電源ON、然し相変わらず「NO SIGNAL」が表示されるだけで、改善の兆しは見えて来ない。モニターパソコン本体のどちらに原因があるのかこの時点では判断出来ないため、別のモニターがあればそちらを試すように言われたが2台使う必要性はないので、1台しか所持していない。そこで気付いたのがテレビにHDMIケーブルを使用してパソコンを繋ぐ事だった。そして早速それを試してみたが結果はやはりテレビ画面は黒いままで信号は送られていない。
 結局のところ修理に出すしかないと言う事に落ち着き、翌々日に佐川急便が大きな箱を持って引取にやって来た。ハードディスクの回転音がしなかった時点で、私は最悪の事態を想定していた。ハードディスクが壊れていれば、C,Dドライブ内のデータは全て消えてしまい、花火や愛猫タラの動画が消えてしまうのが残念でならず、バックアップの重要性を改めて痛感していた。
 そして数日後メーカーから連絡があり、その回答に驚いた。なんとどこも壊れておらず、正常に動作するとの事だった。頭の中が「???」だらけで、一体あの騒ぎは何だったのだろうと首を傾げるばかり。メーカーの担当者も壊れていないので直しようがないと言った様子であったが、念のためOSの再インストールを提案されたが、それを行うと全データが消えてしまうので、そのまま返却してもらうこととした。
 パソコンなどの精密機械は人間の身体と同じでデリケートに出来ている。自分の身体を労るのと同じでパソコンにも愛情を持って日々接することが肝要なのだろう。今回のパソコン騒動はパソコン自身の心の叫びであったのかも知れない。費用は修理した訳ではないので1万以下で済んだが、人間ドックならぬパソコンドックだと思えば安いものである。いずれにせよ、大事なデータはこまめにバックアップする事を皆さんにもお勧めする次第である。

関連記事

テーマ: デスクトップパソコン

ジャンル: コンピュータ

タグ: パソコン  モニター  ケーブル  ハードディスク  DVD  CPU  マウス  キーボード  バックアップ 

[edit]

2016いたばし花火大会in荒川土手。 

花火2016

 8月6日、愛猫タラの癒し効果が背中を押してくれたのか、足取りも軽く花火会場の荒川土手へと出掛けた。家を出たのは16時だが、西台駅から会場まで徒歩で30分程度。夕暮れ時とはいえ、真夏の陽射しが容赦なく照り付けていた。気温は35℃を越えていたと思う。
 僅か10分も歩いただけで首筋が汗で滲んでくる。冷えた緑茶と氷を入れたマグボトルに早くも手を付けた。ほんの少しだけカップに注ぎ、グイッと一息に喉の奥へと流し込む。1日の水分量は厳しく制限されているから、喉の渇きに任せて飲む訳にはいかない。制限されているからこそ単なる緑茶が格別に美味しく感じるのだろう。
 17時少し前に会場に着き、昨年と同様の場所を見つけ、そこで時が来るのを待った。沈みかけた真っ赤な夕陽が背中に痛いほど突き刺さる。花火見学に来る人の殆どは家族、友人同士、そして恋人同士のようなカップルばかりで、私のように一人で花火を観る人はまずいないだろうと思った。
 それでも寂しいとか羨望の眼差しを投げるような気持ちは全くなかった。色とりどりの浴衣を着た若いお嬢さんたちの姿は眼の保養になったし、手を繋いで歩くカップルたちの姿はとても微笑ましく思えた。
 そんな浴衣姿を見て、ある夏の日の情景が浮かび上がって来た。勇樹の母親「ゆみ子」と出会って迎えた最初の夏だった。私は21、彼女は18歳になったばかりであった。安倍川花火大会を見に行く約束をしていたその日、待ち合わせ場所はいつもの「すみやレコード店」。彼女が来るのを待ちながらレコードを物色していた。
 「シュンちゃん、お待たせ」彼女の声に振り向くと、紺色に花火模様を散りばめた浴衣姿が飛び込んで来た。彼女は長い髪を後ろで結びポニーテールにしていた。「浴衣、似合ってるねー、なんかすごく艶っぽい!」、「うん、ありがとう、初めて着たんだよ」そうつぶやきながらはにかんだ。その表情には「シュンに見せたく着てきた」と言わんばかりだったが、そんな気持ちをぐっと堪えているようにも見えた。
 駿府城のお堀を眺めつつ、人混みの波に二人身を任せた。私の右手をぎゅっと強く握りしめるゆみ子、死んでもこの手は離さないといった、熱い愛情が私の心臓にまで伝わって来るようだった。
 時を告げるかのように花火が夜空に向かって打ち上がる。「オオーっ」という歓声とともに見事な花火が舞い散る花びらのように夜空を彩った。「シュン、わたしもあの花火のように咲いてみるね」「うん?う、うんうん…」。「でも、散り際も花火のように潔くね…」。ゆみ子の呟いた言葉に返す言葉も浮かばなかった。愛などという成熟した感情など持ちあわせていなかった。「恋は下心、でもその恋を二人で育てて愛にする」この境地に辿り着くまでどれほど遠回りしただろうか…。
 気が付くと、打ち上げ開始のアナウンスが風に流されそこら中に木霊していた。今年この花火会場に来れたことに感謝、そしてまた来年も同じ場所に訪れようとささやかな願いを込めて。

関連記事

テーマ: 季節を感じる

ジャンル: ライフ

タグ: 花火  荒川  緑茶  夕陽  恋人  カップル  浴衣  安倍川  駿府城  夜空 

[edit]