ボストン

 冬から春へと装いを変えた爽やかな風を縫って多くのアスリートたちがゴールを目指していた。気温14℃、雲一つ見当たらない晴天、走るには絶好のマラソン日和だった。
 マラソンを愛する者であれば、一度は走ってみたいと思うほど、このボストン・マラソンは数ある大会の中で最も歴史の古いマラソン大会である。が然し誰もが参加出来る訳ではなく、過去のレース記録によるハードルが年齢枠ごとに高く定められており、良い記録を出さなければ参加出来ないと言う、ランナー泣かせでも有名である。
 4月15日の月曜日、世界各国から約2万7千人がエントリーすると言う過去に類を見ないほどの大規模な設定の中で大会は幕を開けた。その輝くゴールに悪魔の手先が風に紛れて待ち構えている事も知らずに…。
 事件が発生したのは大会がスタートしてから6時間後の午後3時過ぎの事だった。ゴール直前の観客席が設定されている歩道のゴミ箱で1回目の爆発、オレンジ色の火柱と共に爆発音が会場を揺るがし、白煙が高々と舞い上がって行く。
 そしてその約10数秒後に2回目の爆発。それはランナーから見れば、ゴールより少し手前の別の場所であった。
 ゴールを目前にし、笑顔を浮かべる者、手を高々と宙に向けながら、完走の喜びをを全身で表している者。それを拍手と歓声で迎えいれる観衆たち、走者と観衆が一体となって大会の喜びに浸っている矢先の事であった。
 飛び交う怒号そして悲鳴…瞬時にして会場は戦場の如く修羅場と化して行った。この爆破事件を知ったオバマ大統領は「複数の爆発物によるテロ行為」と言明。
 死者3名、負傷者約180名に及ぶ大惨事となったこの連続爆破テロ事件により、アメリカ全土が大きく震撼した事は言うまでもない。
 死亡した3人のうちの1人は、家族5人でこのマラソン観戦を楽しんでいた僅か8歳の無垢な少年であり、家族のショックも然ることながら悲しみに暮れるアメリカ市民に与えた影響は計り知れない。
 事件発生当初は情報が錯綜し、勢い余ったマスコミが「容疑者を逮捕」などと一旦報道するも、FBIが「そのような事実はない」と否定する場面などもあり情報と捜査が混乱を極めていたが発生から数日経った現時点では爆発に使われていた火薬や材料なども明確になって来ている。
 然し、その内容を知る限り余りにもわたしたちの生活に身近なものだっただけに更にショックは隠し切れない。
 犯行に使用されたのは圧力鍋であり、更に殺傷能力を高める為の材料として、釘、BB弾、ボールベアリングなどの金属片だった。そしてまたその爆弾の製造方法が国際テロ組織「アルカイダ」関連のウェブサイトで紹介されており、作ろうと思えば相手を選ばないと言う実に空恐ろしい状況まで見えて来ているが、裏を返せば誰もがテロリストになり得る事を証明したようなものである。
 このような爆発テロ事件が起こる度に、わたしたちはイスラム過激派などと結びつけてしまいがちであるが、それは早計だと今回の事件は教えてくれているような気がしてならない。
 この事件の背後関係などを調査してみても今のところ犯行声明も出ていないし、爆薬の質や量などから察するに背後に組織的テログループの存在は見当たらない事から、個人及び少数の人間が関与しているのではないかと思われる。
 テロの定義はなんだ?と訊かれてても、わたしには即座にそれに見合う応えが出て来ない。わたしから見れば、「秋葉原無差別連続殺傷事件」もまた「テロ」と同類だと思えて来るのである。つまり日常の中に潜む狂気こそ最も危険極まりないテロだとも考えられるからだ。
 ターゲットや場所など、そして犠牲者の数で決め付ける事は出来ないし、未遂に終わったとしても行為に及ぶまでの過程も含めてテロだとわたしは思う。
 今回の事件では警備の甘さが指摘されているが、観衆も含めると100万人近い規模になる事からすれば、如何にテロ対策が困難であり、増員増強を重ねても見落としてしまうと言う「ソフトターゲット」に対する懸念が現実となって姿を現した結果なのだろう。

関連記事
俊樹
Posted by俊樹

Comments 6

There are no comments yet.
ネリム  

夜分遅くに失礼します。
何の罪もない人が傷つき、亡くなっている方もいるので胸が痛みます。

犯人の逮捕を願うばかりです。

2013/04/19 (Fri) 00:27 | EDIT | REPLY |   
まり姫  

こんにちは~♪
自分の主張を通したいからといって暴力に訴えることは明かな誤りだと思います。
力で抑え込もうとすれば暴力の連鎖が続くだけですね。
地球上からいっさいの暴力を否定することこそ必要で、人命共通の課題だと思いますね(*^^)

2013/04/19 (Fri) 17:27 | EDIT | REPLY |   
zen  

自分の妹がボストン在住で爆発の遭った時
物凄い爆音がしたそうです。
一歩間違えば自分も犠牲になっていたかもしれない無差別テロ。
テメェの言いたい事を影に隠れて主張し見ず知らずの人に手をかける。
そんなことが許されるわけがない。
しかしアメリカも過去には何も関係ない子どもや女性を犠牲にしてきた事も事実。
今回のテロで爆弾は圧力鍋で作られていたそうですが
それが本当だとするとまたアメリカの自作自演のような気もします。

2013/04/20 (Sat) 19:54 | EDIT | REPLY |   
キママタロウ  
コメントします

 亡くなった3名の方に、心から哀悼の意を表します。犠牲者の中に、8歳の男の子や中国人留学生が含まれていたことは、本当に残念です。

 ボストンマラソン爆破事件の発生から5日目が経って、実行犯が捕まった。犯人は、キルギス出身の兄弟。兄は警察との銃撃戦の末に死亡し、弟は自殺未遂を図ったものの御用、という形で事件は終結した。
 容疑者の明確な動機は分かっていない。アメリカの生活に馴染めなかった・人生の挫折を味わった・アメリカによるイラクやアフガニスタンでの戦争・・・など、様々な情報が錯綜している。ちなみに、喉を自傷し話すことのできない弟が筆談で応じた捜査当局の調査によると、爆破事件を首謀したのは兄だという。
 今回、事件が発生したのは、マラソンがスタートしてから4時間9分が経過したときだった。この時間は、一般の市民ランナーのゴールが最多となる時間であり、観衆の数もそれに比例して多くなる。容疑者はそのことを知っていて犯行に及んだのだろうか。そうであれば、極めて計画的で悪質な犯罪(テロ)と言わざるを得ない。12秒という時間差を利用した2つの爆弾の爆発にも、何らかの意図を感じる。
 容疑者は果たして、どのような量刑を言い渡されるのだろうか。アメリカのメディアは、死刑制度がないボストン州の法律ではなく、最高刑に死刑がある連邦法を適用させて立件をするようだと伝えている。オバマ大統領は、事件が起こってから最初に行われた記者会見で、「容疑者は正義の裁きを受けることになる」と言っていたが、本当に正義の裁きを受けてほしいと思う。このような重大な事件を起こしたのだから。

2013/04/24 (Wed) 20:15 | EDIT | REPLY |   
こつこつ爺  
趣味では

こんな事してほころぶ社会にはしたくないものです
こんな事しなければ裕福な生活が出来る国が沢山あるのにと思うと複雑な気持ちになります

2013/04/27 (Sat) 22:31 | EDIT | REPLY |   
脳梗塞リハビリ生活  
初めてコメントします

初めまして
まずは私のブログにコメントありがとうございます
キレイな色のブログですね^^

この事件は確かに衝撃的な事件でしたが、私にはそれとはまた少し違った感慨深いものでした
私は昔Bostonに住んでいまして、よく現場付近はブラついてたりしました
20年も前ですが、その当時のBostonはなんていうか真面目な街というか神聖、厳格?な感じの街でした
私はLos Angelesにも住んでいてNew Yorkも知っています
3つとも大きな都市ですが、Bostonは固いイメージです(あくまで昔ですが…)
それなんで、その犯人が馴染めなかったようなことを言っていたのに疑問は感じませんでした

だからといって、何が理由であれ許されない事ですが…

2013/05/12 (Sun) 19:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  米ボストン同時爆弾テロ事件、FBIなどが必死の捜査
  • JUGEMテーマ:海外ニュース   15日に米東部の都市マサチューセッツ州ボストンで起きた、2件の爆発により、3人が死亡、140人以上が負傷している同時爆弾テロ事件で、事件直後、
  • 2013.04.19 (Fri) 07:05 | GLORY DAYS