アベノ

 参議院選挙2013夏の陣は、大方の予想通り自民党の圧勝で幕を閉じたが、肝心の投票率は相変わらず低く、戦後の選挙では3番目と言う有り難くない結果だった。
 国民の政治離れが加速する要因の一つが「安定しない政治力」だ。その背景に見えてくるのは、各政治家たちの統治能力の低さであるが、明治以降に始まった近代政治の中では現在が最も顕著である。
 ライバルが群雄割拠し追い付け追い越せと各人が切磋琢磨し、政治力を競い合った時代は遥か彼方に消え失せ、国民に失望感を植え付けて来たその責任は非常に重い。
 それでも、国民の半数が何かしらの期待を持って投票所へと足を運ぶのである。この国がより良くなって欲しいからこそ重き一票を投じるのだ。
 薄れゆく政治への関心を呼び戻す為、「ネット選挙」と言う新しい試みもスタートした。立候補者や政党もツイッターやフェイスブック等を利用して自身や党のアピールに余念がない様子を見ていると、政治が多少なりとも浸透し始めているのではと、新たな希望を見出す事も出来た点は評価したい。
 自民・公明の連立与党が過半数を大きく上回った事で、これまで長きに渡って続いていた「ねじれ国会」に終止符を打つ事になった訳であるが、ねじれているのは国会ばかりではなく、政治家たちの頭の中も相当ねじれており、わたしとしてはそちらの方が余ほど心配ではある。
 都議選の時と同じく大惨敗に終わった民主党は、その責任を取った積りなのか?細野幹事長が辞任すると言うお家騒動が勃発。それに追い打ちを掛けているのが菅元首相の応援問題で、勢いを全く失った政党とはこうも容易く崩れ去って行くのかと思わせるような混乱ぶりである。
 調子の良い時は何をやっても上手く行くのが人生の常であるが、調子の悪い絶不調の時こそ手綱を引き締めて理路整然と振舞うのが賢人と言うものである。
 それとは対照的に大勝の美酒に酔っている暇などないのが、与党たる自民・公明である。金魚の糞さながらに自民に寄り添う公明党だが、その役割は大きく重要である。
 自民党の暴走を抑えるのが公明党である訳で、憲法改正路線にひた走り、自衛隊を「国防軍」と位置付けし「防衛費」と称して莫大な税金を投入、安倍総理ならやりかねない事柄だけに、慎重に見守って行く必要があるだろう。
 余程のマイナス面が生じない限り、おそらく安倍政権は長期に渡って国の運営を預かる事になるだろうが然し、震災・原発事故発生から2年以上が経った今でも数多くの人びとが事故の余波に苦しみ続けている現状がある。
 アベノミクスが話題になり、その効果などを高く評価している声も聞こえて来るが、弱者を救えないアベノミクスであるならば、国民はきっちりと「ノー」を安倍総理の喉元に突き付けるだろう。
 自民党の持つ「毒」が徐々に拡がらないよう、わたしたち国民が監視官としての役割を果たして行くべきであると思う。

関連記事
俊樹
Posted by俊樹

Comments 10

There are no comments yet.
ネリム  

おはようございます。
ネリムです。

阿部さんには、これからの日本を変えていって欲しいなと願っています

2013/07/25 (Thu) 08:42 | EDIT | REPLY |   
NANTEI  
こんにちは。

コメント遅くなり、すみませんでした(^_^;)

おじい様はまたずいぶん古くから、
日本で働いておられたのですね。
お商売はきっとうまく行ってたのでしょう。

私はコリアの知人が何人かいて、
おかげでなにかと学ぶことが多いです。

ところで、物凄い合成ですね!!
そして隅から隅まで実に凝っていて@@。

自民のシンボルマークが国防服を着ているなど!

一目でわかる痛烈な右傾化への警告。
お見事というしかありません。

2013/07/25 (Thu) 16:43 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/25 (Thu) 17:31 | EDIT | REPLY |   
マムチ  

こんばんわ~♪

俊樹さん、その後体調の方はどうですか!?
水分補給を忘れずに、気を付けて下さいね^^

レシピ本のお祝いメッセージありがとうございます♪
本屋さんに行って並んでいるのを見た時は
もう感動してしまいました。。うるうる。。

2013/07/25 (Thu) 19:21 | EDIT | REPLY |   
koyuri  
毒で困るのが国民では

本末転倒ですね。

でも、それを選んだのも国民ですから。

ガリバー自民党に、分裂しまくりで勝とうと思うのは、おこがましいというコトだろうと思います。

2013/07/25 (Thu) 21:35 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/26 (Fri) 13:12 | EDIT | REPLY |   
キママタロウ  
参院選で日本はどうなる

 今回の参院選では、自民党・公明党の圧勝、そして共産党の躍進と民主党の惨敗が見られました。「都議選の結果は、直後に行われる国政選挙に影響を与える」というジンクスが、いっそう強固なものとなりましたね。さて、それはさておき、今回の選挙について考える上で、重要な点がいくつかあります。
 まず、相変わらずの投票率の低さです。今回、記録した52.61%は、参院選史上、過去3番目の低さ(ワースト3)だということです。今回の選挙から、「ネット選挙」が解禁されました。ただ、あまり有益なものではなかったようで、インターネットを参考にした有権者の数は極めて少なかったそうです。やはり、有権者が知りたい情報を、候補者がしっかりと伝えていなかったのではないでしょうか。この「ネット選挙」については、再考する必要があると思います。
 そして、「衆議院・参議院のねじれの解消」が果たされたことも、重要な点と言えるでしょう。ただ、喜んでばかりはいられません。ねじれがなくなったということは、法案などがスイスイと通ってしまうということにつながるからです。衆参でねじれが生じている場合、例えば、衆議院において、与党の多数の賛成を得て難なく通った法案は、参議院では、野党が多数なわけですから、もまれにもまれて修正されます。そして、修正されてよりよくなった法案が参議院で可決、もしくは衆議院に再び戻って、それが可決されます・・・と、このような一連の流れがあるわけです。ところが、衆参でねじれが生じていない場合、例えば、与党多数の衆議院で通った法案が、同じく与党多数の参議院でも難なく通ってしまうということが発生してしまうわけです。こうならないように、安倍政権は謙虚に政治運営をしていかなければならないと私は思います。独裁的な動きを見せてしまえば、きっと、「参議院は衆議院のカーボンコピーだ」という批判が出て、「参議院は本当に必要なのか?」という議論が出ざるをえません。「カーボンコピーだ」と言われるのか「決められる政治への転換だ」と言われるのか、それは安倍首相の手腕にかかっていると私は思います。
 そして、野党の動きがかなり活発化しています。みどりの風の谷岡郁子代表と、社民党の福島みずほ党首の辞任。民主党では、細野豪志幹事長が8月末に辞任するとのことです。同党では、民主党に籍を置きながら無所属の候補を応援した菅直人元首相が、党員資格停止3ヶ月の処分を受けました。みんなの党では、渡辺喜美代表と江田憲司幹事長の間に不和が生じ、日本維新の会では、共同代表である、橋下徹氏と石原慎太郎氏の続投が決まりました。これだけ分裂していては与党に対抗できないと思うので、野党共闘を模索したほうがいいのではないかと私は思います。
 おそらく、安倍政権は長期政権となり、向こう3年は大きな選挙がないと思われます。与党は、おごらず、国民の声をしっかりと聴く政治をしてほしいと思いますし、野党は、与党との対決軸がないわけではないので、参院選の総括を早めに終えて与党と対決してほしいと私は思います。

2013/07/26 (Fri) 20:24 | EDIT | REPLY |   
晶  
幸福

俊樹さん こんばんは。

ライバルが群雄割拠し追い付け追い越せと各人が切磋琢磨し、政治力を競い合った時代は遥か彼方ですね。
それでも、国民の半数がこの国がより良くなって欲しいからこそ重き一票を投じるのしょう。
確かに、震災・原発事故発生から2年以上が経った今でも数多くの人びとが事故の余波に苦しんでいらっしゃいます。
私は、憲法改正の手続きの要件を緩めることに 反対ですv-412
俊樹さんは、しっかりしたお考えをお持ちですね v-345

ではでは☆

2013/07/27 (Sat) 17:05 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/07/27 (Sat) 17:15 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/08/04 (Sun) 07:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  参院選 自公圧勝 !!
  • 参院選自公圧勝 数に傲らず着実に政策実現を(読売新聞) - goo ニュース 昨日21日夜八時前「八重の桜」を見ながら参院選の開票即票を見ようと思ってTVを点けると「お城は落城したら
  • 2013.07.25 (Thu) 08:30 | 王様の耳はロバの耳
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック