05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

白いチョーク(未刊詩集より抜粋)追記あり。 

山口先生


教室であなたは
土屋に向かって
白いチョークを投げましたね
それが土屋の額に当たり
あなたは目を丸くして
驚いていました
当てようと思って投げた訳ではない
白いチョークが
ものの見事に当たってしまい
その後の苦笑いが
今でも忘れられません
青春ドラマを地で行くあなたは
かっこよかった
鍛えられた見事な肉体を白衣に包み
わたしたちは皆
あなたの健康体に憧れていました
なのにあなたは
わたしたちより先に逝ってしまった
白衣をなびかせ
天使のように
今でもあなたは
わたしたちに白いチョークを
投げていることでしょう
この広い空のどこかで
優しい苦笑いを浮かべながら



天竜養護学校に在籍中お世話になった体育教師の山口先生が、自宅で首を吊って自殺をした。風の便りに先生の死を知った時、余りにも切なく胸が痛みました。弔いの意味も込めて書いた詩です。
関連記事

テーマ: 詩・想

ジャンル: 小説・文学

[edit]

« 火災を乗り越えて、絶望からの再出発。  |  猫の詩。 »

コメント

教室での俊樹さんたちの
楽しそうなお姿が目に浮かびました。

教室での一風景~
先生の飛ばしたチョーク。
コツン・・・

その後の一瞬の間
みんなの苦笑い声。
憧れの先生の死

今でもその時の教室の中は時が止まったまんま
先生の死は本当に哀しいです。

でもこうして俊樹さんに詩にして頂き
先生も空からきっと苦笑いで
先に行った事後悔されてるかもしれないですね。

yume-mi #- | URL | 2013/09/27 01:30 * edit *

悲しいですね・・・

どんな理由にせよ、人と死別すると言うことはとても悲しい事です。
冬に私が仕事に行ってる職場に、去年息子さんを亡くされたお母様がいらっしゃいます。
息子さんは自らの手で・・・
仕事してると突然泣くのです・・・そのお母様が・・・
それを見ると私も泣いてしまうのです・・・お母様がおっしゃってました。
遺書も何もなかったと・・・「私がどれだけ悲しむか、あの子は考えなかったんだろうか・・・」
と私に話してくれました。遺書すら残さずに・・・せめてもの優しさだったのだと思います。
だって遺書なんて残されたら、何度も何度も読んでは繰り返し泣くでしょう?
それにしても、親しい人とお別れすると言う事はとても悲しい事です。
私も娘の成長を心で数えつつ、歯を食いしばって生きていますが
時間は止まっていますもの・・・
生きていれば、今花のように麗しい娘に成長していたと思います。
人目、成長した娘に会いたいです。

rukira #- | URL | 2013/09/27 07:26 * edit *

読んでいて
楽しい授業風景が浮かんできました

自殺は本当に悲しいですね。
ご冥福をお祈りします

ネリム #oM6tt0T6 | URL | 2013/09/27 07:51 * edit *

私も同じ経験があります。
大きな病気で死に掛けた数年前
死神が私をジッと見下ろしてたのは今でも鮮明に覚えてます。
でも『誰?何みてんの?』と言ったらビツクリして逃げたのよ
灰色のツルッパゲの宇宙人みたいな死神
その後、私と同じ病室の人は全員亡くなりました。
高校時代の仲良し
あんなに楽しい青春を共におくった友人が相次いでこの世を去りました
私より活発だった友人の早すぎる死
ひ弱な(ビアフラ難民と言われてたガリガリの私)みゆきんは、今や、ダイエットだって騒いでるし(ーー;)
人生とは分らないものです。
美人薄命?
夏目雅子さんとか本田美奈子さんがそうだったね
私はギネスに載れるかも?
ご友人のご冥福を祈ります。

みゆきん #- | URL | 2013/09/27 11:14 * edit *

寂しいね
ご冥福をお祈り致します。

美奈子 #- | URL | 2013/09/27 11:15 * edit *

大学に入って二年目の初夏

高校時代の名物先生で、我々の副担任だった先生が急逝したという話が、故郷の友達から回って来ました。

下宿で一人暮らしを始めたばかりだったので、ショックを分かち合える相手も無く‥‥

その三年前に、文化祭の準備の帰りに事故死した同級生の時は、クラスメート全員で傷を癒せたけれど。

人の生命は、儚いものだと改めて感じた出来事でした。

koyuri #- | URL | 2013/09/27 22:50 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/09/28 08:38 * edit *

あのころ あの時代。

鼻水流して。
それが普通だった男や女。
ズボンに敷き布を当てて自慢しあってた。
忘れられないあのころ。

あぁ、俺は子供だったんだな。

懐かしいなぁ。
時は通り過ぎていくけど…。

俺は風呂敷を背中に羽織って。
空を跳ぶぞ~!!

時(とき)に合掌です。
涙を禁じ得ません。

くわぁ #CenICKp6 | URL | 2013/09/28 21:25 * edit *

寂しい話ですね。
真っすぐに生きて来た先生だったのでしょうね。

yoyo #- | URL | 2013/09/29 09:01 * edit *

色づく季節
心も感傷的になるよね
そして胃袋も元気な季節ですε-(;ーωーA フゥ…

みゆきん #- | URL | 2013/09/29 10:51 * edit *

こんばんは。

先生にはどんな思いがあったのか?
理想と現実の狭間。

みんなの思いに応えきれない現実に失望したのでしょうか?

僕でも死にたいと思う時はあります。
でも積極的な死は選ぶことはできません。

まして僕は、彼女の命のぶんまで生きなければなりません。

孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ | URL | 2013/09/29 18:19 * edit *

今年の夏自分の母方の祖母が死んでしまいました。
とても優しい祖母で小さい頃からよくかわいがってくれました。
入院していると前から聞いていたのに結局お見舞いはせず仕舞いでした。
自分に腹が立って腹が立って。
何度も何度も後悔しました。
あれだけかわいがってくれたのに・・・
自分はとんだ不孝者だと感じた瞬間でした。
未だに思い出しては後悔の連続です。

アイヌラックル #- | URL | 2013/09/29 20:30 * edit *

こんばんわ。急に涼しくなりましたがお体大丈夫ですか?寒くなると体調崩しやすいとお聞きしてまして、心配( ; ゜Д゜)でした。

白いチョーク、懐かしいというか、学生時代を思い出します。

私も嫌いな嫌味な先生にはチョーク投げつけたいと思いました。

これまた青春です。

~P.S~俊樹さんの詩集「天国の地図」 Amazonで買いました。

近くの書店探したけどなかなか見つからなくて…やっとゲットできました。
届くのが楽しみです。また読んだ感想をご紹介させていただいていいですか?

ストロベリーアンドラズベリー #LJDQkMaQ | URL | 2013/09/29 22:18 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/09/30 00:42 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/09/30 11:21 * edit *

こんばんは 俊樹さん
恩師が逝ってしまうのは
本当に心哀しく 淋しさが溢れますね。
ただ ただ あの頃大きい存在だった姿が
思い出されますね。
出会った「師」は自分にとって
一生涯の「師」ですものね。

イヴまま♡ #- | URL | 2013/09/30 23:20 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/09/30 23:22 * edit *

俊樹さん、こんにちは。

先生が逝ってしまったのは
ご病気か何かかと思って追記を読んだら…
悲しすぎますね。

優しい苦笑い。

心に焼きついて離れません。

癒詩人まゆり #- | URL | 2013/10/02 14:05 * edit *

俊樹さま

このお写真には 俊樹さまは 写っていますか?
写っていたら教えて頂けますか?(笑)

自殺には 私は近すぎて 苦しい想いも有りますが
従兄弟が 逝ってしまった時 首から上に 包帯が
巻かれていて 顔がありませんでした。
16階から 飛び降りたので…。
半狂乱になった叔母が そこにいました。

クロエ #Say0YaXE | URL | 2013/12/20 15:11 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/05/15 23:37 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/153-7a985956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)