04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

火災を乗り越えて、絶望からの再出発。 

蒲田火災

 今から26年前の1987年、わたしは火災により焼け出され住む所もなく路頭に迷っていた。僅か3万円の現金だけを持ち、頼る当てのないまま成り行き任せの上京から6年目の秋を迎えていた。
 当時わたしは、京浜東北線のJR蒲田駅から徒歩7分程度の所にある「コーポ英(はなぶさ)」と言う鉄筋5階建てのマンション301号室に住んでいた。
 大井町にある2万円の木造アパートから一気に7万円のマンションに移り、6年目の暮らしは0からスタートした時と比べれば大きく様変わりし、家財道具や衣装なども増えてそれなりのリッチな独身貴族を味わっていた。
 9月30日のその日も普段と変わらず、少し遅い朝を迎えていた。歩合制の仕事をしていたため、会社員のように時間に縛られる事もなく、請け負った仕事を納期までに収めれば事務所への出社時間などは自由に自分で決める事が出来た。
 朝のシャンプーを終え、軽い朝食を済ませ煙草を一服吸うとそのまま部屋を後にした。水道橋にある事務所に着いたのは昼少し過ぎた頃だった。仕事仲間と雑談を交わしながら時間はゆったりと過ぎて行った…。時計が午後4時に差し掛かろうとしていた時のこと。
 「神戸さん、お友達から電話ですよ」仕事中に電話など掛かって来た事がなかった為、「一体誰だろう…?」と疑問に思いながら電話口に出た。
 その第一声は俄かに信じ難い内容だった。「神戸さんの家が全焼だって…」。電話を掛けて来てくれたのは友人の「多津子ちゃん」だった。「わたしもこれからマンションに向かうから…」。受話器の向こうで嗚咽とも思える悲痛な彼女の声が半分泣き声に変わって行く様子に返す言葉も見失っていた。
 放心状態のまま蒲田方面行きの電車に飛び乗った。自分の身の上に起こった事を受け入れるには時間が余りにも足りなかった。
 火災現場を確認していない事もあり全てが憶測の域を出なかったのは確かであったが、気休めのような言葉は一切浮かんで来ず、頭の中では「全焼」の文字が浮かんでは消えて行くばかりであった。そして容赦なく襲いかかる絶望感と、火災で焼け出され被害に合った人たちへの補償問題が現実となって更にわたしを窮地へと追いやった。
 電車が蒲田駅に着く頃、西に傾いた夕陽で空が赤々と燃えているように見えた。駅を出ると火災がどれほど酷かったかを物語るように焦げ臭い空気が鼻をついた。
 急ぎ足でマンションへと向かう。焦げた臭い以外に街はいつもと変わらぬ佇まいを見せていたが、臭いが徐々に強くなって来るに従い、絶望感と不安は更に高まって行った。
 出火元がわたしの部屋だと友人から聞いていたので、建物全体が跡形も無く焼け落ちてしまっていたらと最悪の想定も頭に入れておいたが、それを考えた所で今の自分にはどうする事も出来ないと、半ば諦めの気持ちでいたのも事実だった。
 陽が落ちて辺りはすっかり暗闇に包まれていた。あの角を曲げればマンションが見える…、胸の鼓動が緊張感で激しく踊り狂っていた。そして自分の目の前に飛び込んで来た光景に思わず我を忘れて胸を撫で下ろした。
 暗がりの中にマンションは朝と同じ佇まいを見せていた。一体この建物の何処で火災があったのか?と首を傾げるほどに静けさを漂わせ白いマンションは立っていた。その中で激しく燃えたであろうと思わせる箇所があった。
 わたしの部屋の窓の所だけが真っ黒く煤けており、明らかに出火元がそこであると主張しているようにも見えた。3階に行くと消防士が二人出迎えてくれた。そして火災の状況と消火作業などについて詳しく説明をしてくれたが、この消防士の対応に思わず涙が溢れて来てしまった。
 消防士が優しかったのは言うまでもないが、火災と言う人生に於いてあってはならない、出来るものなら絶対避けて通りたい災難に不遇にも出会ってしまった時、人はその全てを奪い尽くす炎の前で成すすべもなく泣き崩れるだけだろう。
 消防士は炎を消すのが仕事であるが、火災に遇った本人のダメージを出来る限り最小限に抑えることまでも引き受けている。消火作業にあたっては、水を使わず白い粉の消火剤で鎮火させた事は、家電製品などを出来るだけ現存させて置こうと言う気配りが、絶望の淵にある本人への希望を僅かでも残してあげたいと言う愛情と受け取れたからである。
 部屋の異常にいち早く気付き通報したのは隣人であった。普段全く顔を合わす事もなく挨拶さえ交わした事もなかったが、この時は他人の有り難さを痛感した。火災により部屋の温度が上昇し、おそらく100℃は軽く超えていたものと思われる。
 部屋の分厚い鉄のドアは熱で斜めに歪み、部屋全体は墨を塗りつぶしたように真っ黒く焦げていた。キンチョールの缶が破裂したのか天井の壁に思い切り突き刺さっており、中々取る事が出来なかった。
 その日は友人宅に泊めて貰い、次の日に蒲田警察署に出向いたのだが、そこで待っていた刑事課のデカ長は優しい消防士とは全く逆で、野太い声で思い切り怒られてしまった。
 それも当然の事であるが、出火原因は掴めていなかった。デカ長の話しでは消防車が10台も駆け付け一時騒然となりヘリコプターまで飛んだようだ。
 焼け出され、住む所もなく難民状態になったわたしに日本赤十字社(↑上の画像)から毛布が一枚届いたのは火災から数日経ってからだった。わたしの全財産はその日持っていた現金2万円と着ていた服、そしてアイワのウォークマンだけになってしまった。
 火災に遭って困っている人を援助する機関や手当など行政の取り組みなどを調べてみたが、徒労に終わってしまった。そしてその時に最も力になって支えてくれたのは友人たちだった。普段から付き合いのある仲の良い友人であったが、常に笑顔を絶やさず励まし続けてくれた友人たちには足を向けて眠ることなど出来ないほどお世話になった。
 火災に遭うのはこれで2度目…、上京して一年ほど経った頃、藤枝の実家が全焼している。この時はさほどショックを受けなかったが、幼い頃の思い出が炎とともに消えてしまったと少し感傷的になった程度であった。
 人生に於いて2度も火災に遭う不運…強運と言われ続けて来たわたしの運は不遇の時代によって培われて来たものなのかも知れない。そして蒲田の火災の後、ストレスが原因で持病の心臓病が悪化し、その半年後に余命一年の宣告を受けるに至ったのである。

関連記事

テーマ: 暮らし・生活

ジャンル: ライフ

[edit]

« アンパンマンからの贈り物。  |  白いチョーク(未刊詩集より抜粋)追記あり。 »

コメント

壮絶人生だね
結局、火災の原因は判らないまま?
けど底から立ち直った俊樹さん
まだまだ、生きてやらなきゃならない事があるのよ
必死になつて生きていこうね
今日から10月
今年も残り少ないね
私には雪かきが待っている
(ヘ;_ _)ヘ ガクッ

みゆきん #- | URL | 2013/10/01 12:04 * edit *

火事は恐ろしいですね。
人との繋がりがいかに人の心を支えるかが伝わってきました。

ネリム #oM6tt0T6 | URL | 2013/10/01 16:40 * edit *

なんと俊樹さんにばかり壮絶な出来事が襲ってくるのでしょうか。

それでも、懸命に生きていた俊樹さんに頭が下がります。

自分ならどうなっているか、、。

おこちゃんちゃん #- | URL | 2013/10/01 17:43 * edit *

人生には色んなドラマがありますよね。。
でも、、生きていられてこそのドラマだと思います。
病気になった時や、辛くて悲しい時ほど
友人や仲間・家族などの優しさが身にしみます!!

マムチ #- | URL | 2013/10/01 17:52 * edit *

すごい人生を送られているんですね……。
病気の方は大丈夫でしょうか……。
私はここで、こんな頼りない心配をするだけで、何も出来ませんが……。

なんというか、何の役にも立ちませんが、ここにも一匹俊樹さんを心配し、尊敬し、応援しているものがいるということをお見知りおきくださいませ。

たおる #- | URL | 2013/10/01 19:02 * edit *

大変でしたね・・・

「大変だった」とひと言で片付けれないほどの経験ですね・・・。

よく乗り越えて来たと、私の方が俊樹様に頭が上がりません・・・

私は交通事故を起こしそうになっただけで、胃潰瘍になった事があります。

何て弱いメンタルしてるんでしょう・・・^^;

にゃんこちゃんが可愛いですね^^

赤十字から貸与の毛布も、こちらのにゃんこちゃんに奪われ(?)・・・うう・・・

俊樹様・・・

これからは素晴しい人生ばかりですよ^^絶対そうです^^

rukira #- | URL | 2013/10/01 20:04 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/01 22:05 * edit *

私など健康だけがとりえみたいなもので、単純に頑張てくださいとか言うのもおこがましいのですが、それでも俊樹さんの紡ぐ言葉のひとつひとつ、そして行間に垣間見れる生きることへの執着と素晴らしさを感じます。だからこれからも沢山の言葉を、たくさんの人に綴ってください。いつも楽しみに拝見しておりますから、頑張ってください。

MIROKU #- | URL | 2013/10/01 23:25 * edit *

いっきに我を我を忘れて読んでしまいました。

ご友人からの電話から俊樹さんの
ご自宅へ向かわれる帰路の間の心情・・・
ほんとうに、自分ならどうしただろうか?と
思いながら何も出来ず道を進むしか・・・いや足がすくむであろう。
と思いました。

火災は自分の住む場所や全部・・そして思い出が無くなるのが
辛いのに、ご近所さんに迷惑をかけたくないとまず思われたのが
本当に凄いです。
2度も経験されたなんて・・・

苦労を一緒に乗り越えてきた仲間は
永遠に切れない絆で結ばれていますね。

yume-mi #- | URL | 2013/10/02 00:53 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/02 03:05 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/02 03:08 * edit *

火災原因は朝のタバコ?

ごめん!
そっちの方に興味が行ってしまいました。
というのも20年前に店の二階の倉庫から出火したんです。

そのときは漏電であることが判明しました。
交渉がヘタクソだったので保険金が少なかったです(笑)

孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ | URL | 2013/10/02 05:27 * edit *

俊樹さん、お返事ありがとうございます。
もうご存知かもしれませんが、私は13年前に犬が背中に落ちて来るという事故に合い、脊髄を損傷しました。その時俊樹さんが心臓の手術を受けた後に感じたような、世の中からの疎外感を私も感じました。テレビをつけるといつもと変わらないニュース番組や笑い声が聞こえる中、これから自分がどうなっていくのか想像もつかない孤立した気持ちになりました。いままでやってこれたのは、妻の支えとその時々にあった人の優しさのおかげかもしれません。
俊樹さんもまさに壮絶な人生を送られていますね。お母様との別れのことなども読ませていただきました。全く焼けずに残った原稿、きっと人の目に触れるべくして残ったものだと思います。ぜひ私も読んでみたいと思います。
また伺わせていただきます。お心遣いありがとうございます。

yoyo #- | URL | 2013/10/02 05:59 * edit *

拍手欄にコメントありがとうございます。

俊樹様は、命に関わる危機を乗り越えて来られているんですね・・・
自分の身に起こる絶望感・・・他の方なら耐えれないかも知れませんね・・・
3度も経験してると読んで心が苦しくなりました。涙が出てしまいましたよ・・・朝から・・・
誰もがあまり経験する事の無い事を俊樹様は これまでして来ているのですね・・・
だから、こんなにも優しい誌が書けるのですね?
ますます俊樹様のファンになりました。
そう、幸運の女神様は俊樹様の傍に常にいらっしゃるのでしょうね?
強運の持ち主の方だと私も思いますよ^^
脳梗塞・・・恐ろしい病気ですね・・・どうかどうか、これからもお身体大事になさってください。
うちの子も生後間も無く右脳を損傷してますので、左半身に麻痺が残ってます^^
産まれて今日まで、ずっと訓練頑張ってます^^

rukira #- | URL | 2013/10/02 07:09 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/02 11:04 * edit *

今となっては全てが

その人に与えられた試練という気がしてしまいます。

小学校の時の我が家の火事、消化しようとして屋根に上った父親が落下して入院と色々なコトがありましたが、それでも「人間生きていれば何とかなるものなのだ」と思える様になりました。

何で出火したにせよ、部屋に居て、火災に巻き込まれなかっただけ良かったですね。

koyuri #- | URL | 2013/10/02 18:21 * edit *

火災は恐ろしい。
財産も、思い出も何もかも奪い去って行く。

それでも立ち上がっていく俊樹さん、すごいです。

ミタ子 #- | URL | 2013/10/03 00:30 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/03 01:04 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/03 08:10 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/04 01:19 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/10/04 09:55 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/10/12 22:17 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/154-d20bb82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)