ビーチサイドの人魚姫

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

腎不全定食は如何ですか?

腎臓食

 わたしは入院する毎に病院で出された食事をカメラに収めておく。記念撮影などと悠長な事は言ってられないが、朝、昼、夕と毎日のメニューを撮影し、退院してからの食事管理に役立てようと思っているからだ。
 心不全入院した場合の治療方法はほぼ決まっているものの、担当医によってその治療方針は若干異なって来る。わたしのように年に何度も入院を繰り返す患者の場合は、前回入院時のカルテを参考にして更に一歩踏み込んだ治療方法を模索する。
 基本的には点滴を打ちながらの絶食がお決まりコースで、心臓への負担を出来るだけ軽くする為の処置。これに加えてラシックス(利尿剤)を投与。これは増え過ぎた体重を減らし身体の浮腫を取る為であるが、余り大量に使うと腎臓に負担を掛けてしまうので、血液検査をしながら慎重に行われる。
 そして最も重要なポイントが食事療法。心臓食の場合、一日の摂取カロリーは1600~1800Kcal迄とし、塩分は一日6g、それに加えて水分もかなり制限があり、入院初日~一週間は一日500ミリリットルと非常に厳しいものになる。
 絶対安静と絶食、そして食事療法によって一週間も経てば体重は4~5キロ落ち、心臓もかなり楽になり、呼吸もスムーズに出来るようになるから身体の状態によっては酸素吸入も外せるようになる。
 絶食をする理由は心臓への負荷を減らす為であるが、食べ物が胃に入ると身体の血液が一気に胃に集中しその為に心臓が普段の倍近い働きをしなくてはならない。食事=心臓への負担が増える…と言う事になる訳で、更に胃が膨張すると心臓を圧迫して呼吸困難になってしまうため、食事の量も出来る限り抑えなくてはならない。
 脳梗塞で右半身が完全麻痺し、救急搬送された1月、その時の食事は「心臓食1800Kcalであった。心不全を併発している訳ではなかったので、脳梗塞の状態(これと言った治療はなかった)が、安定した事を確認(後遺症は全くなし)し、10日ほどで退院出来たのだが、その一ヶ月後に心不全救急搬送
 心不全を起こした原因が前回入院時の担当医が新たな心不全の薬を経過もそこそこに投与した為、その副作用によるものであった。その問題の薬(メインテート)を中止して、脳梗塞以前に服用していた薬に一旦戻し、いつもの絶食と食事療法で体重を戻した後に約一ヶ月の入院期間を経て退院となったが、食事内容に若干の変化があった。前回1800Kcalだったものが、1600へと僅かに減量されていた。
 そしてその約2ヶ月後の4月末にまたもや心不全救急搬送となる。3回目の入院で大きく変化したのが食事内容であった。食事が出された時、何かの間違いではないかと思い、看護師に思わず詰め寄ってしまったのだが、それは担当医の指示によるものであった。
 腎不全食…と書かれた紙を眼にし、ため息を付いてしまった。心臓食でもかなり厳しい制限があるにも関わらず、今度は更にその上を行く腎臓食である。確かに腎臓も健康な人と比べればかなり機能も落ちて弱って来てはいるが、とうとう食事にまでそれが及んでしまったかとがっくり肩を落とす羽目になってしまった。
 腎臓食は12歳の時に入院した藤枝の志太病院小児科病棟以来であった。摂取カロリー1500、最も厄介なのは蛋白質の厳しい制限である。一日40グラムと言われて、それ以来買い物する度にタンパク質の含有量を気にしている。
 独身男性が自宅で病院食とほぼ同じメニューを作るのは極めて難しい。撮影した病院食を参考にしながら出来るだけそれに近い物をと思っているが、中々思い通りには行かない。つい「腎不全定食がコンビニで売ってないかな(宅配は高い)…」と愚痴を零したくなるのである。
 退院する時に冗談で「病院食の宅配とかやってくれると助かるのにねぇ…」と、栄養士に話を振ってみたが、「採算が合わないよね」とあっけない幕切れだった。
 さて、今回、体重増加による心不全の症状が出た為、ブログを暫く休止し、皆さ様方には大変ご心配をお掛けし申し訳なく思っておりますが、入院時の環境を自宅で再現出来る筈もなく、無謀とも思える自力療法で増えてしまった体重を約5キロ落とし短期間でブログ復活となった訳でありますが、医師の指示に逆らうようなわたしの真似は皆さん絶対にしないで下さい。
 自力で回復出来たその背景には長年の闘病生活の中で培って来た、これは主治医にも分からない病気である本人にしか理解出来ない闘病マニュアルがあるからであり、そのノウハウは先進医療や優れた薬剤をも凌ぐ生きる為のバイブルとも言えますが、難点は自分にしか通用しないと言う事です。が、然し、そのエネルギーの源は、人との触れ合いの中で育まれ、成長して行く事だろうと思います。
 所詮、人間は一人では生きられない、ならばお互いに助け合って笑顔を絶やさず前向きに明日を信じて歩いて行こうではありませんか。これからもビーチサイドの人魚姫と神戸俊樹をよろしくお願い致します。

関連記事
コメント
こんばんは。
遅い時間にすみません。

絶食というのは、辛いですよね・・
私は料理が好きなので、食については詳しく勉強したいなって思うこともあります。
体に負担がかからず、尚、なるべく簡単に出来るメニューがあればいいですよね。

お写真の中に、スコッチエッグがありますね。
油で揚げずに、電子レンジで揚げたり・・カロリーも低くなるように工夫されているのかも
しれませんね。
たまにスコッチエッグは作りますが、難しくはないのですが、時間がかかるので、
ご病気だったり、男性が作るのには大変だと思います。
2013/10/25(金) 01:46 | URL | 結依 #-[ 編集]
入院生活本当に大変だったと思います。
私は入院はしたことがないのですが
何故か肝臓を何度かやられました。(;^-^)
お酒も飲まないのに、注射を毎日していました。

食事内容を見ても、ひき肉はカロリーがあるから
卵でかさましかな?
お野菜などでお腹を満腹に持っていくという感じをうけました。

水分もやはり負担をかけるから、摂取も控えなきゃならないし
塩分も・・・
そう思うと家に帰るとなかなか管理ができないですよね。

でもこうして撮影されて多くの方にも勇気を下さったと思います。
先生にはわかられない、ご自分での体への労わりや治しや
無理するところ・なども長年の積み上げた経験でわかられるのですね。

ほんと、お帰りなさい!^-^
2013/10/25(金) 01:47 | URL | yume-mi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/25(金) 07:17 | | #[ 編集]
私も何度か大きな病気で入院を経験してます
入院するたびにダイエットになるよね

今は・・・・・(6 ̄  ̄)ポリポリ
2013/10/25(金) 13:21 | URL | みゆきん #-[ 編集]
ご飯が食べられないなんて・・・。
本当に辛いですよね。
胃が痛くて食べられないとかなら平気なんでしょうけど。。。
(私は時々そういった症状が出る人間です)

食べれるのに食べてはいけないというのは本当にキツイですね。
普段の生活でも常に食事に気を遣わなくていけないというのも難しいですよね。

でも長年病気に付き合ってこられると対処にも慣れられるんですね。
ちゃんとこうしたら・・・って付き合い方を考えておられるのがすごいです。
私も一か月に一回くらい立ち上がれないような症状を起こす事があるんですが、ただ寝るしか対処がわかってません(汗)

検査をしても原因不明で(汗)
でも最近はかなり減っていてほっとしています。

ご無理はなさらないようにしてください。
これからもずっと応援しています!



2013/10/25(金) 17:43 | URL | ぐりーんすぷらうと #-[ 編集]
もチョットねぇ~
こんばんは

入院生活って大変ですよね
僕が入院したのって
中学生だった頃
虫垂炎の手術した時くらいなものです
後は家族の付き添いばかりですねぇ
僕にはプライバシーのないような
大部屋生活は絶対ムリですから
大病はできません

それにしても
病院食が美味しそうに見えないのは
その器にも問題アリだと思うんですよね
タダでさえ品数やカロリーや味付けが
抑えられているんですから
せめて食器くらいは
高級産婦人科並みの
見た目も鮮やかな物を
使って貰いたいですよね
あの食器の色見てたら
益々食欲も失せます
と同時に僕なら
我が身に降りかかった
不幸をこれでもか!と思い知らされて
悲観して神経症になってしまいそう

いくら壊れにくく
使い回しが利くと言っても
患者の気持ちに思い至るなら
せめてもう少しあの無機質さから
解放してあげて!と
病院協会(んなものあるんでしょうか?)に
訴えます!

だからめげずにいて下さいネ
ガンバ!o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)oガンバ!

2013/10/25(金) 19:37 | URL | まっとし #G3xv5MFg[ 編集]
ご回復を
ご回復を心よりお祈り申し上げます。
2013/10/25(金) 19:46 | URL | アハウ #amS06Jd.[ 編集]
こんばんわ、ネリムです
食事制限辛いですね。
いかに健康が良いかを実感します。

人は人が支えあって
生きてるんだなと思います。
2013/10/25(金) 20:18 | URL | ネリム #oM6tt0T6[ 編集]
我が家も主人の母が
退院してから、ヘルシーな料理を作るのが大変なので、今週の初めに頼んで義母の分だけ、来週から生協の夕食を宅配して貰うコトになりました。
2013/10/25(金) 21:53 | URL | koyuri #-[ 編集]
自分と向き合うときというのは孤独だと思いますが、最後まで挫けないようエネルギーの源の一分にでもなれたら嬉しいです。
怒らず笑顔でいられるよう、いつも仏の真髄の祈りで見守っていることを忘れないで下さいね。
生命は永遠です。
2013/10/26(土) 00:17 | URL | マグナムやまと #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/26(土) 01:14 | | #[ 編集]
食事療法の大切さ改めて感じました。塩分一日6gってほとんど味のない状態ですよね…それを自宅で守るのはかなり大変なことでしょう…
何度も入退院を繰り返しておられる俊樹さんなので、病院側もその辺は安心して任せられるのでしょうね。
それにしても食べたいものが食べられないのは本当に辛い事だと思います(>_<)
写真を拝見すると、スコッチエッグは美味しそうですね。

頑張ってくださいね。
2013/10/26(土) 07:16 | URL | きり #-[ 編集]
お帰りなさい~^^
健康管理はとても大変な事ですが、長年病気と付き合っているとの事。

私もずっと応援しています^^
2013/10/26(土) 08:36 | URL | rukira #-[ 編集]
やっぱり塩っけないのよね
普段から気をつけなくっちゃ
だけど何度、見ても・・・可愛そうな給食
(*--)ヾ( ̄▽ ̄*) ナデナデ
2013/10/26(土) 15:07 | URL | みゆきん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/27(日) 01:07 | | #[ 編集]
病院食
こんにちは。。。

病院食ですが、不味いですよね~
見た目だけじゃないですよ。

我が施設は、ショートステイと
グループホームが、隣り合わせですが、
食事提供者が、其々違います。

私は、グループホーム側ですが
たまに、業者で造っている、隣の食事を拝見すると、

観るだけで、不味い事がわかりますね~
言っちゃ悪いが、同じ材料でも

何味に違いが出るのかは
作り手の、心の違いかも知れませんね~

豆腐の味噌汁でも
味に違いが出るのは不思議です!
2013/10/27(日) 08:43 | URL | yoshi ➳ 俊樹さま #VQthIQkI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/27(日) 16:04 | | #[ 編集]
確かに病院食を自宅で再現は大変でしょうね。
以前、病院の厨房で仕事したことがありますけど
見た目では分からない工夫があったりします。

食塩ではなくカリウム添加の塩にしたり、塩分を
少なくても味がつくように酢を使ってみたりとか。

薄味に慣れるのが一番とはいえ、薄すぎても味
気ないですもんね。宅配をたまに使ってみたりと
言うのも手ではありますがコスト高いし。でも自
分で買い物に行って諸々しなくていいので楽っ
て言う人もいますけど実際どうなんだろうなぁ。

高齢の叔母はとても重宝してるって話してたけ
ども、みんなに重宝とは限らないですもんね。

なにはともあれお大事にされてくださいね。
2013/10/27(日) 21:22 | URL | 藍音ななを #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/28(月) 00:58 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/28(月) 06:19 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/28(月) 16:23 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/29(火) 01:27 | | #[ 編集]
こんにちわ~

入院するだけでも、大変なのに・・
絶食しなくてはいけないのは悲しいですよね><
私もなるべく塩分の取り過ぎには注意しようと思っていても
なかなか理想の食事を作る事ができません。。

私もまたLIVEをやりたいから
右腕の浮腫を治さないとなぁぁ。。
お互いに頑張りましょうね^^v
2013/10/29(火) 15:18 | URL | マムチ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/29(火) 20:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/30(水) 17:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/30(水) 19:34 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

俊樹

Author:俊樹
本名/神戸俊樹
静岡県藤枝市出身。
19歳の時に受けた心臓手術を切っ掛けに詩を書き始める。
2005年3月詩集天国の地図を文芸社より出版、全国デビューを果たす。
うつ病回復をきっかけに詩の創作を再開800篇を超える作品が出来上がっている。
長編小説「届かなかった僕の歌」三部作を現在執筆中。
父をモデルとした小説「網走番外地」執筆開始。
東京都在住。
血液型O型/星座/山羊座
七草粥の日に産まれる。
2013年より大衆文藝雑誌ムジカにて創作活動中。
詩集・天国の地図 電子書籍化 
ダウンロード販売中!

ムジカ04号絶賛発売中!
お求めは… 池袋リブロ、青山リブロ、吉祥寺リブロ、新宿紀伊國屋、池袋ジュンク堂、渋谷丸善・ジュンク堂、吉祥寺ジュンク堂、神田三省堂、神田書泉グランデ、横浜有隣堂東口店、浦和パルコ五階紀伊國屋、他各書店、大衆文藝ムジカ編集部
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
応援よろしくお願いします。
ブログ村は相変わらずポイントが全く反映されない為、中止致します。
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
おきてがみ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ