04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

ひとめぼれ30キロの思い遣り。 

ひとめぼれ

 静岡市在住の息子、勇樹から届いた年賀状に米を送ると書いてあったので、おそらく誕生日プレゼントの事だろうと思っていた。米がプレゼントと言うのも何だか色気のない話しであるが、人間、食わなければ生きて行けないと言う意味では最上の贈り物かも知れない。
 7日の誕生日に届くものだとばかり思っていると、5日の夜に宅配業者から電話が掛かって来た。「もしもし、かんべさんですか?これからお荷物お届けに伺いたいのですがよろしいでしょうか?」。数分後、ドアのチャイムが鳴った。
 ドアを開けるとヤマト運輸の若いお兄さんが「ハァハァ」と息を切らしながら大きな袋のような物を抱えて立っていた。
 「はい、お届け物です、ここに置いちゃっていいですか?」
 「あ、はい、どうもご苦労様…」
 年賀状には何キロ送るとまでは書いてなかったので、せいぜい5キロか10キロだと思っていた。それ以上の米は貰った事がなく、昨年の夏頃だったか養護学校時代の仲良しだった女性から5キロ届いた事があった。
 大きな袋に一体どれだけの米が入っているのか見当も付かず、兎に角重たいので玄関に置いたまま動かす事もままならなかった。早速、息子にメールを入れるとすぐさま電話が掛かって来た。
 「おーい、米ありがとう、一体これ何キロなんだ?」
 「父さん、それ30キロだよ!」
 「えーっ、30キロ!!、宅配の兄さんがゼェゼェ息きらしてたぞー」
 米の話しで盛り上がり、二人で大笑いした。息子の大きな笑い声を聞くのも久しぶりである。昨年は脳梗塞や心不全で心配ばかり掛けてしまい、息子の顔から笑顔がすっかり消えてしまっていた。
 「5キロ10キロは当たり前だから、30キロにしてみた」
 青森県十和田市から送られて来た「ひとめぼれ」30キロ…、予想を見事に打ち砕くその30キロ、これが本当の「重い遣り」ではないだろうか(*゚▽゚*)。

※息子の勇樹は最初の結婚で授かった子であるが、彼が2歳になる少し前に私は静岡の地を離れ上京。その後、長い期間に渡り息子と会う機会もなく、自分も静岡での事は全て忘れ東京で新たな人生を歩んでいた。所が、2008年7月1日、一通のメールが私の元に届いた。
 その内容を見て思わず全身に鳥肌が立った…。「神戸俊樹様こんにちは。私は、鈴木勇樹と言う者です。突然のメールで失礼致します。もし、人違いでしたら済みません。私は現在、父親を探しています。名前は『神戸俊樹』です。今日、戸籍謄本を取り、私自身初めて父親の名前を知りました。【父】の欄には『神戸俊樹』と記載されていました…。
 息子は私の名前をネットで検索し、『天国の地図』のHPを見つけ、そこに記されている私のプロフィールから、自分の記憶に留めている父に対する3つのキーワード「印刷会社」「昭和53年結婚」「昭和55年離婚」を手掛かりにして、矢も盾も止まらずメールを送付して来たのである。
 そして同年8月30日、父と子は27年振りの再開を果たしたのであった。もし、私が「詩集・天国の地図」を出版していなかったら、おそらくいまだに父と子の再開は果たされぬままであるだろう。一冊の詩集が子を呼び寄せ、そして父の声が息子の元に届いたのである。
 自分の父親が詩人である事を知った息子はそれに大きく感化され、自らも詩を書くようになった。蛙の子は蛙…やはり同じ血が流れているように思う。大衆文藝ムジカ創刊準備号には親子で作品と名前が仲良く掲載されている。


関連記事

テーマ: おうちごはん

ジャンル: グルメ

タグ: ひとめぼれ  年賀状  誕生日  プレゼント  贈り物  お届け物  宅配 

[edit]

« リンゴ(吉田拓郎・カバー)。  |  裸足の少女(鎮魂歌)。 »

コメント

一位Σ(゚д゚;)ヌオォ!?

シュークリーム #- | URL | 2014/03/23 00:20 * edit *

・・・にしても
30kgとは何という心意気なりかΣ(゚д゚;) ヌオォ!?
あ・・・重い遣りなりね(/ω\*) イヤン♡

シュークリーム #- | URL | 2014/03/23 00:23 * edit *

>「5キロ10キロは当たり前だから、30キロにしてみた」
 >青森県十和田市から送られて来た「ひとめぼれ」30キロ…、
>これが本当の「重い遣り」ではないだろうか。
素敵な息子さんですね!
それにしても
壮絶な人生を歩んでるんですね!
けして変な意味ではありませんよ
誤解しないでください。
私なら、押しつぶされてるな!
とても、真似できません。

小判鮫のコバンちゃん #- | URL | 2014/03/23 00:59 * edit *

息子様の思いやり・・・・心がうたれました。
お子様はやはり、自分の親と会いたいのです。

それは見つかるまであきらめられない
知り合いの方も探していますが、いまだに会えないまま
そしてすでに亡くなられていました。

息子さんの熱い思いがそして俊樹さんの1冊の本が
お二人を引き合わせてくださったんですね。


読んでいても背中がざわざわしました。

今日の文章は特に父親のお顔が見えた俊樹さんでした^^
重いお米の中にたくさんの想いが詰まっていますね^^

yume-mi #mQop/nM. | URL | 2014/03/23 02:21 * edit *

素敵なお話ですね^^

rukira #- | URL | 2014/03/23 02:49 * edit *

おはようございますv-22

感動して、鳥肌が立ってしまいました・・
俊樹さんの言霊が呼び寄せた運命なのでしょうか。
そして、親子の絆というものを深く感じずにはいられません。

贈られたお米に籠められた想い・・
これ以上もない息子さんの優しさですね。

結依 #- | URL | 2014/03/23 08:48 * edit *

こんにちは。

お米三十キロ…まさしく「重い遣り」ですね。
配達のお兄さんも、ご苦労様でした(苦笑)

長い長い途絶の時を経ての、ご子息との再会。
とても偶然とは思えません。
「めぐりあい」でしょうか。
人と人は、どれだけ遠く離れていても、どこかで繋がっているのだと感じさせられました。

野津征亨 #- | URL | 2014/03/23 09:27 * edit *

おはようございます。
素敵なお話です。息子さんと会えて良かったですね。

ネリム #oM6tt0T6 | URL | 2014/03/23 09:33 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/23 12:57 * edit *

ど感動で泣いちゃった
.・゜゜・⊂((〃/⊥\.〃))⊃・゜゜・.ウワーン!!

みゆきん #- | URL | 2014/03/23 13:28 * edit *

地図

重い遣り!笑ってしまいました☆
宅配便のお兄さんもさぞかし重かったでしょう。
30キロ+想い...これは重いっ!!(笑)

『天国の地図』は人と人を導いてくれる道筋が記されている
凄い地図だったのですね(*^^*)

そういえば、4月15日に『ムジカ創刊号』発行ですね♪

冷奴 #WtOWNtRI | URL | 2014/03/23 15:11 * edit *

ドラマ

こんにちは。

いい息子さんですね。
詩集がきっかけで息子さんと再会できるとは・・・、
まさにドラマですね。
大事にしてあげて下さい。

それにしても、深呼吸する猫の画像・・・、癒されます(笑)

ソウルマン #q5Hdi0II | URL | 2014/03/23 17:40 * edit *

おもいやり

愛がたくさんつまったお米、最高の贈り物ですね♪
息子さんの行動に感動して、心が温まりました(≧∇≦*)

「おもいやり」大好きな言葉です(((o(*゚▽゚*)o)))






双子パンダ #- | URL | 2014/03/23 18:31 * edit *

こんばんは。
息子さんとの再会は、素晴らしい引き合わせですね。
こんなお話を聞くと、目には見えない「縁」や「因果」などの言葉に、
何かしらの力を感じてしまいます。
素敵なお話をありがとうございます。

蘇芳 #- | URL | 2014/03/23 22:16 * edit *

なるべく冷所保存して

美味しく食べて下さい。

我が家も、この時期に農家の方から秋の取れ時期の後、二度目のお米を買い入れます。

今年は、子供達のお祝い返しに何軒も30キロのお米を送ってます。

もう何度も色々なお返ししていると、何を返すのが良いか難しくなって来たので、「新潟コシヒカリ」なら、大丈夫だと思って。

koyuri #- | URL | 2014/03/23 22:32 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/23 22:49 * edit *

血は水よりも濃いのですよね。

息子さんを産み育ててくださった、最初の奥様に先ず感謝ですね。
でなければ、息子さんとの再開もなかったわけですから。

米30kg,一俵、食べごたえある、思いやりですね。

ミタ子 #- | URL | 2014/03/24 00:07 * edit *

こんにちは

天国の地図には、赤い道しるべが引いてあったのかな
(*^^*)
そうやって重って、いや思ってくれる身内がいるって、心安らぎますね

30kgは食べごたえありますね
私も毎年、以前勤めてた社長さんが、自分の田んぼで取れた(作るのは頼んで)お米を30kg送ってくれます
精米してないので、3回に分けて米つきに行きますが、10kgでも結構重いです
宅急便のお兄さんは、軽々持ってきますよ
田舎と都会の差かしらね
(*≧艸≦)

いそべえ #6moyDOY6 | URL | 2014/03/24 14:12 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/24 16:33 * edit *

感動して胸がいっぱいです。
父子の縁。。。
とても深いのですね。
俊樹さん、いっぱい食べてくださいね!

蛙の子は蛙。
息子さん、詩だけでなく、歌もお上手なのでは?と思いました(^^)♪

hisa #- | URL | 2014/03/24 19:19 * edit *

俊樹さん こんばんは(*^_^*)
そんな事実があったなんて~_~;
でも再会できて 本当よかったですね〜 父親として したかったこともあったのでしょうね。 私の場合は 離婚後 娘2人と歩いてきましたが 元旦那はどう思ってるのか よくわかりませんね(^^;; たまーに 交流はありますけどね
こども達にとっては 父親なんですよね〜

たまえ #- | URL | 2014/03/24 21:09 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/25 01:55 * edit *

ご無沙汰しております。

誕生日に米を30Kg!?Σ

な、なんと斬新なプレゼント!

じ、じゃあ私は肉を30Kg・・・(以下略)

赤鈴 #- | URL | 2014/03/25 02:15 * edit *

日本は離婚すること=子供と縁を切る。という考え方ですからね。
国によって考え方も色々です。息子さんと再会できて良かったですね。^-^

yoyo #- | URL | 2014/03/25 06:42 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/25 14:25 * edit *

こんばんは。

あたたかな涙がこぼれ落ちそうになりました。

きっとご子息はその後27年の、
俊樹さんの生き方を9割は肯定なさったのでしょう。
そのことにとても感動したのです。

30kの「ひとめぼれ」。
私はとうてい持ち上げる力はもうありません。

俊樹さんにとっては、それ以上にずっしりくる贈りものだったでしょうね。

NANTEI #8g7ZE2Jk | URL | 2014/03/25 19:52 * edit *

俊樹さん、お子さんがいらっしゃったんですね~
30キロのお米だなんて、笑っちゃいます。
良い親子関係が築けて良かったですね。
なんだかホッとしました。

nobuko #K.b24Jj6 | URL | 2014/03/25 22:25 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/26 01:25 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/26 16:03 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/27 01:04 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/27 13:35 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/27 13:47 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/03/28 01:39 * edit *

なんてお優しい息子さんでしょう。
やはり俊樹さんの血をひかれているのですね
と思うと同時に、元奥様をはじめとする息子さんに関わった方がみなさん、心温かな、素晴らしい方達だったのだなあと思いました。
感謝、感謝ですね、俊樹さん。
この記事を読んでから、わたしはずっと、ホカホカと暖かい気持ちが続いていますよ。
ありがとうございます。

あ、そうだ、
153cm、43kgのチビ助ですが、
農家の娘のわたし、30キロの米、抱えられるんですよ。(≧∇≦)
あれね、コツがあるんです。えっへん

その後、お体の調子はどうですか?
ご無理をなさいませんように

Lily姫 #- | URL | 2014/04/01 23:28 * edit *

何度読んでも…。

胸が熱くなって。。

あたしも、生きててよかった。
生きるってすんごい事なんだと。
あらためて感動しています。

見えない愛と思いのつながり。

教えてくださってありがとうございましたi-185

maguunyo #- | URL | 2014/04/06 21:31 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/178-20abfc1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)