04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

薬だけに頼らない生き方を学ぶ。 

服用

 先日、三井記念病院に依頼しておいた『診断書』が手元に届いたのであるが、傷病名が6つも付いていたので我ながら唖然としてしまった。自分の病歴を振り返ってみて小学生の頃、祖母に言われた言葉を懐かしく思い出した。
  「俊樹は身体に爆弾を抱えているのだから、絶対に無理をしてはだめだよ」。その爆弾がいつ爆発するかも知れないと言う『恐怖』を常に抱きながら、蓮華寺池のマラソン大会に出て最後まで走り切った時、池の水面を走る風を見詰めながら「このまま死んでもいい―」と、地面に蹲ってしまった事など、思い返せば『死の淵』を幾度となく経験しつつも、こうしていまだに生き永らえている。
 そうやって気付くといつの間にか『僧帽弁置換術後』『心房細動』『三尖弁閉鎖不全症』『収縮性心膜炎』『虚血性心臓病(冠動脈ステント留置後)』『糸球体腎炎』と病気は増える一方だった。
 病気が一つ増える度にそれに比例して増えていくたち。この多くのによってわたしの命は繋ぎ止められているのは確かだけれども、だけに頼っていては『Quality of Life』は得られない。
  病気は治らないかも知れないが、今の自分に出来る事は限られてはいないという事。患者と医者は持ちつ持たれつの関係であり、自分の病気の症例が将来の医学に少なからず貢献している筈だというプラス思考で捉えてみれば、人生に於いて無駄な病気は一つもないという結論に到達するのである。
  わたしは心臓病のお陰で『詩』に出会い、そして詩が書けるようになった。天国の地図の冒頭を飾っている『手術台に上がれば』は、まさにその記念すべき作品でもあるわけで、病気によって失ったものは数多くあるけれど、神様はその代償としてわたしに『詩』を与えてくれたのである。

関連記事

テーマ: 病気と付き合いながらの生活

ジャンル: 心と身体

タグ: 診断書    病歴  心臓病  心房細動  腎炎  ステント  病気 

[edit]

« モナリザの悲しみ。  |  懺悔の雨。 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/07 15:13 * edit *

その薬の量だけでお腹が一杯になりそうだわ
薬代だけでも月のお値段がΣ( ̄[] ̄;)!ホエー!!
けど飲まないと・・・
1日一日を大事にd(^-^)ネ!

みゆきん #- | URL | 2014/06/07 15:46 * edit *

(^ ^)

知っている薬がちらほらと(笑)。
薬はよい面も悪いもあるけど、やっぱり薬のおかげで
生きさせてもらっているんだな~と思うことがあります♪

神戸さんがプラス思考だから身体もこたえてくれているのでは
ないでしょうか?

病気にならないとわからなかったことって
たくさんありますよね(*^▽^*)

暑い毎日ですので、体調にはお気をつけてくださいね(゚∀゚ゞ)

双子パンダ #- | URL | 2014/06/07 16:39 * edit *

こんばんわ
薬に頼らない生き方というのも良いことだと思いました。

ネリム #oM6tt0T6 | URL | 2014/06/07 17:37 * edit *

お薬が無いと、生活が出来ない方・・・私の親方の奥様はパーキンソン病で、年々身体が動かなくなっています。
お陰様で私は、身体が丈夫で、頭が弱いだけ・・・(笑)
健康な人は、「これが当たり前」の日常ですから当然だと思っている方が多いですね・・・。
でも、健康だと言う事がどんなに有り難い事か・・・私の身体、健康で感謝しています。
俊樹さん、あまり無理せず仲良く病気と付き合って行って下さいね^^
貴方は強い人です。

rukira #- | URL | 2014/06/07 17:47 * edit *

病気に負けない身体を作るのは

意思の力が最大だと思います。

『何としてでも生きる』という強い気持ちで、日々病魔と闘って倒してくださいませ。

koyuri #- | URL | 2014/06/07 22:14 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/07 23:48 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/08 14:07 * edit *

こんにちは(*^^*)

俊樹さんに比べて私はなんて恵まれてるんだろうと思います

私は病気ではないのですが小さい頃は体のある部分が嫌いで嫌いでたまりませんでした

小学生の頃カミソリで取り除こうとしたこともあります

私も薬に頼らずに暮らせたら良いと思います。俊樹さんも体に気を付けてくださいね

たけぞう #- | URL | 2014/06/08 14:17 * edit *

こんにちは

薬の量、半端じゃないですね。
私も病気と一生付き合っていく身ではありますが
俊樹さんと比べれば、私の病なんて天と地ほどの差があるのかもしれません。

病って患者にはどうにもできない部分(たとえば外科的な事)は、医者に任せるしかないですよね。
その他の部分(心の持ち方など)や薬と自分の体のバランス、現状の把握などは、自分である程度見極めなければいけないと思うこと多々あります。
そして心(気持ち)を明るく持つことが出来たときは、症状も楽になったり、薬もよく効き、結果薬を減量出来たりします。

私の病のRAというのは、凄く陰湿で不可解な病だと思っています。
それは一見、健常者と変わりなく見えるところ。
でも実際は、ネチネチと鈍い痛みや、腫れがあって、生活の活動の妨げにもなっている。
しかも日々に於いても変化する。
それに伴い一喜一憂して振り回されたりする。
けれど7年も付き合っていると、医者にそして薬に頼っているだけではいけないと思い、それを身を持って実感しています。
昨年から自分自身が積極的に医者と相談しながら、減量できる薬はそれをめざして実行してきています。
その効果で副作用も一つ減り2つ減りとなり、まずまずの今の現状を維持できています。
また神様は右手を98%普通に使える状態を発症当時からキープさせてくださっている。
だから絵が描けます^^ ありがたい事です^^
好きな絵を描いていると心身共に調子が少しはよくなることを実感しています♪
この状態がこの先も続きますようにと思う日々です♪

後になりましたが、俊樹さんの病に打ち勝って来られたお姿も素晴らしいです☆

由莉 #1LSMZX8U | URL | 2014/06/08 16:14 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/08 17:01 * edit *

病(やまい)は気から-という言葉があります。
通り一遍の使い古された言葉のようですが、決してそんなことはありません。
その通りなのです。
常々、芯の強い方だと感じておりました。
そして、病気などに負けない方だと。

ミドリノマッキー #- | URL | 2014/06/08 21:23 * edit *

文中、俊樹さんの「プラス思考」の、その考えの深さに感服しました。

そして、俊樹さんにとっての詩は、薬以上の力、生きる力を俊樹さんに与えているのだと思いました。


正直、薬の量にはびっくりしました・・・・たけ

たけ #- | URL | 2014/06/08 22:23 * edit *

こんばんは。

大変な量ですね。
僕も小さい頃は体が弱かったのです。

風邪はすぐに引くし、体力はないし
なぜ自分がここまで強い体になったのか不思議です。

こんなことを言っては失礼なコメントになるかもしれませんが
心臓だけは父親、母親譲りで強いみたいです。

父もこの心臓の強さで
意識がなくなっても数ヶ月生きながらえました。

少しでいいから分けてあげたいです。

孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ | URL | 2014/06/09 03:22 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/09 14:15 * edit *

こんばんわー

私がお世話になってる京大病院は、
主治医がそうなんかも知れないけど、とにかくお薬を減らしたい派?かも・・
病棟医もそうなんよねー
保険の為に胃薬や抗生剤とか置いておきたいんやけどチェックが厳しい~~~
担当の薬剤師さんもお薬の保管とか入念に・・・なんで・・・・

何か災害とかあって病院に行けない時はどうするん・・・・ とか思ってしまう。
神戸の震災の時の後遺症かなぁ・・・・

だから今も少しは隠して保管していますw 古いお薬から飲んでる感じ。


昔は俊樹さんと同じくらい飲んでたかなー
今は10状に満たないかなー  それでも1日だと30状近く飲んでる事になるから溜息でるね・・・・

もう、減らせるお薬ないし気合いで頑張らないとw

ま~ねん #GbSq9amA | URL | 2014/06/09 23:20 * edit *

神様が俊樹さんに与えて下さった「詩」は
たくさんの人の心に。
わたしの心にも届いたよ。
時々読み返します。
ぎゅっと痛くなります。

Lily姫 #- | URL | 2014/06/10 01:16 * edit *

そうですよね。何らかの意味があって病気と出会ってるんでしょうね。わたしたち人間は。
管理人さんは、詩と出会われ詩を読み詩を書く人になられた。
その詩は多くの人(わたしも含めて)に力を与えてくれている。
こういうことってかなりすごいことなんだと思います。

適度の筋肉運動や有酸素運動などで体がすこしずつ回復されていくことを願っています。
薬は大切ですけど、病を治すのは薬じゃなくて自分の体じゃないのかなと思うのです。(ちょっと出すぎたことを言ってしまったかな;;;)

天安 #1wIl0x2Y | URL | 2014/06/11 10:21 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/11 14:47 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/12 06:01 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/12 07:45 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/12 15:29 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/13 14:04 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/14 14:12 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/16 15:58 * edit *

こんにちは☆

薬って、ここまで来ると「ラムネ」ですよね( ̄▽ ̄;)
僕も多いときは7つ飲んでいました★

副作用はサプリメントなどでごまかしていました☆

ブロとも承認ありがとうございます🎵
相互リンクもお願いしたいのですが…よろしくお願い致します☆

マサーリーくん #- | URL | 2014/06/17 10:03 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/17 15:49 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/18 17:26 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/06/18 22:03 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/190-c82bee36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)