05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

夜明けのリリー。 

リリー


夜明けのリリー
グラス片手に 朝を待つ
眠れぬ夜更けに 飲み干す夢は
遠い異国の 影法師

夜明けのリリー
異国の風に 震えて眠れば
指で弾いた 未練の味が
グラスの底に 霞んで見える

夜明けのリリー
バラのとげ刺す 心が痛い
乾いたくちびる ウォッカに濡れて
酔えぬ噂を 聞き流す

夜明けのリリー
夜明けのリリー
グラス飲み干し 朝を待つ
夜明けのリリー
夜明けのリリー
異国の風に 吹かれて眠れ


関連記事

テーマ: 作詞・作曲

ジャンル: 音楽

タグ: バラ  ウオッカ  グラス  異国  未練  夜明け 

[edit]

« シリアに散ったサムライの命。  |  玄米VS腎臓病。 »

コメント

想像しちゃった
私も、そんな時があったわ(*^^*ゞ

みゆきん #- | URL | 2015/01/30 16:44 * edit *

こんばんわ
お洒落な詩だなと思いました。

ネリム #oM6tt0T6 | URL | 2015/01/30 22:21 * edit *

一曲歌って聞かせてください

しっかり元気になってから。

koyuri #- | URL | 2015/01/30 23:27 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/01/31 02:29 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/01/31 09:22 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/01/31 16:19 * edit *

こんにちは。

いつの世も、恋路には痛みを伴うのかもしれませんね。
確実に別れが訪れる異国で、そんな体験をするのは辛いでしょうけれど…
素敵な詩でした。

野津征亨 #- | URL | 2015/02/01 08:46 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/01 14:59 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/01 17:21 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/01 18:45 * edit *

リリーの名前で反応しました。
かなり昔になりますがリリー・マルレーンという歌がヒットしたことがあります。名前だけ聞くとユリを連想するより、退廃を連想します。
確か戦場で恋人の事を思った歌とか色々と物語があったようです。

2月に入りました。寒さもこれからです。
どうぞお体に負担がかからないようお過ごしください。
昨日雪が降りました。

orenge #iAn.OV3g | URL | 2015/02/01 23:43 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/02 01:07 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/02 12:54 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/02 20:59 * edit *

こんばんは
朝晩寒いです、体調大丈夫ですか?
この詩は、渋い男性の声が似合いそうです
曲も聴いてみたいな
また、歌もアップして下さいね

いそべえ #6moyDOY6 | URL | 2015/02/02 23:52 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/03 00:41 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/03 15:39 * edit *

こんばんは 俊樹さん
大人っぽい詩ですね。
この素敵な詩にはどんなメロディーが合うかしらね。
体調はいかがでしょう。
しっかり玄米ご飯をカミカミしてくださいね。

イヴまま #- | URL | 2015/02/03 18:25 * edit *

こんばんは☆

おとなの詩ですね…☆

夜明けまで飲んだ事は、一度だけあります。
詞になる様な夜ではなく、大雪で列車が運転見合わせで仙台へ帰れず、ホテルも満員で、駅前の飲み屋さんで過ごしましたっけ…☆

Michiru #- | URL | 2015/02/03 22:31 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/04 22:58 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/07 01:10 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/07 11:55 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/07 23:39 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/02/09 19:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/217-c7c4eeff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いつの時も どんな時も

疲れたあなたの代わりに ハンドルを握る 繋いだ手はそのままで 聞こえてくる寝息 なんて愛しいの まばゆいテールランプが ちらちら揺れてる 傍にいるだけで まるで夜景みたいで いつの時も どんな時だって 同じ景色を見ていたいな さっきまでいびきかいてたのに 突然目を開けて 眠くないかってかすれた声 私の髪を撫でる手 なんて温かいの 火照...

いつかあなたに いつか私に ~想いよ繋がれ~ | 2015/02/07 00:37