母が静かに眠る海(母の命日に寄せて)追記あり。

母の海


引き裂かれた想いを胸に抱きながら
僕は今日もこの海に来る
ざわめく風とさざ波が
母のため息となり
この小さな僕の足に纏いつく
何処まで行けども
深く暗い海の果て
あなたの瞳は
固く閉じた貝の中
二度と僕を見つめる事もない
母が静かに眠る海
だから僕も一緒に貝になる




 実家の藤枝に背を向けて福島の地に旅立った母は、常盤市で自ら命を絶ちました。多くの謎だけをわたしに残して逝ってしまいましたが、数十年経った今になって漸く数少ない母の痕跡を幾つか見つける事が出来ました。
 母の波乱万丈な28年間を振り返る事が自分に課せられた使命と思って、わたしはこれからも貴女の足跡を探し続けます。
初掲載
2012年6月24日
05時41分09秒。

関連記事

21 Comments

konoha  

天国の地図購入しました。

ゆっくり 読ませて頂きます。
貴方の訪問で 貴方を知りました。
痛みは 優しさを与える 考える力を与える
物にした物は 特別な使命を与えられた「人」
と思います。
逆境は 人に哲学させる、逆境の素晴らしい
パワー 人に凄い能力与えますね。
貴方のブログ 知り 良かったと思います。
「天国の地図」20日(月曜日)届きます,楽しみにして居ます。有難う\(・o・)/

2012/08/19 (Sun) 09:27 | EDIT | REPLY |   

俊樹  

konoha さん

ありがとうございます。
読後の感想など聞かせて頂けると嬉しいです。

> ゆっくり 読ませて頂きます。
> 貴方の訪問で 貴方を知りました。
> 痛みは 優しさを与える 考える力を与える
> 物にした物は 特別な使命を与えられた「人」
> と思います。
> 逆境は 人に哲学させる、逆境の素晴らしい
> パワー 人に凄い能力与えますね。
> 貴方のブログ 知り 良かったと思います。
> 「天国の地図」20日(月曜日)届きます,楽しみにして居ます。有難う\(・o・)/

2012/08/19 (Sun) 11:33 | REPLY |   

ネリム  

夜分遅くに失礼します

お母様への思いが伝わってきました。

家族を大切にしないといけないなと思いました

2013/09/08 (Sun) 00:50 | EDIT | REPLY |   

トマトの夢3  

こんにちは

お母上様への愛は海より深し
固く解けない絆・・・
慕い想う気持ちはとどいていると信じます

2013/09/08 (Sun) 12:43 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/08 (Sun) 13:34 | REPLY |   

koyuri  

小説を読んだ後で

この詩を読むと、グッと来ます。

本当に幼子の時に、生き別れ、死なれてしまうというのは、大変なコトだったでしょうね。

2013/09/08 (Sun) 23:25 | REPLY |   

yume-mi  

母と子は永遠に強い絆で結ばれている
そう思っていました。

切れてしまっても目には見えない
強いものであなたを守ってくれているでしょう。
母に見てもらえない、お話できないと
思うだけで寂しく張り裂けそうです。

小さい頃にそれを経験されたのだから
どんなお気持ちだったことでしょう。

ごめんなさい。何もわからないのに
軽はずみでは書けないですが。・・

胸が熱くなる詩でした!

2013/09/09 (Mon) 01:23 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/09 (Mon) 10:12 | REPLY |   

孝ちゃんのパパ  

こんにちは。

28年間・・・・・・・・・・
わずか28年にお母さんの人生が凝縮されているのですね。
もっとたくさんのおかあさんの足跡を探せ出せることを願っています。

2013/09/09 (Mon) 15:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/09 (Mon) 16:47 | REPLY |   

rukira  

何も言葉に出来ません・・・悲しくて・・・

近くに私が居たらあなたを抱きしめます・・・(え?遠慮するって?へへへ・・・)

2013/09/09 (Mon) 20:59 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/09 (Mon) 23:27 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/10 (Tue) 11:22 | REPLY |   

マムチ  

こんにちわ~♪

悲しく、、心にグッとくる詩ですね。。
先日天国に旅立った父の事を思い出しました。。

2013/09/10 (Tue) 15:30 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/10 (Tue) 15:52 | REPLY |   

くわぁ  

28年の人生ですか…。
私の母も40前で亡くなりました。
病弱で気だけが強い母でした。(病死)
悲しいですねぇ。

田舎で祖母に母の思い出を語った時があります。
祖母はお前が思うようなお母さんじゃなかったぞ。
そう言うんですね。
それが妙に悲しかったことを覚えています。
その祖母も亡くなりました。
明治生まれですから…。

詩の感想はむずかしいです。
ダビンチやアングルに感想は言えません。.
詩の評価ってどうしてるんでしょうね。
甥っ子みたいな奴も葛原さんと同じようなことをしてるんですよ。

俊樹さんの詩は感覚的にビビ~ンと響きます。
だけど言葉では言い表せません。
それで「なるほど」という失礼な言葉になってしまいます。

麻布十番に毎週通ってた時もありましたよ。
中堅幹部(劇団)から応援を頼まれまして…。
でも、あの人の詩だってどうなんでしょうね。
歴史としては残ってますが…。
私としては疑問です。

春日八郎。
お母さんは口ずさんでいたと思います。
でも、鼻歌としては良くても本格的に歌うには難しすぎます。
私も変な曲だなあと思ってました。 ^^
会津生まれなんですよね

2013/09/10 (Tue) 21:16 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/10 (Tue) 21:45 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/10 (Tue) 22:55 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/11 (Wed) 12:12 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/11 (Wed) 13:50 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/14 (Sat) 17:49 | REPLY |   

Post a comment