05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

念願の平積み。 

平積み

 本を出版すると様々な反応がある。本は書店に置かれ平積みされる事がベストであり、多くの出版経験を持つ人の最高の夢ではないだろうか。
 しかしそこまでたどり着くのは容易な事ではない。まず出版社選びからスタートしなくてはならない。その前に立ちはだかるのがジャンルという問題。
 詩集の場合を考えてみると不幸としか言いようがないのである。日本は仏教の国である為、詩に対しての評価が低い、と言うより短歌や俳句に比べて歴史が非常に浅い。その為、欧米と違い詩そのものが庶民の生活の中に定着していないのである。
 一時期ブームになった事はあるが、それは学生運動が活発だった頃の話。それも大したブームではなかった。
 書店が一番嫌う本が詩集だ。それは売れないからである。書店は本を売って成り立っているから売れそうな本しか置かない。
 詩集はあるが片隅の目立たない所にポツンと小さく設けてある程度。書店のレベルを考えた時、如何に大型書店と言えども詩集の置いてない書店は二流と言えるだろう。

関連記事

テーマ: 本の紹介

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« シンシンのすくすく子育て日記。  |  モスラからの伝言(伊藤エミ追悼)。 »

コメント

アッシは読書が苦手ですが、嫁が読書好きで今でも毎日の様にPCで読書してますわ。アッシが心に残ってる読書の本と聞かれたら「トムソーヤの冒険」「巌窟王」「注文の多い料理店」(宮沢賢治)位しか頭に浮かんできません。でも読書はテレビや映画とは異なり自分のイメージで連想させてくれる所が素晴らしくやみつきらしいですね?

智太郎 #Cv7CRq2s | URL | 2012/07/08 18:09 * edit *

Re: タイトルなし

> アッシは読書が苦手ですが、嫁が読書好きで今でも毎日の様にPCで読書してますわ。アッシが心に残ってる読書の本と聞かれたら「トムソーヤの冒険」「巌窟王」「注文の多い料理店」(宮沢賢治)位しか頭に浮かんできません。でも読書はテレビや映画とは異なり自分のイメージで連想させてくれる所が素晴らしくやみつきらしいですね?

実はわたしも読書は大の苦手なんです。
とにかく本を読むのが嫌い・・・。
こんな事ではいけないのですが。
うつ病の本は50冊くらい読みましたが。

俊樹 #- | URL | 2012/07/08 19:31 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/28-74c72827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)