CT画像

 このCT画像は昨年11月に撮影したもの。慢性腎不全があるため、造影剤は使わなかった。CT検査を受けるに至った経緯は、肝機能に関する血液検査の数値が異常に高かったためである。但し、数値の異常は10年以上前から続いており、特に身体的症状もなかったことから経過観察の範囲であった。
 因みに、ALP=695(106~322)、γ-GTP261(13~64)であり、数値だけで判断すれば肝障害、胆道疾患の疑いを持って当然である。そして放射線科の医師が下した所見は、肝辺縁鈍化、左葉萎縮、脾腫、両腎随質高濃度、石灰化沈着。診断=肝硬変脾腫
 12月14日の循環器・腎臓内科の外来で主治医から「肝硬変」と聞かされた時、私は返す言葉を失っていた。父親が肝硬変で亡くなっていることから、この病気は遺伝する?と主治医に詰め寄った。父の場合はアルコールによる肝硬変だったから、それは当て嵌らないにしても、肝臓の弱い体質は遺伝しているのだろうと思った。
 小学5年生の時、身体中が怠くてたまらず、一晩中おばあちゃんに足をさすってもらった記憶がある。白目は黄色く、身体中に黄疸が出ていた。おそらく私の肝臓はその頃から悪かったのかも知れない。
 循環器の主治医は「様子を見ましょう」のひと言だったが、腎臓内科の医師が、消化器内科の専門医に掛かる手配を早速してくれた。そして年が明け1月6日、初めて消化器内科の扉を叩いた。担当医は三井記念病院の副院長で消化器では名医として知られている田川一海医師。「うんうん、なるほど…」と呟きながら、CT画像を丹念に覗き込む。
 どんな答えが返ってくるのか私は怖くて仕方なかった。心臓疾患に関して言えば『慣れ』が生じているため『恐怖』と言う感情は時の隙間に吸い込まれた過去の遺物となっているが、新たな病気に対しては心臓と同類に受け取る訳にはいかなかった。
 「うん、肝硬変じゃないね…」「ええっ?違うんですか??」。私は天と地がひっくり返ったかのように驚き、もう一度「肝硬変じゃないんですね?」と念を押すように質問を投げかけた。田川医師は、紙に図を描いて詳しく説明をし始めたが、私の頭は肝硬変ではなかったことに安堵し、説明はうわの空だった。
 「超音波検査してみましょう、いつがいいかな?」「では来週の月曜日でお願いします」。そして1月16日、再び来院。超音波検査の結果、うっ血肝、脾腫、胆嚢腺筋症(RA洞=ロキタンスキー・アショフ洞)である事が判明した。
 肝臓と脾臓がかなり腫れて肥大しており、更には胆嚢に袋状の構造をした部屋(憩室)が出来ていることが新たに発見された。然しそれは形成奇形であり、おそらく生れ付きのものと思われる。腫瘍でもなく炎症でもないことから治療の必要性はないようだ。
 うっ血肝と脾腫に関しては慢性心不全を抱えているため、十分な血液が臓器に行き渡らず、障害を生じている状態との診断結果だった。要するに心不全を悪化させない事が最優先事項であり、現時点で肝臓の薬『ウルソ』を使う必要性はなし。
 ALPとγGTPの数値が異常に高い原因について、大量の薬を服用しているためではと尋ねてみたが納得のいく回答は得られなかった。何れにせよ、肝硬変の疑いが晴れたため、病院の帰り道が温かい春の陽射しを受けて希望に光る舗道に見え、これでまた一つ寿命が延びたような気がして足取りも軽く帰路に着いた。そして良い医師に巡り会えたことに感謝。

関連記事
俊樹
Posted by俊樹

Comments 25

There are no comments yet.
sado jo  
No title

肝硬変でなかった事は、まずは一安心ですよね。
でも、あちこち要注意の器官があるみたいなので心配です。
まだまだ寒さは続きます。お身体には充分気をつけて養生して下さい^^

2017/01/31 (Tue) 17:13 | EDIT | REPLY |   
双子パンダ  
(*^▽^*)

肝硬変でなくてよかったです。
もともとの病気への耐性はありますが
他の病気となるとドキっとするし
不安になる気持ちわかります。
いいお医者様に巡り合えるのも
運があるということですよね♪

まだまだ寒い日が続きますね。
暖かくしてお過ごしくださいね(*^▽^*)

2017/01/31 (Tue) 18:51 | EDIT | REPLY |   
ゆるパパ  

初めてコメントさせて頂きます。
良い医師と出会えたこと...良かったですね!私の母も、病気のときに熱心な先生に出会いました。結果として亡くなりましたが、今でも感謝しています。体調を崩しやすい季節ですから、体を大切になさってください(^ ^)

2017/01/31 (Tue) 20:09 | EDIT | REPLY |   
ネリム  

こんばんは
良いお医者さんに出会えて良かったですね

2017/01/31 (Tue) 20:15 | EDIT | REPLY |   
koyuri  
良かったですね

心臓に負担を掛けない生活を心掛けて、安静にお過ごし下さいませ。

2017/01/31 (Tue) 22:43 | EDIT | REPLY |   
風子  
名医に書かれるのも運

高度肝機能障害、やりました。(´-﹏-`;)
恐ろしいほどの倦怠感、絶対安静。
肝臓は、薬を含めて解毒の臓器。
悪くなっても一切、薬が使えません。

幼年期から臓器の異形成ありながら、
かつ長年薬を常用してきた俊樹さんなのに、
この診断結果、大したものです。
“生かされている”いるんですねぇ。
名医にかかれる、かかれなかったも、ある意味で運。
俊樹さんには明確な“役割”があるんでしょうね(*^▽^*)

2017/02/01 (Wed) 07:04 | EDIT | REPLY |   
風子  
変換ミス

変換ミスです
名医に書かかれる → かかれる
ごめんなさいね m(__)m

2017/02/01 (Wed) 07:06 | EDIT | REPLY |   
tugumi365  
良かったですね

病院の帰り道が暖かい日差しを受けて・・・どんなに心配だったことかと想像しました。

2017/02/01 (Wed) 09:00 | EDIT | REPLY |   
よしお  
こんにちは

人間ドックですか。
健康でいたいですよねぇ(>。<)

2017/02/01 (Wed) 12:55 | EDIT | REPLY |   
風香  
温かな出会い(^^♪

肝硬変の疑いが晴れて良かったですね(´▽`*)

私達親子はインフルエンザにかかって4日が立ち
今日は楽になって、温かな春の日差しをしみじみと感じています

難病や心の病を抱えている私は、うちの幼稚園児が生まれてから、髪を振り乱して育児をしてて、市町村から通知が来る健康診断を一度も受けたことがありません

妊娠出産でドクターが薬を出してくれず、断薬しましたが、いい先生との出会いは、病を治す希望になりますよね☆彡




2017/02/01 (Wed) 14:10 | EDIT | REPLY |   
yokoblueplanet  
漢方は?

こんにちは。
ドキッとしました。が、心臓由来の異常であるようなので、心臓の状態をできるだけ良い状態に維持できれば、悪化の心配は無いわけですね。
薬の服用は肝機能にも負担がかかりますから、その辺りの配慮も必要なのでしょうね。
鍼灸も含めた漢方などはこれまで試されているのでしょうか?
まだ寒さが続きます。体を冷やさないように注意してくださいね。
それとお白湯も!

2017/02/01 (Wed) 16:29 | EDIT | REPLY |   
雪野繭  
肝臓は怖いです。

私のところでは、従兄弟を劇症肝炎で亡くしているので、
肝臓の怖さは知っています。
「別名:沈黙の臓器」
お医者さんの対応が早くて良かったですね。
どうか、お大事にしてください。

2017/02/01 (Wed) 17:17 | EDIT | REPLY |   
にこひつじ  
No title

こんにちは。

まだ寒い日があると思いますので
身体を大事にしてくださいね🍀
いいお医者さんに出会えてよかったですね。


2017/02/02 (Thu) 10:49 | EDIT | REPLY |   
とんがりねずみ  
No title

無事にお家で年越しで来てほんとによかったです。
寒い時期は心臓には厳しいと聞いているので、油断せずご自愛くださいね。

遺伝的な体質からくる病気って、なんというか・・・親に文句を行った所でどうにもならず、つらいところです。
私も父方からの病的強度近視で、今は奇跡的にコンタクトで視力が出ていますが、20代で飛蚊症、のち何度か眼底出血、一昨年からは眼圧が上がってきて(父が緑内障で片方失明)・・・自分も見えなくなるのかなぁと思うと正直怖いです。
おまけにどこで拾ったのか、新婚3ヶ月で肺結核、2年後に薬が効かないことがわかり右肺半分切除・・・同居の祖父が若い頃、結核やってたらしいんですよね~。
まぁ心臓とか肝臓とか、直接命に係わることはないけど、だんだん行動範囲が狭くなって、ご存知の通り、家の中が動物園状態(^_^;)

でもいいドクターとの出会いは今後を大きく左右することと思います。
俊樹さんの持って生まれた「強運」なのかもしれませんよ?
何度も苦境を潜り抜けていらっしゃるんだし。
ちょっと自信を持ってもいいんじゃないですかね?

2017/02/02 (Thu) 11:32 | EDIT | REPLY |   
みけ  
No title

肝硬変じゃなくて 良かったですねi-260(´ω`*)

病院からの帰り道の様子を想像してたら
私まで うれしくなってしまいそうでした(^^ゞ

2017/02/03 (Fri) 15:49 | EDIT | REPLY |   
まるまりもマルマリ  
No title

肝硬変ではなく、良かったですね。
寒い日が続いていますね。
体調にはお気をつけて下さい^_^

2017/02/03 (Fri) 20:01 | EDIT | REPLY |   
えあーに  
No title

はじめまして。

肝硬変じゃなくて本当に良かったです。

私のいとこも肝硬変でしたから、
この病気の大変さはわかります。
本当に肝硬変じゃなくて何よりです。

2017/02/04 (Sat) 03:05 | EDIT | REPLY |   
♪デコ♪  
No title

よかった
小学生の時から。。で何か引っかかっていました

心臓最優先の治療で
あまり他に捉われない事です

今時期調子の悪い方が増えていますから^^
良い事考えてねっ

2017/02/04 (Sat) 04:28 | EDIT | REPLY |   
baba  
No title

jijiの父が肝硬変(やはりアルコールで)でしたので
肝硬変には敏感に反応します(-_-;)
肝硬変ではなくて良かったです!

又プロフィール画像が変わって
楽しいです♪

2017/02/04 (Sat) 09:23 | EDIT | REPLY |   
ichan  
No title

こんばんは。

まずは一安心ですね。
寒暖差の激しい時期、お体には御自愛下さい。

2017/02/04 (Sat) 21:51 | EDIT | REPLY |   
かみかわ  
お大事に

体調不良 重ねしが 我が定めとて 闘い続け 父の得し 逝きし病に あらざれど まだも執拗 襲う病に

2017/02/05 (Sun) 03:03 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/05 (Sun) 11:35 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/06 (Mon) 08:45 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/06 (Mon) 19:36 | EDIT | REPLY |   
青空  
良かったですネ!

こんばんは

良いお医者さんに出会えて本当に良かったですネ!
やはり信頼のあるお医者さんでないと不安ばかりが重なって
しまいますね。
肝硬変でなかったので安心しました。
本当に良かったです。
暖かい日差しを受けて、春が来ます
俊樹さんの身体も沢山日差しを受けて下さいね。 
まだ少しの間は寒いので風邪には十分に気を付けて下さい
本当に良かったです! (*^-^*)

2017/02/09 (Thu) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply