06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

七夕物語り。 

七夕物語



七夕の夜
天の川小舟で渡っていると
星が一人で泣いていた
はぐれたあの娘を追いかけて
流れの中で迷ったの
このまま何処まで行ったとて
あふれる天の川
星の渦巻き 闇の中
夜に紛れて消えた星
お空はとっても広すぎて
あの娘を探し切れないの
せめて今宵の星空だけは
あの娘と一緒の天の川
願いを込めて祈ります



関連記事

テーマ: 詩・ポエム

ジャンル: 小説・文学

タグ: 七夕  天の川  小舟    星空 

[edit]

« 命のプレゼント―心臓病をありがとう。  |  レインコートにkissの雨。 »

コメント

こんばんは
綺麗な詩ですね

ネリム #oM6tt0T6 | URL | 2017/07/08 17:48 * edit *

こんばんは

七夕の夜の切なさが感じられますね。

ichan #- | URL | 2017/07/08 20:48 * edit *

心に沁みますね

七夕に願いをかけるという行為から、かなり遠ざかってしまいましたが‥‥

koyuri #- | URL | 2017/07/08 23:25 * edit *

元・天文部員

今年の七夕は月が明るくて、ベガもアルタイルも、よく見えませんでした。
都会で星空を楽しむのは、やっぱり難しいようです。
代わりに神戸さんのポエムで癒されました。

雪野繭 #gAfXhVXY | URL | 2017/07/09 09:46 * edit *

七夕に願い事するの忘れた
もう遅いから念力で^^

みゆきん #- | URL | 2017/07/09 16:15 * edit *

トップ画像が気になります♪
プロフ画像はパンダさんから変わりましたね!
逆に回っているのね♪

私が星になったとき
ヴィッキー☆に会えるかな~

baba #- | URL | 2017/07/09 20:36 * edit *

星灯かり 数多満ちたる 天の川 彼方古 毎年続き  落ち合いし 時と場所とは 毎度かと それでもはぐる 粗忽の極み  天帝が 何故に二人を 分かちたか 学習効果 未だ効きまじ

かみかわ #- | URL | 2017/07/10 10:08 * edit *

こんばんは

幼かった頃よく天の川のおとぎ話を読んだものです。
不思議な世界に入った様な、また神様に会えそうな・・・
遠い昔を思い出しました。
有難うございました。

青空 #- | URL | 2017/07/10 21:29 * edit *

こんばんは

七夕ですか。
こんな風な出会いがあると良いですねぇ。
自分はこんな出会いはないですけどねσ(^_^;)アセアセ...

よしお #- | URL | 2017/07/12 19:18 * edit *

こんにちは。

切ないけど素敵な詩です♪
言葉にするのは難しいけど
とっても心に響きます。
願いが届きますように。

にこひつじ #- | URL | 2017/07/13 15:07 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/07/14 11:49 * edit *

天の川を挟んで離れ離れに暮らす「彦星」と「織姫」は一年に一回しか逢えない事になってますね。
でも、それは人間の時間尺度で、宇宙的スケールの時間尺度なら、一年は一日かも知れませんよ(笑)
猛暑の日々が続いています。どうか体調を崩されないようお気を付け下さい^^

sado jo #V8uOUIPU | URL | 2017/07/14 14:08 * edit *

こんばんは 俊樹さん
美しい天の川
美しい詩
願いが叶いますように。
俊樹さん、暑さに負けないで
体調に気をつけてくださいませね。

イヴまま #- | URL | 2017/07/14 22:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/289-9df79fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)