額田雪子




安らぐ場所にたどり着いたのか
苦しまずに逝ったのか
痛みはなかったのか
毒を飲む瞬間
何を考えていたのか
僕のことを想い出しただろうか
通夜にも立ち会えず
最後のの顔も見届けず
火葬にも出席出来なかった
僕は幼すぎたのか
の死を知らされた時
他人事と思えた
僕の心は余りにも冷たかった
今になって
後悔が僕の心を掻き乱す
あなたに会いたかった
どんな形でもよいから
会いたかった
この僕を産んでくれた
あなただもの



※9月8日は(額田雪子)の命日でした。福島県常磐市大字上湯長谷字上ノ台にて没。享年28歳。この写真藤枝市茶町にあるの実家の仏壇に飾ってあったものを伯父に頼んで頂いて来た、数少ない母の貴重な一枚。

関連記事
俊樹
Posted by俊樹

Comments 30

There are no comments yet.
3人娘のママ  

神戸俊樹さんへ

きっと、御浄土で、静かに、阿弥陀様の下で息子さんのことを見守ってくださっていることでしょう。御浄土は、苦しみもなく、過ごせるところだそうです。私は、浄土真宗の門徒なので、阿弥陀様が、みな平等に何もかも受けてくださることと教えを受けました。私の実父の死に目に会えていませんが、いつも、決して、忘れてはいませんと手を合わせます。合掌

2017/09/11 (Mon) 02:11 | EDIT | REPLY |   
風子  
そうだったんですかぁ…

母上、服毒自殺を反省し、
今頃は、転生のスタンスを練っていると思いますよ。
早い魂で50年スパン。
今度こそは人生を全うすべく、誓いを立てて……。

アストラル界に苦悩や苦痛はありません。
誰もが完全な『愛の光』に戻るわけですから。

ご両親は、俊樹さんの人生プログラムに
参加してくれたソウルメイト。
血縁、親子、子育て放棄、病などなど……。
今生の荒波を超えた俊樹さんの今に、乾杯!
それらの逆境失くして、
悲哀の心や洞察力は育たなかった。
ステキな詩は生れなかった。
今の俊樹さんはいなかったかも? ですね。

逆境ほど、人を成長させる背景はないかも。
荒んで悪の道に至るのではなく、
自らの内面に宝物を残したという事実が、
俊樹さんの魂を象徴しているようです。(*^▽^*)

2017/09/11 (Mon) 08:14 | EDIT | REPLY |   
ReikoJanvier  
後悔

男の子は幼い頃は母親べったりのくせに、成長するにつれて母親に対して時々冷たい時があります。
思春期を通り過ぎ成人してからは少しずつ歩み寄れる事が多いようです。
お母様がそうなる前にお亡くなりなったことはとても残念ですね。
また親は亡くなってから恋しくなるものです、私の場合は実家の母です。
もっと亡くなる前に話をしてあげればよかったと思っています。もう私は結婚していたこともあり弟を溺愛していた母を気持ち遠くで見ていました。
人生後悔することばかりだと思っています。

2017/09/11 (Mon) 08:37 | EDIT | REPLY |   
よしお  
おはよう

安らげる場所に居てくれるといいですよねぇ(・。・)

2017/09/11 (Mon) 09:49 | EDIT | REPLY |   
荒野鷹虎  
俊樹さんへ!!

おはようございます。!
なんと悲しい叫びでしょうか・・泣き)
俊樹さんは幼少でしたから、攻められないと思いますが、後悔の念は強い人への愛情の賜物でしょうね。☆!感動が朝から胸を突き刺しました。!

2017/09/11 (Mon) 09:53 | EDIT | REPLY |   
みゆきん  

お母さんは自殺・・・
それは辛いね
真実を知った時の心の痛みが伝わってきました
俊樹さん
お母さんは、いつも傍で見守ってると思います。

2017/09/11 (Mon) 15:09 | EDIT | REPLY |   
ふたごパンダ  
こんばんは♪

お母様はずっと神戸さんのことを
見守ってくれていると思います。
だからいろいろ大変なときも
乗り越えられてきたんだと思います。
目には見えない絆を感じますね(^^)

2017/09/11 (Mon) 18:19 | EDIT | REPLY |   
雪野繭  

私は母のことをなるべく思い出さないようにしています。
商売の好きな人で、子供(=私)にも使用人として接し続けていました。
「子供を産むのは利益か損益か」とか言い出してしまうくらいで、
基本的には、子供は嫌いだったと思います。

最後は認知症が進んでしまい、けっこう苦しんで死んだと思います。
ただ、自分が認知症と診断された時は、潔く経営と縁を切ったのは、
さすがだと思いましたけど。
いつも考えが冴え渡っている人。
そんなイメージが今でも残っています。

私は出来が悪いので、なるたけ邪魔にならないようにしているのが、
唯一の選択で、そういう諸々のことが心の負担になっているようです。
母を思う気持ちもありますが、忘れる努力もしないと、
1人では生きて行かれませんから。
人生の宿題のようなものです。
今度、生まれ変わる時は、なるべく普通の家庭に生まれて来たいです。

2017/09/11 (Mon) 20:09 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/11 (Mon) 21:06 | EDIT | REPLY |   
雪野繭  

俊樹さん、とても辛い思い出ですね。
うちの母は12月8日が命日なので、
月命日は一緒ですね。
でも、享年28歳というのが、本当に悲しいですね。
うちの母の祖母も30歳くらいで命を絶っていて、
両親も兄弟もいない生活をしたそうです。
(今の私と同じ)
せめて俊樹さんが成人されるくらいまでは、
生きていて欲しかった。
でも、そういかない事情があったのでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。

2017/09/11 (Mon) 22:47 | EDIT | REPLY |   
koyuri  
本当に辛い時は

その事実を受け入れられないモノです。

徐々に年月が過ぎて、受け入れられる様になっただけでは。

母が突然死した時は、驚いてしまって、タダタダ呆然としてしまいました。

涙が出る様になったのは、一年位してからでしたし。

2017/09/11 (Mon) 22:48 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/12 (Tue) 12:50 | EDIT | REPLY |   
青空  

こんばんは

とても優し気で綺麗なお母様ですネ
可愛い我が子を残して旅立たなければならなかった!
お母様のお気持ちは計り知れなかった事と思います
よっぽどお辛い日々だったのでしょう・・・
子供にとって母親の存在はとても大きいものです
私も母を早くに亡くしたので・・・よく分かります
けれど俊樹さんが幸せなご家族に恵まれた事に
お母様は天国でどれ程喜んでいる事か
お母様が見守っていてくれているのですネ。

2017/09/12 (Tue) 21:34 | EDIT | REPLY |   
ネリム  

こんばんわ
綺麗なお母様ですね
ご冥福をお祈りします。

2017/09/12 (Tue) 22:53 | EDIT | REPLY |   
にこひつじ  

こんにちは。

俊樹さんが頑張ってることも母様への思いも
きっと届いていると思います

お母様はちゃんと見守っていると思います


2017/09/13 (Wed) 09:47 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/13 (Wed) 21:38 | EDIT | REPLY |   
デコ  

そう思えるようになったのは
敏樹さんがお母様を許せたからではないでしょうか?

年を重ねるにつれ
・・気持ちは変わります

そう思えるようになった敏樹さんは素晴らしい心をお持ちだと
思う

世の中には決して許されない想いもあるからっ

見てますよっ
お空から
敏樹さんの身を案じ^^
親ですもの(*´▽`*)
あなたのお傍にいますから

2017/09/14 (Thu) 03:10 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/14 (Thu) 06:29 | EDIT | REPLY |   
いずみ  

私のブログをご覧いただいてますこと、有難く感謝です。
ある人ですが、50歳代半ばで、
生後まもなく別れた母に再会できた男性がいました。
その人、母の危篤状態にも臨終にも立ち会わず、
知らせを受けても葬儀に出席しなかったそうでして、
世の中は「社会関係」で動いてますから、
「個人的な母への思い」は、「社会的な場」、
つまり、葬儀なんかでは、表現できないと、
その人は言ってました。
あのう、「母とその人」との個人的な関係とは、
全く違う次元で、その人の生母の人生は、
展開してましたから、その社会関係を無視して、
その人が「自分の生母だから」という理由で、
「いきなり」、母が築いた社会的人間関係に、
「割り込む」ことをしなかったんだそうでして、
たとえばですね、通夜に立ち会わない、
火葬に行かない、「他人事に思える」なんて、
そういうのは「あたりまえ」過ぎまして、もう、
そういうの、情況としては「当然のこと」です。

2017/09/14 (Thu) 14:10 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/14 (Thu) 14:20 | EDIT | REPLY |   
えぐ  

とてもキレイなお母さまですね。
28歳とは…まだお若かったのに…残念です。
いつどんな時でも
お腹を痛めて生んだ我が子を想わない親はいないと思います。
子を置いて死を選ぶほど辛いことはなかったのではないでしょうか。
「お墓に行かずともいつも思っていることが供養になるんだ」
亡くなった元カレがいつも言っていました。
だから私もいつも思っています。
だから俊樹さんも、お母様の事をいつも思ってあげてくださいね。
きっと傍で俊樹さんの事を笑顔で見つめていると思いますよ。


2017/09/14 (Thu) 21:31 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/16 (Sat) 23:17 | EDIT | REPLY |   
マリコ  
悲しい選択

朝から涙がこぼれてしまいました。

どういう状況下での、お母様の服毒自殺だったのか…。

でもお母様にとってその選択肢しかなかったのでしょう。

苦しく悲しく辛い選択だったと思います。

幼い俊樹さんを胸に抱いて泣きもしたことでしょう。

周囲の人間たちは衝撃を受け、そそくさと死を秘して、

だから、俊樹さんには最期のお母様のお姿やお葬式の記憶が無いのではないでしょうか。

お母様の死を知らされても、理解ができたかどうか…。

しかし、残された子供にとって、後悔の涙になってしまうのですね。

俊樹さん。ご自分を責めないでください。

ただ、亡きお母様のため祈りましょう。

俊樹さんの奇跡的命を、きっとお母様は天から見守って下さってると思います。

お母様のご冥福をお祈りします。

『野の花日記』のマリコでした。

2017/09/17 (Sun) 10:48 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/17 (Sun) 17:05 | EDIT | REPLY |   
Yuko  

貴重なお母様のお写真
綺麗なお母様で、28歳は若すぎます。
天国で、ずっと今も俊樹さんを見守ってくださっていると
思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。

2017/09/17 (Sun) 20:40 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/19 (Tue) 13:39 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/20 (Wed) 15:17 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/20 (Wed) 17:29 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/23 (Sat) 11:37 | EDIT | REPLY |   
sado jo  

自分はどんどん年老いてゆくのに、亡くなった人は心の中でいつまでも若いままなんですね。
もしや、若いままあの世で再会するのでしょうか?阪神大震災が原因で死んだ妻の顔を思い浮かべました(シンミリ)

2017/09/24 (Sun) 18:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply