05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

その頃、17歳の少年はフォークシンガーを目指していた。 

17歳

 『モーリス持てばスーパースターも夢じゃない』というキャッチコピーに釣られた訳ではないが、最初に購入したギターがこのモーリス。
 1万2千円、当時のわたしの給料は2万5千円。如何に苦労して手に入れたギターであるかお分かり頂けると思う。
 ブルースハープはトンボで1本800円。ギンガムチェックのシャツが流行り、そしてベルボトムのジーンズと長髪。これがフォークブームの象徴であった。
 吉田拓郎が大好きだったので、腕時計まで似た物を買った。青春の歌、マークⅡ、旅の宿。友達オンステージは実況録音盤で実に面白かったし、夏休みは最高だった。
 わたしの得意だった『ともだち』は完璧にコピーした。井上陽水、六文銭、古井戸、RCサクセションのメンバーが当時は3人だった。
 天地真理がアイドルで、拓郎のLP『元気です』売り上げは惜しくも2位だった。せんこう花火、リンゴはドラマ『同棲時代(沢田研二、梶芽衣子)』の挿入歌だった。
 泉谷しげる『春夏秋冬』ケメの『通りゃんせ』ガロ『学生街の喫茶店』友人と観たコンサート『唄嵐』サディスティックミカバンド、 泉谷、チューリップ、ガロ、RC…、海援隊がノーギャラで出て『母に捧げるバラード』を歌っていた。
 今思えばなんと贅沢なライブだっただろう。山下達郎率いるシュガーベイブ、センチメンタルシティロマンス、かぐや姫、はっぴいえんど。映画『旅の重さ』の主題歌は『今日までそして明日から』で、挿入歌はあの所ジョージがお気に入りの『恋の歌』もちろんこれも拓郎の曲だった。主人公の高橋洋子は若く、秋吉久美子も出演していた。


関連記事

テーマ: 音楽のある生活

ジャンル: 音楽

[edit]

« クラゲも反対する大飯原発。  |  いじめは犯罪である。 »

コメント

結構世代が近いですかねえ。この辺の話は実は大好きです。今は語る人もいないけど・・・僕も拓郎ははまりました。あとは加川良かな・・・

witman #PTRa1D3I | URL | 2012/07/21 18:04 * edit *

Re: タイトルなし

> 結構世代が近いですかねえ。この辺の話は実は大好きです。今は語る人もいないけど・・・僕も拓郎ははまりました。あとは加川良かな・・・

拓郎の曲はよくカバーしたので、今度アップしてみようと思っております。

俊樹 #- | URL | 2012/07/21 19:06 * edit *

フォーク

ピヨピヨ
ギター2本でピヨピヨ
ピヨピヨ

ピアニスト ぴよぴよ #- | URL | 2012/08/28 14:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/33-77b53ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)