同窓会

 待ちに待った同窓会が30年ぶりに浜松サゴーインホテルで行われた。何としてでも成功させなければと言う思いで過ごしてきた約8ヶ月、同窓会を思い立ったのは2004の9月だった。
 30年以上も前の名簿を取り寄せ、人探しに明け暮れた毎日。最初は一人で始めた名簿作りにも協力者が現れ次第に見つかる人の数も増えて いった。
 途中で挫折する事もしばしばあった。インターネットと電話を駆使して多くの人を探し当てた。今思えばその充実した日々、わたしは活き活きとしていたし、どこから見てもうつ病を患っている人間には見えなかっただろう。
 苦労して一人見つけた時の喜びは計り知れないものがあった。相手が自分を覚えていなくとも心よく名簿に掲載する事を承諾してくれた時はまさに「やった!」と言う達成感で一杯であった。
 実行委員メンバーを決めて3月と4月に打ち合わせを行い、同窓会開催の通知を発送したが、どの位の人数が集まるのか不安であった。
 途中経過の報告が入る度に何度もため息をついた。返信締め切りの5月10日を過ぎても返事のない人も複数いた。
 わたしも実行メンバーも最後まで諦めず頑張った。22日直前で発見できた最後の大物、12病棟の婦長さんと連絡が取れた時には大感激であった。
 そうして向かえた開催日、開催2時間前に会場に入り念入りな打ち合わせ、受け付けの準備。わたしはただおろおろするばかりであった。
 体調も今ひとつすぐれなかった事もあったが、「みんなが力を合わせてここまでやってきたのだ」もっとしっかりしろと自分に言い聞かせていた。
 13時を少し過ぎた頃からポツポツと人がやってきた。当時のまま何も変わってない人、全く名前と顔が一致しない人それぞれである。
 会場に来る人たちもそれぞれ不安を抱えながらの来場かもしれないが、それも当然である。何しろ30年という長い年月が経っているのだから。
 開催時間の14時にはかなり大勢の人たちが、遥か昔を思い出しながらにこやかに会話を交わしている。そんな風景にわたしの心もホッと一安心であった。
 そして先生や婦長の来場、がっちりと握手を交わし挨拶をした。80歳を超える老体に鞭打ってやっ て来てくれたのである。
 一体どれだけ集まったのか正確には把握していないが、予想を超える人数であったのは間違いない。開催セレモニーが始まり現天竜養護学校校長の挨拶など、そしてわたしの乾杯でスタートした。
 名刺交換や写真撮影、皆さんへの挨拶や接待、ご馳走を目の前にしながらあちこちと動き回った。そして中日新聞社の取材を受けたりと忙しい。
 時間はあっと言う間に過ぎ、開催終了の時刻…。最後はわたしの詩の朗読で同窓会は終了したが大成功であった。

関連記事
俊樹
Posted by俊樹

Comments 11

There are no comments yet.
神楽  

大役、ごくろうさまでした。
これもまた1歩ですね。

2012/07/30 (Mon) 06:19 | EDIT | REPLY |   
俊樹  
Re: タイトルなし

> 大役、ごくろうさまでした。
> これもまた1歩ですね。
ありがとうございます。
2次会も大変な盛り上がりでした。
その日の内に東京へ帰らなくてはいけなかったので、
あまりゆっくり出来ませんでしたが。
とにかく握手攻め^^

2012/07/30 (Mon) 09:08 | EDIT | REPLY |   
いちご  

はじめまして。いちごといいます。
よろしくお願いします。
大変な病を克服するのってすごい事ですよね。
これからも活躍を期待します。

2012/07/30 (Mon) 13:08 | EDIT | REPLY |   
俊樹  
いちごさん

ありがとうございます。
同窓会纏める方が大変でしたよー^^
今は副会長やっております。

2012/07/30 (Mon) 16:47 | EDIT | REPLY |   
八少女 夕  

こんにちは。

それはそれは、大役お疲れさまでした。
病氣の克服、詩集の出版、そして同窓会開催のための努力など、どれ一つとっても大変な事だったと思います。

いつも心に響く詩を堪能させていただいています。これからのご活躍もお祈りしています。

2012/07/31 (Tue) 03:04 | EDIT | REPLY |   
俊樹  
夕 さん

いつも訪問ありがとうございます。
これからもがんばりますので応援よろしくお願いします。

2012/07/31 (Tue) 23:21 | EDIT | REPLY |   
SUZU  
初めまして

やっぱりいろいろなことを一緒に乗り越えてきた仲間に会うと、凄く勇気を貰えます。

きっとみなさん喜んでいらっしゃいますね♪

2012/08/01 (Wed) 00:29 | EDIT | REPLY |   
俊樹  
Mamu さん

随分と色んな感想ありがとうございました。
これからもよろしくね。

> ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!
> 今日のこと書いちゃうぞーw ぜんぶ書くけどいい??w
> この記事は、命をこめて書かなきゃと思ってたんだ。
> 人一倍感動してるのは知ってるでしょ(。・w・。 )
> 俊が見せてくれる記事は命に刻んでるんだからね。
>
> これ読んで、俊と養護学校の人たちとの30年っていうのは、普通の30年とはわけが違うだろうなって考えてた。
> 幾多の痛みや孤独や壮絶な苦労を乗り超えて、恩師や旧友たちに笑顔で再会できた喜び。
> わたしはこんな素敵な場面にまだ出逢ったことがないけど、いつか俊みたいになれたらいいなぁって思った^^
> よし、わたしも、詩集本を出版しよう。そしてお先に中也賞とるぞ←無理・w・
>
>
> 養護学校の人たちは、シュンを神戸俊樹を育ててくれた家族だよね。
> この養護学校で過ごした時間がなければ、わたしも俊に出会えなかったわけだから
> そう考えると、感謝の気持ちでいっぱいだし、ありがとうって心から思います。
> あ、泣きそうなってきた(TmT)
>
>  自分を生み、育ててくれた両親にさえ報恩感謝の心を忘れてしまうような時代の中で、
> お母様の命を、お父様の命を、弔いの詩に留め残し、恩師に報い、
> 病に苦しむ友やたくさんの人々を励まし生きるしゅんの姿は、わたしの”希望”そのものです。
>
>  わたしたちは”生きる”とはなにか、”命とはなにか”、ということすら忘れて、ごく当たり前に生きてしまっている。
> 生きるとは、生死の連続であり、死との闘い、苦難の連続なんですね。苦難の先に幸せが必ずあるんだね。
> いつも たくさんのことを教えてくれてありがとう♪
> これからも 病気なんかに負けないでね!!約束だよヾ(@~▽~@)ノ
>
> Mamu

2012/08/01 (Wed) 13:08 | EDIT | REPLY |   
俊樹  
SUZU さん

ありがとうございます。
病気繋がりなので絆が強いですよー。
ボクは今副会長です。

> やっぱりいろいろなことを一緒に乗り越えてきた仲間に会うと、凄く勇気を貰えます。
>
> きっとみなさん喜んでいらっしゃいますね♪

2012/08/01 (Wed) 13:10 | EDIT | REPLY |   
konoha  
天国の地図読みました\(^^)/

鬱病克服と言われますが・・・・鬱病で無くて
此を吐き出す為の マグマの蓄積時期で・・・
火山がマグマ貯まり 爆発する為の充電期の様な
気が致します、吐露すると言う言葉有りますが、
自然に 貴方の中から吹き出した才能 感性と
思いました、お父様の亡くなられた時の 表現
泪が止まりませんでした・・・・・主人を突然死で 目の前で見た物ですから・・・・逆境は凄い
パワーを与えて呉れました。
感動しながら 読み返しました。
有難うございました.(_ _)

2012/08/23 (Thu) 00:56 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/21 (Fri) 01:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply