復活

 1989年4月28日、わたしは三井記念病院の手術室にいた。その日の朝の記憶は鮮明に残っている。手術前日の夜、看護婦が眠れないからと睡眠剤を置いていったが、わたしはそれを使わず熟睡した。
 余命1年といっても、癌などの宣告とは多少違う。この心臓の状態だと1年もたないと言う意味で、それは否応なしに手術を受けなければ助からないという事だった。  
 19歳の時に一度手術は受けていたが完治した訳ではなかったので、何れ再手術という、その日が来ることは分かっていた。
 当時の三井記念病院はまるで戦場の最前線のようであった。6人部屋にはベッドが8個、とにかく予約待ちの患者が溢れていたのであるが、その頃、当病院にはバチスタ手術で有名な「神の手」と呼ばれる心臓外科の名医「須磨久善」先生がおり、その腕を頼って日本全国から患者が殺到していたからだ。
 その日手術を受けた患者は、わたしを含め8人で症状の重い患者から手術を受けることになっており、わたしはそのトップだった。

 浣腸で腹の中を空っぽにする。そして真っ白な手術着一枚に着替える。軽い麻酔剤を一本打つ。意識ははっきりしており、その注射は無意味だった。
 ストレッチャーが迎えに来る。自分の力でベッドから乗り換える。部屋を出て行く時、「頑張れ」と声がかかる。自分もそれに応えるように手を振った。手術室は7階だった。
 扉が開くと同時に看護婦の声「かんべさん、手術室に入りますよ」声は出なかったが頷いたと思う。「かんべさん、手術台に移りますよ」遠のく記憶の彼方から優しい女性の声が木霊していた。薄っすらと目を開けると眼鏡を掛けたドクター3人の顔が見えた。
 麻酔医が「全身麻酔します」と言ったのが最後だった。手術は9時間に及ぶ大手術だった。時間が全く分からない、朝か昼か夜なのか?とにかく手術が成功したのだ。
 成功率は85%、ただし手術中に心筋梗塞を起こし一時危なかったらしい。そして空気が脳に流れた事も分かった。
 ICUからCCUに移りはしたが、どうも息が苦しくてよく眠れない。レントゲンを撮ると片方の肺が完全に潰れていた。
 次の日、背中に太い注射器を指し、肺に溜まった血を抜いた。牛乳瓶8本分の水分が右の肺に溜まっていたのだった。
 一気に呼吸が楽になり手術成功を実感した。あれから23年が過ぎ、今年24年目に入った。これほど生きられるとは思っていなかった。
 機械と薬に頼る毎日だが、わたしを支えてくれる多くの人たちに感謝しながら、これからも生きて行きたいと思う。

関連記事
俊樹
Posted by俊樹

Comments 16

There are no comments yet.
yokoblueplanet  
これからも。。。

こんにちは。
素敵な人生ですね。
これからも毎日を大切に充実した人生を送られ、ご活躍されますように!

2012/09/05 (Wed) 16:08 | EDIT | REPLY |   
マクラ(Maclla)  

以前、私のブログにコメントをいただき、ありがとうございます。

命の尊さを感じました。
病に負けないで、がんばってください!

2012/09/05 (Wed) 22:21 | EDIT | REPLY |   
moko☆モコ  

母が手術した日を思い出しました。
本人は覚悟を決めているようだけど、周りの人達は気が気じゃない。
長い長い一日でした。
命は自分だけのものではないのですよね

俊さんとそしてご家族皆、これからも健やかに過ごされますように♪

2012/09/05 (Wed) 22:28 | EDIT | REPLY |   
Nao  

私も3年前に手術を受けました。
死と直面する程の病名ではなかったですが、それでも手術の同意書の文言を見て
死ぬこともあるんだと初めて “死” というものを感じたものです。

命ってけっこうしぶといですよね^^(悪意や他意はありませんm(__)m)

これからも素晴らしい人生を謳歌して下さいね☆

2012/09/05 (Wed) 22:45 | EDIT | REPLY |   
rifako  

こんにちは。ブログへのコメントありがとうございました。

人は十人十色いろいろな経験をしますね。私は幸い手術という経験はまだないのですが、いつ何が起こっても悔いのない人生をおくろうと心がけています。けど、その場になったらどうでしょうか。俊樹さんの強さを感じます。

2012/09/06 (Thu) 14:35 | EDIT | REPLY |   
qoomom  

気だるい午後
散漫で飽和
『チャーミング』で我に帰る
そして高揚

木魚ポクポクの猫ちゃんもチャーミングです。
コメント、ありがとでした。

2012/09/07 (Fri) 15:58 | EDIT | REPLY |   
香那  
こんにちわ

私のブログにコメントしてくださってありがとうございました。
人に命って本当にわからないものですけれど、俊樹さんが今現在、こうしているのも何かのお導きかもしれませんね。

2012/09/07 (Fri) 16:21 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/07 (Fri) 17:45 | EDIT | REPLY |   
夏至子  

良い言葉はみつかりません

病に負けないで、生きていてくれてありがとう

2012/09/07 (Fri) 22:34 | EDIT | REPLY |   
ネリム  

生きていてくれて有り難う
それだけです。

2012/09/08 (Sat) 17:49 | EDIT | REPLY |   
まっちゃん  
初めまして!

こんばんは! まっちゃんと申します。あなたが大変な手術をされていた日」は、偶然にも、私の誕生日です、、。私のブログに来て下さったお礼を申し上げようと思い、何気なく拝読させていただいて、気がつきました。不思議なご縁を感じます。昨年、私も乳がんを患って 「命」の重さを痛感しました。また うかがいますね! 

2012/09/08 (Sat) 21:13 | EDIT | REPLY |   
Hiro  

こんばんは。

生きる覚悟、潔さ、想いの熱をとても感じます。

2012/09/08 (Sat) 22:02 | EDIT | REPLY |   
Yarcy  
いつ死んでも構いません

2003年秋、医師から難病であり
現代の医療では治す術が無いと言われた。
『行きたい所があるのなら5年以内の内に行って下さい』
『10年後、あなたの身体がどうなってるか保障出来ません』
その10年後が来年。非常に楽しみだ。

もう俺の家族は家を出て自分の家族を養ってる
弟を除いて全て他界してます。
後は俺が逝くだけ
そうすれば家族が揃う。

生きる事が全てじゃない。
死ぬ事だって特別な事じゃない。
生物は必ず死す。
大丈夫。死ぬ事は普通なんだ。
そう信じて今を生きてます。

2012/09/09 (Sun) 00:05 | EDIT | REPLY |   
ミタ 子  

ミタ子の拙いブログにコメントいただきまして、ありがとうございました。

私も小3の時、心臓手術をしました。
先天性の動脈管開存症です。
俊樹さんのような大変な手術ではなかったですが、背中から左胸下まで、大きな傷が有ります。

俊樹さんとは同年代みたいですね。

また、お邪魔させてくださいね。

2012/09/10 (Mon) 20:27 | EDIT | REPLY |   
Yarcy  

わざわざお越し頂きまして
ありがとうございました。

ウチ(のブログ)で質問を頂いたのですが
申し訳ありませんが
記事とは関係の無い話しになってしまいますので
こちらに書かせて頂きます。

病名はミオトニー症候群 筋緊張性ジストロフィ
だそうで…
正直、俺も良くわかりません。(爆)
始めて言われ時は最初『何?それ?』って感じでした。(爆)

2012/09/11 (Tue) 21:26 | EDIT | REPLY |   
ひろ  

私はプロフィールにあるようにブルガダ症候群です。ICDが左胸に入っています。たとえ心室細動になっても機械が作動してくれます。現代医学に感謝しています。もちろん、家族にも。
生き続けることが医学への恩返しだと思っています。

2012/10/15 (Mon) 16:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply