08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

恋地獄。 

恋地獄


つくことには
慣れている
そう 思い続けて
来たけれど
くちびる
重ね合わせる度に
何故か胸騒ぎ
いっそのこと
心憎い
あなたを振り切って
この 地獄から
抜け出したい

関連記事

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

タグ: くちびる  胸騒ぎ      地獄 

[edit]

« その人生に脇役あり。  |  夢に見た印税。 »

コメント

すごいですね!

上手く詩をつくるなんて、
すごいですね!

テラゲン合格! #- | URL | 2012/10/09 19:48 * edit *

恋地獄。。。
地獄の様な経験をしたことがあるので、
この言葉は。。。なんとも重く感じます。

ミッド #- | URL | 2012/10/10 21:57 * edit *

こんにちは。
コメントありがとうございます。
愛情というのは善と悪の表裏一体の
感情のような気がしてきました。

君平 #3/VKSDZ2 | URL | 2012/10/10 22:27 * edit *

凄い人に出会ってしまったかも

俊樹さん、こんばんは!
昨日訪問をいただき、早速昨夜こちらに伺わせていただき、
Page1の記事をつい全部読んでしまったのですが、圧倒されてなかなか言葉が出ませんでした。
今日改めてお伺いして感想をお伝えするならば、
俊樹さんには、本当に色々なことが起こって
またご自分からも色々なことをされているということ。
この記事のような甘い(苦い)恋の歌から
政治の話、遙か昔の自作音源、闘病まで。
何だか計り知れないお方だなぁ、凄いなぁと。
著作まで出版されている方にかけるべき賛辞としては、いささか失礼かもしれませんが・・・。
繊細な感受性と底知れぬエネルギーが詰まっているblogですね。

恋愛感情のけれん味は老若男女共通かと思いますが
俊樹さんの詩は、何も知らずに読むと
中の人は女性だろうと信じ込みそうです。
(よく読むと実際の女性の詩より客観的な視点で構成されているのがわかり、「ああ男性の作品か」と納得するのですが)
なんとも不思議な味わいです。

この詩のような体験は自分もよくしてきたので
個人的に「ですよねぇ」と頷いてしまいました。

燃える朝やけ #- | URL | 2012/10/10 23:07 * edit *

恋をするのは痛みが伴うのだと思います。

ネリム #oM6tt0T6 | URL | 2012/10/11 16:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/67-950a39fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)