04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

病院食は父親の味(父の命日を偲んで)。 

病院食

 わたしが初めて入院を経験したのは、小学6年の時だった。心臓病の発見は小学4年の時であったから、約2年間は医者の目に触れることはなかった。
 そこには、劣悪な家庭環境が背景にあり、学校から専門医の診察を受けるよう注意を促されていたにも関わらず、父親はみて見ぬ振りを決め込んでいたのである。
 労働意欲の全くない父親は、明るい内から酒を飲み顔が夕日に染まる頃には、赤い顔を更に赤くして酔いどれていた。
 金も健康保険証もない状況下では、どんなに病状が進行しても医者に掛かる余裕などなかったのである。
 そんな環境では、まともな食生活が送れる筈もなく、一日三食の日は年に数えるほどしかなかった。栄養不足のわたしの体は、病気も手伝って見る見るうちにやせ細って行った。
 「ウー、ウーッ…」
 けたたましいサイレンを響かせながら、夜の闇を走る救急車の中に、顔を血だらけにしたわたしと酒臭い父の姿があった。
 藤枝では一番大きく、設備の整った「藤枝市立志太総合病院」に向かって白い車は走った。到着した救急車を待ち受けていたのは、数人の医療スタッフとストレッチャーだった。
 「何処へ連れて行くのだろう…」
 不安な表情を浮かべるわたしに父が上から語りかけた。
 「とし坊、もう大丈夫だ…」
 酔いが少し覚めた父の口調は優しく温かだった。子どもにとって親の一言がどれだけ大切で救われることか。
 わたしは涙を溜めながら「うん」と頷いた。小児科病棟の個室に運び込まれると、その後から慌ただしく看護婦たちが出入りした。
 扉には面会謝絶の札が掛かり、病状の重さを物語っていた。点滴がその夜から始まり、三週間近く続いた。
 個室にいる間は父が時々様子を見に来たが、泊まって行ったのは入院初日の夜だけだった。完全看護とは言え、まだ11歳の子どもである。1人で個室にいるのは淋し過ぎた。ただ、その淋しさを紛らわしてくれたのが朝昼晩の病院食であった。
 一日三回、しかも毎回メニューが替わる食事は、子どもの世界を一変させるほど効果があったし、家にいたらこんな風に、毎日ご馳走は食べられない。育ち盛りの子どもにとっては、空腹ほど残酷で耐え難いものはなかった。
 その日の夕食は、刺身と肉じゃがにワカメの味噌汁だった。食事中に父が紅い顔をしてやって来た。病棟に酒の臭いが広がるのはとても恥ずかしかった。ガツガツと餌にありついた犬のように食べるわたしを見て、父が言った。
 「みっともないから全部食べずに、少しは残せ…」
 何の苦労もなく子ども時代を過ごした父は人一倍プライドだけは高かった。父の馬鹿げた言葉だったが、そんな言葉に耳を貸すこともなく、わたしは綺麗に夕食を平らげた。
そして味噌汁を一気に飲み干した。その後で父が言った。
 「どうだ、父ちゃんが作った味噌汁とどっちが美味い?」
 「そりゃあ父ちゃんの方が美味いよ」
 「父ちゃんの味噌汁は世界一だもん」
 「そうかー、退院したら毎日作ってやるからな」
 嘘でも嬉しい父の言葉が、病院食の器の中で優しくいつまでも木霊していた。

関連記事

テーマ: 病気と付き合いながらの生活

ジャンル: 心と身体

[edit]

« 本田美奈子に捧げる鎮魂歌。  |  ハロウィンの夜が更けて行く。 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/11/04 02:10 * edit *

はじめまして

ドリンコリンと申します。
勝手な思い込みかもしれませんが、
重い病や障害を持った人の方が
命の大切さ、重みの理解をしていると思います。
生きてるだけで、幸せなんだと…。
お暇なときにはブログ見に来てください。
ご訪問ありがとうございました。

ドリンコリン #- | URL | 2012/11/04 02:55 * edit *

涙がこみ上げてきてうまく書けませんが、お父様の愛情、またお父様を思う気持ちに心打たれました。(初めてコメントします。)

R.janvier #P87isURU | URL | 2012/11/04 08:33 * edit *

いつもコメント有り難うございます。

お父様の深い愛情が伝わってきました。

ネリム #oM6tt0T6 | URL | 2012/11/04 09:20 * edit *

こんにちは~♪
私も特定疾患で子どものころから病院の世話になっています。
お父さまとのあうんの呼吸、何とも言えませんね。
私は中学の時に父親も亡くなって、唯一の近親者は伯父だけですが、辛い思いはしたことがありません。
病院食に思い出があるというのは何とも言えませんね~

まり姫 #8m8hig/. | URL | 2012/11/04 17:28 * edit *

そんな酷い目にあっても父親がいいんでしょうか。。。

わたしは父を殺しましたから。。。

にーチェ♪ #- | URL | 2012/11/04 21:15 * edit *

読んでて涙があふれてしまいました。

城山三郎 #- | URL | 2012/11/04 23:00 * edit *

キュウイにこのさらは、でかいですねw

New jack #- | URL | 2012/11/05 15:58 * edit *

壮絶なお話です

筆舌に尽くしがたいエピソードでしたね。
でもお父さんを恨まず愛し続けられるブログ主
さんの寛容な心に涙するばかりです。

フウ #- | URL | 2012/11/05 19:35 * edit *

思い出の味。

私が欝になって、一歩も家から出て行けなくなった時に感じた空腹は今でも忘れられません。
母が、運んでくれた食事に涙したのを覚えています。
食べのもを美味しいと感じた時に、色々なものに
自分が飢えていたのだと気づきました。
お父様も、何かの飢えをお酒で満たしていたのでしょうか?
今も、ずっと自分が何故生かされたのか?を
考えています。

とうこ #- | URL | 2012/11/05 22:14 * edit *

父親はたった一人なんですよね

この世に代わりなんていない、

かけがえのない存在ですよね。。



たっつんF #- | URL | 2012/11/06 14:47 * edit *

つらいな...

お父様の命日でしたか...

そうですね....

残されたものは...

出来る事は限られている

さみいけど...

コメントありがとうね。

とっても、とってもうれしいです。

ボヘミアンままん #- | URL | 2012/11/06 18:16 * edit *

どうもです!
ブログにコメント、ありがとうございました!

私も入院経験があるんですが、食事はやっぱり楽しみでしたね(笑)
朝寝過ごして看護師の方に迷惑をかけたこともあったり…
ちなみに私には父親が居るようで居ないんですが、久しぶりにたずねて行ったらごちそうを食べさせてくれました、おいしかったです

私もいつか、父親のお味噌汁を飲んでみたいです

それでは!

富風ハル #JBb1Kcgw | URL | 2012/11/06 18:52 * edit *

昔、今は亡き父の勤めていた会社が倒産して、無職になった時、父もしばらく働きませんでした。
雇用保険に入っていなかったから、失業保険ももらえないし、母と私がいくら言ってもダメでした。

やはり、昼間っからずっと酒を飲んでいました。
私は学生でしたのでバイトをして、専業主婦だった母もパートに出て、女二人の稼ぎで暮らしてましたね。

でも、私は十分大人でしたから、
ひもじい思いはしたことはないんです。

お父さまには、お父さまなりの
きっと事情があったのかもしれませんね。

ミタ 子 #- | URL | 2012/11/07 18:23 * edit *

僕にも食えない少年時代がありました
昼休みになると水道の水で空腹を満たし図書館通い
そんな記憶が蘇りました。
今となってはよき思い出、おかげでランボーの詩に出逢うことが出来ました。

kuro #- | URL | 2012/11/10 19:31 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/78-801557da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【病院食は父親の味(父】

 わたしが初めて入院を経験したのは、小学6年の時だった。心臓病の発見は小学4年の時であったから、約

まっとめBLOG速報 | 2012/11/04 16:03