05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

蛍の啼く夜に。 

hotaru


蛍を捕まえて来てと
君が泣く
今は冬だからと
君の傍らに寄り添い
なだめてみるが
それでも君は
蛍を捕まえて来てと
涙で訴える
冬の瞬く夜に出て
夏を探しに出かける
冷たいベッドに沈む
君のために
蛍を探しに出かけてみる
凍てつく空と
枯れた地上の間に
埋もれた夏を
見つけるために
そうしないと
君が
蛍になってしまうから
蛍の啼く夜には
もう
帰りたくないからね


2012年8月2日掲載の記事(「短編小説「冬の蛍」)参照の事。
関連記事

テーマ:

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 北朝鮮の限りなき野望と現実。  |  出版社の選択は慎重に。 »

コメント

俊樹さん初めまして。
ブログの訪問ありがとうございます。

記事色々読ませていただきましたが、、ほんと考える事ばかりでした。


多くの方の悲しみを受けて詩を書いている。。
そんな気がします。

初コメントですが失礼しました。
また拝見させて頂きますね^^

のりさん #- | URL | 2012/12/17 23:07 * edit *

僅か一夜の儚い命、蛍の鳴き声が聞こえてくるようです。

冴子 #- | URL | 2012/12/19 00:55 * edit *

蜒?°荳?螟懊?蜆壹>蜻ス縲∬寫縺ョ魑エ縺榊」ー縺瑚◇縺薙∴縺ヲ縺上k繧医≧縺ァ縺吶?

蜀エ蟄政 #- | URL | 2012/12/19 00:56 * edit *

己の命を削って、光を放っているような気がして…
だから、妖しく美しいのかも。

ミタ 子 #- | URL | 2012/12/19 21:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/90-8b3267d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)