冬枯れて


西に沈む夕陽が、わたしの影を四角に作る。
外が冬だったことに、気づいてわたしは驚いていた。
わたしの部屋には、季節が訪れない。
残り少ないカレンダーだけが、冬をわざとこじつける。
くちびるを突き出して息を吐く。
それは白く色付いて、寒さに震えて凍えそう。
長い間、忘れ去られたクリスマス・ツリーが、一斉に輝き出す。
深い夜の淵に腰掛けて、嘘を数えてみたりする。
するべきことなど、何一つありもしないのに。
暗いばかりの冬空は、わたしを不安に駆り立てる。
歩いても、走っても、何処へも辿り着けない。
居心地の悪い解放感だけが、わたしを包み、
心は、不自由な暮らしへと帰りたがるばかりで。

関連記事
俊樹
Posted by俊樹

Comments 6

There are no comments yet.
ネリム  

出口が見えないのも辛いですね。

2012/12/21 (Fri) 21:00 | EDIT | REPLY |   
blackout  

季節は進んでいく

時は刻まれていく

しかし、わたしの中の刻は止まったまま…

虚無感とともに…

2012/12/21 (Fri) 23:51 | EDIT | REPLY |   
HIZAKI  

いつもご訪問いただきありがとうございます。拍手コメにこっそりコメントしようと思いましたが、どうしたことか途中で送信されてしまうので、堂々?とこちらへコメントさせていただきましたw ハイレベルのポエムに感想を添えさせていただくほどの者ではないので…お願いを一つ。
「また 吐き」にてリンク貼らしていただいてよろしいでしょうか?人魚の恋と並べてw
よろしくご勘案のほどを。

HIZAKI

2012/12/22 (Sat) 03:01 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/23 (Sun) 15:18 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/27 (Thu) 21:41 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/31 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply