05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

乾きすぎた女。 

乾きすぎた女


アスファルトを叩く雨が
囁きを呑み込んだ
雨に潤む路面に
気を取られたまま
曖昧な返事を繰り返す
どんなに優しい言葉も
どんなに温かな微笑みも
わたしの心は拒んでしまう
乾いた街は雨に濡れ
輝きを見せるけれど
乾きすぎた女は
他人の愛では
もう輝かない
関連記事

テーマ: 恋愛詩

ジャンル: 小説・文学

[edit]

« ホームランに花束を。  |  酒と涙のクリスマスケーキ。 »

コメント

ご自愛ください

ご自愛下さい。
文芸の才能を伸ばして下さい。

アハウ クニヒコ #amS06Jd. | URL | 2012/12/28 20:44 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/12/29 21:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanbe0107.blog.fc2.com/tb.php/94-de2cd35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)