FC2ブログ

ビーチサイドの人魚姫

俊樹

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

あなたが心変わりしないうちにあなた色に染まりたいわたしです※雨の日の浅草界隈を撮影しようと思い、浅草橋で降りたところで雨が止んでしまった。そのまま神田川を下り隅田川に出た時に見つけたのがこの紫陽花。写真の醍醐味はその被写体が持つ魅力を最大限に引き出すところにある。花を花のまま撮影するのではなく、そこにストーリー性を含ませる事。そうする事で花の魅力がより一層際立ち花自身も喜んでくれるだろう。...

みなもを走る 小舟の跡を一羽のカモメが 追いすがる波間に消えゆく あなたの姿啼けど届かぬ 焦がれる想いさすらう風に 乗り遅れああ~ わたし 別れ涙の神田川空の青さは あなたの心映す鏡の いじらしさ揺れる小舟は はかない恋の波間を漂う 浮世花せめて咲かせて 散りたいけれどああ~ あなた 別れ涙の神田川うそと本音は 恋の味薄めたグラスは 過去の色隠したつもりが 解けて濡れる世渡り上手な あなたの前で揺れるみなもは わた...

カモメ横切る みなもの上に恋のしずくが 落ちました焦がれる心に 波紋が揺れてつかみそこねた あなたの笑顔あああ~ 恋に恋する神田川今日もひとり 立ち尽くす夢の続きを 見たくて今日も橋のたもとに もたれて待つわたったひとつの 約束だけど忘れるなんて 出来ないわあああ~ 恋と涙の神田川揺れる心に 波しぶきあああ~ むせび泣いてる神田川あなたの声が 木霊する...

運河の流れるこの街であなたと出会った橋の欄干にもたれながら神田川を眺めていた運河の上を風に乗ったかもめが一羽飛んでいくあなたは橋の上から何を見ていたの?待ち合わせの場所はいつも此処で待っているあなたの肩を叩くわたしあなたとわたしの笑顔がひとつになって街の喧噪に溶け込んだ二人の将来を話し合ったこともなくそこまで束縛するほどでもなかった二人まるで わたしたち流れを止めた運河みたいね...

白いカモメを夕陽が染める日暮れにたたずむ影法師此処に来ればあなたに逢えるそんな気がして見つめた神田川気まぐれな風が川面を滑り想い出しぶきが頬濡らす酔った振りしてあなたの肩にもたれて眠れば夢の川カモメに託した想いは何処届かぬ夢と知りながら背伸びして見た神田川あなたの背中を流れ行く揺れる想いが川面を渡り流れの早さが時を射す飛び交うカモメはあなたの名前せめてもう一度だけ逢えるならああ―神田川んん―この身投...

あなたと眺めた神田川春のそよ風に触れて今日も静かに流れてるあなたと出逢った神田川二人の想い出作りもここからだったわね橋のたもとに腰掛けて手と手を重ね見つめ合うファーストキスもここだったキラキラ光る神田川あなたキラキラ星の川空の果てから見つめてるわたし独り見つめる神田川優しいあなたの神田川さよならわたしの神田川...

あなたと二人ならどこまでも濡れて行きましょう二人を遮る傘を捨て互いの背中は見せっこなし前だけ見つめて行きましょう優しい雨の神田川流れ続けてどこまでも手と手を取り合いいつまでも同じ夢みて眠りましょう流れを止めない神田川二人も止まらず行きましょうどこまでもいつまでも変わらぬ愛を抱きましょう...