FC2ブログ

ビーチサイドの人魚姫

俊樹

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

七夕祭りの 夜も更けてあの娘もきっと今頃は 短冊片手に願いを馳せる星の瞬き溢れる想い 夜空の果まで旅支度星に願いを込めたなら天の川さえ 流れを止めて二人の行く末 見守るでしょう年に一度の逢瀬と知って 夜空の神さま紅ら顔星に願いを込めたなら宇宙の果で 散歩する二人の星が 一つになって僕の短冊 想いと一緒に 宙(そら)に舞う星に願いを込めたなら笹舟ながるる 天の川向こうの岸まで 届けておくれ...

午前0時の扉を開く二人だけの秘密の合図甘いバニラの吐息を吹きかけ高鳴る胸の谷間に薔薇が咲く開けてはならぬと囁く夜が二人の逢瀬を戒めてもアダムとイヴが寄り添うように熟れた果実は余りにも甘過ぎて齧った分だけ耽美な夜が訪れる二人を結ぶ愛言葉戯れのmidnightに愛と言葉の真実を…...