FC2ブログ
ビーチサイドの人魚姫
俊樹

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

戦争と平和の狭間で(終戦の始まり)。

2015年08月12日
エッセイ 17
戦争


 終戦70年の節目を迎え、各地で戦争の無意味さと平和の尊さを訴える催しが行われている。年を重ねる毎に戦争を知らない世代が増え、平和の定義も細分化され始めている。日本は原爆を二つ落とされ最悪な結果を招き、その数日後に無条件降伏した。厚木基地に降り立ったマッカーサーはパイプを誇らしげに咥え、にんまりと微笑んだ。「此処はアメリカだ」と心で呟いただろう。そして厚木基地アメリカのシンボルとなった。
 基地返還を訴えたところで、虚しくオスプレイや戦闘機の爆音にかき消されるのみ。戦後の日本はアメリカのバックアップを元に急成長を遂げたが、日本列島の至る所に米軍が駐在し、果たして本当に戦争は終わったのだろうか?平和は訪れたのだろうか?と疑問に暮れる。
 戦争終結とすり替えに平和が手に入ったとは到底思えない。いまだに原爆の後遺症に苦しむ大勢の人々。蝉も鳴き止むほどの猛暑に耐えかね、ビールとクーラーに囲まれて終戦記念日の特集をTVで見る現代人たち。
 神風特攻隊の若者が天空に散って行く姿をどのような思いで見詰めるのだろうか。戦争は国によってその捉え方が異なる。聖戦と称し、自爆テロに走るイスラムの人々。戦争の仲介屋になった米軍。無差別に人が殺される戦争に正しいものはなく、戦いの後に残るものは虚しさと悲しみだけである。地球は丸いのに丸くなれない人間たち、その愚かさに気付いてももう手遅れかも知れないが。

関連記事

気に入ったらシェア!

俊樹
この記事を書いた人: 俊樹
本名/神戸俊樹
静岡県藤枝市出身。
19歳の時に受けた心臓手術を切っ掛けに20歳から詩を書き始める。
2005年3月詩集天国の地図を文芸社より出版、全国デビューを果たす。
うつ病回復をきっかけに詩の創作を再開。
長編小説「届かなかった僕の歌」三部作(幼少編・養護学校編・青春編)父を主人公にした(番外編)を現在執筆中。
詩、小説、エッセイ、作詞など幅広く創作。
2019年9月、一眼レフデビュー。Nikon D700を使用。
2020年4月、Nikon D810にアップグレード。

コメント17件

コメントはまだありません

yoyo

No title

歴史を見ていると、人間は過ちと分かっていて戦争を繰り返しているのではないかと思えてきます。
人の欲望の中には、地球に対する思いやりはかけらもないんですよね。
洪水、干ばつ、猛暑日の原因が一体なんなのか。そこを考えて変えて行かないといけないと思うのですが。

2015年08月12日 (水) 07:44

アイヌラックル

No title

御無沙汰してます。アイヌラックルです。
昨日少し興味深い記事を見ました(下記参照)http://news.nicovideo.jp/watch/nw1736741

これは私の私見になりますが、これも「思いやり」に関わってくることではないだろうかと思います。人を思いやることが出来る人が今この世の中にどれだけいるのか私にはわかりません。ですが、そういう人たちが発し、願う平和こそが真の平和であり、そうではない人達が発し、願う平和などはただの詭弁・欺瞞であると思うのです。
そう思えば、最近の人間関係の希薄さを嘆かざるをえないのです。

2015年08月12日 (水) 10:57

sado jo

こんにちわ^^

私の自作小説「地球年代記~遥かなる星の彼方へ~」では無いですが、
人々は自分達…の子孫がやがて「新たなる宇宙の創造者」となる運命にある事を忘れてるんですね。
偉大なる使命を背負っていながら、何たるザマでしょうか?(嘆)

2015年08月12日 (水) 16:55

みゆきん

No title

嫌いなスターリン
岡田ますみに似てるって思うの私だけかしら?

2015年08月12日 (水) 17:01

ネリム

こんばんは
戦争は二度と起こしてはならないと思います。

2015年08月12日 (水) 20:41

野津征亨

No title

こんばんは。

今年で終戦から七十年。もちろん、わたしは当時まだ生まれていません。いわゆる「戦争を知らない世代」のひとりです。
周りも、自分も、果たして平和の尊さを本当に理解しているのだろうか、と思う時がままあります。

2015年08月12日 (水) 20:54

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年08月12日 (水) 21:27

koyuri

戦争を体験した父も死んで

徐々に実際の体験者からの言葉を聞けなくなりつつありますが、それでも伝え続けないと、再び戦火が日本に起きます。

「敗戦」を「終戦」と呼んで、責任を曖昧にした国ですから。

2015年08月12日 (水) 23:27

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年08月13日 (木) 02:56

リエ

No title

拍手欄の方にコメントを頂いていたのに、気付きませんでした。ごめんなさい。チェックする習慣がなくて…

私は仕事柄、ダッハウの強制収用所を案内したりします。今もその帰りの電車の中でこれを書いています。あまりの惨さに皆さん言葉をなくされます。数度ですが実際に使われたガス室に入ったり、収用所での様子が写真や映像を使って事細かに説明されていて…

1965年から公開されていますが、ドイツ人が戦争で犯した罪を認めるのに20年かかりました。そして全世界に向けて自分たちの犯した罪を認め、その事実を公開しています。

日本は70年経った今もそれが出来ていません。福島のこともしかり、外国にいると色んな事が見えて来ます。上部だけでない対応をして行かないと、今のままで良いわけがありません。

2015年08月13日 (木) 21:55

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年08月14日 (金) 21:15

ryou904

初めまして

いつも訪問ありがとうございます。

何気ない写真ですが、独裁者に猫バージョンを

載せるとは凄いです。 こんな発想出来ないです。

2015年08月14日 (金) 22:18

ryou904

追記

しかし何で安保案進めるのか分からない。

独裁者は最後はダメになるのに。

これだけは納得できない。 戦争を出来る国にしてはならな

い。 だって過去があるでしょう。 

2015年08月14日 (金) 22:32

sado jo

終戦記念日に思う

本日は8月15日「終戦記念日」ですね^^
思いますに、日本人が右傾化しておかしくなってるのは、死と言うものに無知だからだと思います。
昔は老人は、みんな家族に見守られながら、自宅で息を引き取りました。
今は病院の集中治療室です…中年以降の世代は誰も現実の人の死を見た事が無い><
ならば「自宅で死ぬ権利=尊厳死法案」を作って、子供や若者に、人の死の現実を見せてやればいいのでは?
そしたら、最近少年が起すイジメや残虐犯罪も減るし、ネットで見掛ける若い右翼の考えも180度変りますよ。

2015年08月15日 (土) 13:15

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015年08月17日 (月) 23:32

汐里

こんばんは

 最近はほんとうにきな臭くなった気がします
 とみに思うのはブラック企業が話題になった頃から
 日本では人の命が軽んじられるようになってて
 ブラック企業の人命軽視と戦争とは繋がっているのかもしれません

2015年08月20日 (木) 22:33

sado jo

歴史改ざん

安部総理の影響からか、あちこちで、すでに公認された歴史改ざんをする人が増えて来ました。
反省も無く「戦争に犠牲は付き物だ」と平気で書いてる記事を、最近よく見掛ける様になりました。
人間としてマトモな神経を持ってない連中がネット上で横行してます。
この連中が結構理屈が上手で人気があるんですが、私の世代は、実際の戦争現場にいた人から本当の話を聞いています。
現実を知っている私たちは決して屁理屈には騙されませんが、若い人達は威勢の良い連中に釣られてしまうんでしょうね><

2015年08月25日 (火) 14:49