FC2ブログ

祭りで賑わう夜(詩集・天国の地図より)。

2016年10月11日
15
藤枝祭り



祭りで賑わう夜
父は病床に寝たきりの身体を起こして
息子の帰りを
独り静かに待っていた
外は祭りの熱気で溢れているのに
か細くやせ衰えた肩や手が
息子を呼んでいるのに
今夜には帰り筈の息子は
夜更けまで何処かで遊び惚けている
祭り太鼓
父の胸には悲しく響くだけ
帰らぬ息子を想っているのか
自分の憐れさを悲しんでいるのか
隙間風が枕元を通り過ぎて
祭りも終わりを告げるようだった


※末期の肝硬変余命いくばくもない父から呼出され実家へ帰った時、藤枝は4年に一度の大祭だった。その時を回想して作った

関連記事
俊樹
Admin: 俊樹
本名/神戸俊樹
静岡県藤枝市出身。
19歳の時に受けた心臓手術を切っ掛けに20歳から詩を書き始める。
2005年3月詩集天国の地図を文芸社より出版、全国デビューを果たす。
うつ病回復をきっかけに詩の創作を再開。
長編小説「届かなかった僕の歌」三部作(幼少編・養護学校編・青春編)父を主人公にした(番外編)を現在執筆中。
詩、小説、エッセイ、作詞など幅広く創作。
2019年9月、一眼レフデビュー。Nikon D700を使用。
2020年4月、Nikon D810にアップグレード。

Comments 15

There are no comments yet.

orenge

我が家方面も祭りが近いです

たまらなく切ないです。賑わいと相反する静寂。
「サウンドオブサイレンス」この言葉が頭の中に浮かびました。
手繰り寄せる細い糸がお互いの手の中で引きあう。

病はいつでも嫌なものですね。

2016/10/11 (Tue) 17:14

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/11 (Tue) 21:59

ichan

こんばんは。

病を患ったとき、頼れる人が居ない。
もの凄く不安を感じるという情景が
浮かび上がりました。

2016/10/11 (Tue) 22:07

koyuri

祭は盛り上がるけど終わりが淋しいですね

それでも、息子さんが帰って来ただけで、充分幸せだったんだと思います。

2016/10/11 (Tue) 22:42

よしお

おはよう

お祭りですか。
お祭りというと出店のおいしい食べ物が思い浮かんでしまいます(笑)

2016/10/12 (Wed) 09:26

ネリム

こんばんは
病気というのは怖いですね

2016/10/12 (Wed) 17:22

まるまりもマルマリ

せつないですね…
活気溢れる外と弱くなった自分との
差がせつないですね…

2016/10/13 (Thu) 16:33

みゆきん

祭りは大好き
冬は大嫌い・・・イジイジ

2016/10/13 (Thu) 17:47

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/15 (Sat) 18:10

野津征亨

こんばんは。
先日は拙宅にコメントいただき、ありがとうございました。何だかご心配おかけしてしまったようで…こちら様にコメントさせていただいた後に拍手コメントに気付きました(汗)入れ違いになってしまってすみませんでした。

病に侵され、痩せ細り、外の祭りの賑やかさも遠い世界となってしまった父親の、それでも息子の帰りを待つさまが何とも言えず物悲しいです。
わたしの父も一昨日、網膜剥離で緊急入院、手術したとの連絡が急に入り、心ここにあらずで過ごしました。
老いというのは哀しいものです…

2016/10/15 (Sat) 19:52

かみかわ

我が子待つ

祭り賑わう 寂しさよ 残りの時を 共にしたらむ 我が子には 迎えし祭り 幾多あり 我には最期 祭りの音は

2016/10/16 (Sun) 04:56

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/17 (Mon) 21:55

よしお

おはよう

自分はお酒とか飲めないので、お酒を飲みすぎるってのはないでしょうねぇ~。
まぁ、精神的なストレスとかの苦痛では大変ですけどね(ー。-;)

2016/10/18 (Tue) 09:55

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/21 (Fri) 16:09

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/25 (Tue) 02:08