FC2ブログ

雨が恐怖に変わる時(西日本豪雨に思う)。

西日本


 地震の次は大雨と、次から次と襲い来る自然の猛威に、私たち人間は為す術もなく余りにも無力だ。家を失うのは致し方ないにしても最優先すべきは命であり、生きてさえいればやり直す事は出来るが然し、有無も言わさぬ突然の喪失感は後にPTSDとなって人の心を蝕み苦しみ続けるかも知れない。それでも人間の持つ未知なるパワーを信じて、明日に向かって歩を進めなければならない。命ある限り希望は必ずや見えて来るだろうから。
 平成に入り最悪の水害となった西日本豪雨。休むことなく3日3晩に渡り降り続いたその雨は、聖書に登場するノアの大洪水を想起させるほどだった。空には湿り気をたっぷり含んだ暗雲が重く垂れ込め、未曾有の雨が容赦なく地上に降り注ぎ、各地で土砂崩れを招き、河川は堪り兼ねたように氾濫し木材や巨大な岩石を押し流し、川沿いに点在する町や村を尽く呑み込んで行った。
 私はこの凄まじい豪雨のニュースを知った時、44年前に故郷の静岡を襲った水害を思い出さずにはいられなかった。それは私が10代の時に体験した大災害の事であり、『七夕豪雨』と命名され、人気アニメ『ちびまる子ちゃん』の中で『まるちゃんの町は大洪水』と題して紹介されている。
 台風8号の影響を受けた梅雨前線の活動が活発になり、24時間連続降水量が508ミリに達し、静岡地方気象台観測史上最高記録となった。この雨により静岡市内を流れる安倍川と、清水市内を流れる巴川が各所で決壊、氾濫が発生、昭和史上に残る大水害を招いた。当時の私は仕事をしながら夜間のデザイン学校に通っており、その夜は課題のデッサンを完成させるため、会社の事務所で一人、黙々と鉛筆を走らせていた。雨が降り続いているのは知っていたが気にも留めなかった。
 時計が午前0時に差し掛かり、眠気も強くなったので帰る準備をし、1階作業場のシャッターを開けて外を見た時、真っ暗な空から槍の先のような雨が凄まじい音を立ててアスファルトの地面を叩きつけていた。それは初めて雨の恐怖を肌で感じた瞬間だった。この雨ではとても帰れないだろうと思い、その晩は事務所のソファに寝る事にしたのだが…。
 睡魔に襲われ深い眠りに落ちた後、どのくらい時間が経過したか分からぬが、耳元で「ピチャピチャ」という水の音に起こされた。事務所の電気は点けたままにしておいた筈だったが、それも消えて辺りは真っ暗闇。外では相変わらず激しい雨音がしている。ソファの少し下に手をやると一面が雨水で溢れ返っており、「このままではヤバイ」と身の危険を感じたため、真っ暗な中を手探りで2階の作業場に避難し、雨が止むのを震えながら待った。
 外が明るくなると同時に雨も止んだため、少し安堵しつつ1階の作業場を覗くと泥水と一緒にあらゆる物がプカプカと浮かんでいる。これは大変な事になったと不安が身体中を駆け巡った。1階のシャッターを開け外に出ると辺り一面がまるで海のようになっており、茶色の泥水に混じって瓶や缶、日用品などが止めどなく流れついていた。
 兎に角、自宅に帰らなくてはと思い、泥水の中を歩いて行ったが水は腰の辺りまで達しており、徒歩数分の所にある自宅アパートまでは随分時間が掛かってしまった。路地から広い通りに出ると、普段なら車の往来で激しい道路の上をモーターボートが水飛沫を上げて走っていると言う信じ難い光景を目の当たりにした。自宅は2階だったため難を逃れる事が出来た。そしてそれから一週間はゴミや土砂の片付け、消毒作業などに明け暮れ、洪水前の日常が戻るまでに一ヶ月ほど掛かった。2階の屋根辺りまで泥水に浸かった家の住人が屋根から助けを求め、自衛隊のヘリが救助しているシーンをいまでも鮮明に覚えているが、残念な事に同級生数人の家はこの豪雨で流されてしまったと言う。
 このような経験はもう二度としたくはないが、いつまた災害に巻き込まれるか明日は我が身である。先ずは安全確保と命を守る事に徹し、災害を乗り切って行ければと思う。最も被害の大きかった広島、岡山、愛媛の各地域では、急ピッチで復旧作業や捜索が続いているが、連日の猛暑土砂瓦礫の山に阻まれ、作業は難航している。
 困っている時はお互い様である。こんな時ほど普段の人との繋がりが如何に大切であるかを思い知らされる。炎天下での復旧作業は想像を遥かに超えるほど人の体力を奪って行く。避難所生活が長引くほど心身の疲労は蓄積して行くだろう。辛い時だからこそお互いに助け合いマンパワーを信じて乗り切って行って欲しい。最後に被災された方たちへのお見舞いと、犠牲になった多くの方々のご冥福を祈り、一日も早い復興が進む事を願って止みません。

関連記事

16 Comments

みけ  

アニメ「ちびまる子ちゃん」
『まるちゃんの町は大洪水』
観た記憶があります。

大変な経験をされたんですね。
と言う私も 幼稚園の時
洪水で 家の前の道路が川のようになり
おぶられて 近くの教会に避難した事を
今でも覚えています。

被災地では 今度は猛暑との闘い。
本当に 大変な事と思います。
テレビで 水は怖いけどなければ困る…と
話されてた女性の言葉が心に残りました。
まだまだ多くの時間がかかると思いますが
1日でも早く 落ち着いた生活が戻ってきますよう
願わずにはおれません。

2018/07/17 (Tue) 15:49 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/17 (Tue) 16:01 | REPLY |   

sado jo  

本来なら命を育むはずの水は、時として命を奪う凶器に変貌します。
自分も子供の頃、台風で川が氾濫して家屋が流されるのを間近に見た事があります。
今回の豪雨災害で亡くなられた217人(現時点)の方々のご冥福をお祈りいたします。

2018/07/17 (Tue) 20:11 | EDIT | REPLY |   

tugumi365  

俊樹様の体験を聞いて よく無事だったと安堵しています。
豪雨で200人以上の方が亡くなり 信じられません。
自然災害なのか?人災なのか?今までにない災害です。
暑い中 復旧作業をしているのをテレビで拝見して
元通りになったとしても また同じ場所に家を建てるとなったら
私なら考えてしまします。トラウマになってしまうでしょうね。

2018/07/18 (Wed) 06:33 | REPLY |   

Mrs.PIE  

豪雨

子供ころ、夜、豪雨の中を
コンビニで透明の雨合羽を買ってもらい
みんなで公園に

裸足で

凄かった!
地球が水の中に沈むと思い、恐怖で足がすくみ
歩くことなんてできなくて
みんなで手を繋いで、雨の中を大きな樹の下まで

今から思えば、ママの考えた豪雨体験。
避難、って簡単に言うけど、豪雨になってしまったら子供たちは歩いて避難ができないかも、、、

今回も子供の犠牲
かわいそうで、幸せな日々がいっぱいあるはずの人生
あまりに、かわいそう
胸が痛みます

どうぞ、ご冥福を

2018/07/18 (Wed) 06:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/18 (Wed) 14:59 | REPLY |   

ネリム  

こんばんわ
豪雨は怖いですね
亡くなった方のご冥福を祈りたいです

2018/07/18 (Wed) 19:24 | EDIT | REPLY |   

koyuri  

子供の頃、台風が来ると

家の側の川が増水して、岩がゴロゴロ転がる音がして、不安で良く眠れなかったコトを思い出します。

川より、かなり高いので、さほどの被害は無かったのですが、川の近くは流木や、巨大な岩で流れが変化してました。

人間は、自然を制御出来ないので、もっと謙虚にならないとダメだと思いますね。

2018/07/18 (Wed) 22:26 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/19 (Thu) 13:07 | REPLY |   

ソカロのゆうです!  

凄いことになっていますね。

東日本大震災の時に、西日本や九州、四国の人たちが他人事の様に感じていたと言っていたことを思い出しました。ここ熱海でもニュースは流れ状況を知ってはいますが、私事にはなっていません。もちろん、私自身も現地に飛ぶ余裕もなく日々の生活に追われています。今週初めには熱海のこがし祭りがあり、熱海独特のイベントの渦です。そんな中「大変だね」の言葉は聞きますが、基本的には自分のことで精一杯。人間の限界を感じます。自分の身に降ってこそ私事になるのであって、また、近くの友人、知人が巻き込まれて、家族が災害にあって初めて身近に感じる様になるのだと思います。人って身勝手ですよね。そして、人って一人で出来ることは限られていますよね。本当になんのために人が生きているのかを疑問に思います。多分、意味はないのだと常々感じているのですが、その通りだと改めて思います。早い復旧が出来るといいですね。現地で活動をしている方の安全と無事を思うのみです。では、また。俊樹さん

2018/07/19 (Thu) 14:42 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/19 (Thu) 15:14 | REPLY |   

雪野繭  

水害の体験があるなんて、大変な思いをされたのですね。
私の住んでいる地域は海抜が低いので、
大雨になったら、たぶん危ないと思います。
隅田川に沿う形でテラスの公園を作っていますが、
大潮の時は水没してしまいます。
公園の景観を保つために、けっこう予算を使っているのでは?
大きな天災があると、東京の被害は計り知れないでしょう。
しかし、みんな、そうと知って住んでいます。
被害が少ないと信じているのでしょうね。
私もそうですが・・・。

2018/07/20 (Fri) 19:37 | EDIT | REPLY |   

G&G  

こんばんは。お久しぶりです。
西日本の豪雨災害は、目を覆う、ひどいものでした。
亡くなられた方々の、ご冥福をお祈りするとともに、
一刻も早い、復興を、切、願います。
・・・・
PS:この災害に対し、対応の遅れた政府に対して、憤り
を感じます。
しかも、こんな大災害の時に、カジノ法案を押し通して
しまう、政府って、いったい??なんなのか。
・・・・
自然災害に対しての、人間の無力さを感じるとともに、
政府の無策ぶりには、腹が立ちます。

2018/07/20 (Fri) 19:50 | EDIT | REPLY |   

よしお  

こんにちは

まさか雨でこれだけの被害がまた出てしまうってのは驚きだよ。
まだ生活が戻ってきてない人たちも、そうとう居ますからねぇ。
ボランティアを必要としてても全部には行き届いてないらしいですね。
被害の範囲が広いから全部に割り振るのは難しい状態らしい(・。・)
作業がしやすい気温だと皆さん助かるのに、暑い状態だからねぇ~。
つらいだろうねぇ・・・

2018/07/21 (Sat) 12:58 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/23 (Mon) 15:33 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/05 (Sun) 14:39 | REPLY |   

Post a comment