FC2ブログ
ビーチサイドの人魚姫
俊樹

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

息子と6年ぶりの会食!

2018年08月26日
料理・ドリンク 14
悠飛2018


 7月21~22日の2日間、新潟にいる息子が上京して来た。21日は娘の所に泊まり翌日の22日、夜10時に西台駅で待ち合わせをして、そのままタクシーでアパート近くにある和食レストラン『とんでん』に入り遅いディナーを愉しんだ。
 私が注文した料理は和風ハンバーグ定食と生ビール。息子は秋葉原で友人と軽く食べて来たようで、ざる蕎麦とミニオホーツク丼。6月に娘と焼き肉を食べたので約1ヶ月ぶりの外食である。以前にも何度か話している通り、普段は味の薄い腎不全食(病人食)だから、この定食の量と味に「食べ切れるだろうか?」と一抹の不安を覚えたが、箸を付けてしまうと見た目よりも意外とあっさり味で、息子の顔を見られた事の喜びも相まって残す事なく全部を平らげる事が出来た。
 一人の時はアルコールも飲まないので、空きっ腹に僅か一杯の生ビールが身体中に染み渡り、顔が紅くなってしまった。息子と最後に会ったのは2012年の正月、まだ高校生で17歳だったから、6年ぶりの再会となる。高校生の時より少し太ったように見えたが、幼い頃の面影は健在で、肌が白いのは私の母に似たのかも知れないと思った。
 そんな息子も2年前に地元の娘さんと結婚し、今では一児の父親である。つまり私は「おじいちゃん」と呼ばれるようになった訳である。3人の子どもが居て、そして孫にも恵まれこれほど幸せな事もないだろう。天から授かったようなこの幸せを壊さない為にも、出来るだけ元気で長生きしなければとつくづく思う次第である。
 数年前、息子が私の詩集に興味を持ち、「手元にあるなら1冊送って欲しい」と言われた事があり、早速、送ってやると、数日経った後に詩の感想がlineで送られて来た。具体的な感想ではなかったが、お気に入りの作品が4点ほどあったらしく、詩集を大切に扱ってくれているようだ。その息子が今は小説を書いており、その短編小説が2次審査を通過し、雑誌に名前が載ったというではないか。母親が絵本作家だからやはりその血を受け継いでいるのかも知れない。
 母親曰く、かなりハイレベルな小説を書くようでついていけないと感心していた。自分の事はともかくとして、これでまた将来の楽しみが一つ増えたという事にもなる。私も息子に負けてはいられない、執筆途中の小説を元気な内になんとしても完成させなくては…。

関連記事

気に入ったらシェア!

俊樹
この記事を書いた人: 俊樹
本名/神戸俊樹
静岡県藤枝市出身。
19歳の時に受けた心臓手術を切っ掛けに20歳から詩を書き始める。
2005年3月詩集天国の地図を文芸社より出版、全国デビューを果たす。
うつ病回復をきっかけに詩の創作を再開。
長編小説「届かなかった僕の歌」三部作(幼少編・養護学校編・青春編)父を主人公にした(番外編)を現在執筆中。
詩、小説、エッセイ、作詞など幅広く創作。
2019年9月、一眼レフデビュー。Nikon D700を使用。
2020年4月、Nikon D810にアップグレード。

コメント14件

コメントはまだありません

sado jo

血も意思もちゃんと受け継がれているのはうれしいですね~
息子さんの今後のご活躍をお祈りいたします^^

2018年08月26日 (日) 11:18

koyuri

本当に良かったですね

子供が出来たり、孫が出来るのは人生で最大の喜びです。

おまけに、作家としても有望みたいで、御両親の良いトコを受け継いでいるのですね。

お元気そうで何よりです。

2018年08月26日 (日) 23:08

kotobuki

羨ましいな~。

こんにちは。

僕には子供が居ないので、自分の事の様に嬉しく思いました。
良い話を聞かせて頂きました。
ありがとうございます。
お元気で、幸せな気持ちでお過ごし下さい。(笑顔)

2018年08月27日 (月) 09:25

ももPAPA

こんばんわ

いつもありがとうございます!

息子さんとの再会されての食事、そして息子さんのご成長 感慨ひとしおでしょう。
何だか、私も かれこれ5年前、息子と温泉に行ったことを思い出しました。

もしかして、小説家デビュー なんてサプライズもあるかも・・♪







2018年08月27日 (月) 19:11

ネリム

こんばんわ
息子さんとの食事素敵ですね

2018年08月27日 (月) 20:07

ふたごパンダ

こんばんは♪

久しぶりに息子さんと外食を楽しめてよかったですね♪
息子さんは小説を書かれているのですね。
神戸さんと奥様の血を引いているから
素晴らしい才能が開花されるでしょうね(*^^)v

2018年08月27日 (月) 20:50

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018年08月29日 (水) 03:11

みけ

拍手コメント
ありがとうございました(*^-^*)

息子さんも 小説書かれるんですね。
雑誌にお名前が載ったとか。
お父様譲りの才能を感じてしまいました。

6年ぶりの会食。
小説の話などもあり
楽しい時間になった事と思いますv-22

2018年08月29日 (水) 15:24

♪デコ♪

息子さんとのひとときうれしいでしょうね^^

今はデコ息子も離れているので
ちと気になってラインなどしますが

あっちからはきませんのよ( ;∀;)

俊樹さんと同様
文才があって世界が広がって
素晴らしいなぁ^^

子供の成長は
子を持つ親としてどんな事でも嬉しいですよね

離れているとよりそう感じるのではないでしょうか^^

デコも早く孫欲しいなぁ
息子は遅そうな気がする(笑)

娘に期待^^

2018年08月29日 (水) 18:54

よしお

こんにちは

6年ぶりの家族と食事ですか。
思う事も色々とありそうだね~。

2018年08月30日 (木) 13:17

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018年08月31日 (金) 09:48

雪野繭

ご家族とのコミュニケーションがあって、羨ましいです。
6年間、長いようで短いものです。
機会を作って、心の交流があるといいですね。
それにしても、息子さんも跡取りをされているのは凄いです。
若い人のパワーに触れ、神部さんもパワーアップされるのでは?

2018年08月31日 (金) 21:16

baba

それは楽しいお時間でしたね!
親というものいくつになっても
子供に合えるのは嬉しいものですね
息子さんのこれからも楽しみですね♪
おじいちゃま
元気で長生きしてください♪

2018年08月31日 (金) 21:44

tedukuridaisuki

No title

息子さんと会えて楽しいひとときを過ごせたようでよかったです。
命のリレー
私もつながっていくようにと願います。

何かを作るのはたのしいです。
私も子どもの頃詩を書いていて
それなりに評価されるものもありました。
もう書いていませんが~^^;

ブドウは鳥にかなり食べられたのですが
結構収穫しました。
薄味のスイカよりはおいしかったです。^^

2018年09月01日 (土) 21:54