FC2ブログ

小説・届かなかった僕の歌(番外編)あとがき公開。

マイパソコン

 
 届かなかった僕の歌(番外編)は本編である『届かなかった僕の歌(三部作)』の青春編として執筆を始めたが、話しの展開として父・信夫についての記述が増えて来たため、番外編として新たに書き始めた。三部作の(幼少編)と被る部分も多少あるが、その大部分は信夫を中心とした実話を元に脚色している。
 酒と自尊心によって自ら寿命を縮めてしまった父。多くの人は「太く短く」「自業自得」と語るが、私の知る限り父が胸の奥に抱えていた希望や絶望、悩み、苦しみなどを一体誰が理解していただろうか…。酔えば必ず口にする「雪子」や「あぼじ」の事。それらは子どもだった私の耳にしか届いていない。
 馬鹿が付くほどお人好しで、騙されやすい正直者と言う一面もあり、他人に利用される事も度々あったのだろう。雪子が家を出て行き、そして亡くなった後も雪子の影を追い求めていた父。断ち切れない過去の亡霊は信夫を容赦なく苦しめたに違いない。
 その自ら背負った苦しみから逃れる唯一の方法が酒だったのである。決して美味い酒など飲んだ事がないと思えるほど酔った時の父は荒れており、その時だけが心の奥に溜まっている本音を吐き出せる時間だった。その切ない思いを持て余し、幼い私にだけ酒の力に頼ってぶつけて来るのである。
 40を過ぎて漸く後悔の念に目覚め、これまでの人生を取り戻そうと必死に働き出したが時既に遅く、病魔は有無も言わざす父の身体を蝕んで行った。
 信夫を乗せた小舟は希望と言う海に漕ぎ出し、迫り来る荒波を乗り越えながら、漸く安定した航路を見出していたのだが、信夫の運もそう長くは続かず、ついに尽き果ててしまう。おそらく多くの未練をこの世に残し逝ったであろう父の無念は如何ほどのものであったろうか…。
 残された息子として私に出来る事は、私の知っている父の生き様を少しでも多く脳裏に刻み込み、神戸信夫という一人の男が確かに生きていた痕跡を、この場を借りて記しておくことだと思っている。
   
                                                                                                                       2018年 4月 
                                      神戸 俊樹



※42歳の若さで散った父・信夫の半生を描いた長編ノンフィクション小説
※11月5日は父の命日(享年42歳)。死因は末期の肝硬変による食道静脈瘤破裂、発見時大量の血反吐を吐いていたのはその為と思われる。
※届かなかった僕の歌(番外編)は不十分な部分が多々あり完成品とは言えず、更に推敲を重ねる必要があると判断し、執筆を継続する事とした。

関連記事

11 Comments

koyuri  

完全版を楽しみにしています

御身体に無理をかけない程度で、しっかり書きこんで下さいませ。

じっくりお待ちしてますから。

2018/11/04 (Sun) 21:03 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/04 (Sun) 23:14 | REPLY |   

ネリム  

こんばんは
無理のないように執筆して下さい

2018/11/05 (Mon) 19:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/05 (Mon) 23:32 | REPLY |   

かみかわ   

思いをば

探し求めし 子の姿 天に届きて しかと受け止め   命をば 賭けて綴りし 言の葉で この世に残す 珠玉の軌跡

2018/11/06 (Tue) 08:44 | REPLY |   

よしお  

こんばんは

小説ですか。
どんな風にかいていこうかって考えたりするのも難しいですよねぇ~。
考えがまとまらない時もあったりして、すごい苦戦しそうですよね。

2018/11/06 (Tue) 19:27 | REPLY |   

みけ  

拍手コメントありがとうございましたe-420
あれから 歯医者通いになったりで
未だ 図書館に行けてませんが
うれしいお言葉いただき うれしかったです(*^^)

執筆の方
始められてるんですね…
これから 寒くなる季節です。
あまり無理されませんよう…
お身体に気をつけて
執筆なさってくださいね i-260(●´ω`●)

2018/11/07 (Wed) 15:43 | REPLY |   

sado jo  

跡を継ぐ気がないと自分を勘当した父も、厳格でワンマンで決して良い父とは言えませんでした。
何か気に入らない事があったり、周りが自分の思うようにいかないと、しばしば癇癪を起こして怒鳴り散らしてました。
まぁ、その時代の昔男だったと思います…でも、時が過ぎれば懐かしく思えるのはなぜでしょうかね?

2018/11/07 (Wed) 20:23 | EDIT | REPLY |   

雪野繭  

私の父も、お酒で健康を損ねて早死にをしました。
楽しいお酒なら良いのですが、あの無軌道な飲み方では、
きっと美味しくないお酒だったと思います。
お父様の件、悲しい思い出ではなくて、
記録として残すのも良い方法かもしれません。
これから寒くなりますから、どうかご無理をされないように。

2018/11/07 (Wed) 20:49 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/10 (Sat) 18:36 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/10 (Sat) 20:36 | REPLY |   

Post a comment