FC2ブログ
ビーチサイドの人魚姫
俊樹

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

シーツの上の愛。

2019年03月19日
恋愛詩 9
シーツ



洗い立てのシーツに
愛を描いてみた
小指が不器用に這うだけで
愛はシーツの上を滑っていく
洗い立てのシーツの上で
愛が空回りしている




関連記事

気に入ったらシェア!

俊樹
この記事を書いた人: 俊樹
本名/神戸俊樹
静岡県藤枝市出身。
19歳の時に受けた心臓手術を切っ掛けに20歳から詩を書き始める。
2005年3月詩集天国の地図を文芸社より出版、全国デビューを果たす。
うつ病回復をきっかけに詩の創作を再開。
長編小説「届かなかった僕の歌」三部作(幼少編・養護学校編・青春編)父を主人公にした(番外編)を現在執筆中。
詩、小説、エッセイ、作詞など幅広く創作。
2019年9月、一眼レフデビュー。Nikon D700を使用。
2020年4月、Nikon D810にアップグレード。

コメント9件

コメントはまだありません

よしお

こんばんは

洗い立てのシーツですか。
確かに横になったり眠るのには最高だろうねぇ(^。^)

2019年03月19日 (火) 18:39

koyuri

体調は安定しているみたいですね

まだ、少しの間は天候が乱高下するので、お大事になさって下さいね。

2019年03月19日 (火) 21:56

ネリム

こんにちわ
洗い立てのシーツで寝てみたいですね。

2019年03月23日 (土) 10:29

マーニャ♪

いつも素敵な詩を書かれますね。
私は、「消したがる子」に近いモノがあったかも。

いつも思うのですが、トップ画像の女性
スタイル良くって綺麗な方ばっかりですね~♪
惚れ惚れしながら拝見しています。

私は子供の頃から、容姿にコンプレックスがあるので
こういう綺麗なお姉さんが羨ましくって(笑)

季節の変わり目、お身体大切に…。

2019年03月23日 (土) 15:54

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019年03月23日 (土) 17:21

みけ

洗い立てのシーツ。
あの人の痕跡もないそれ‥

なんとなく切ないような
また会う日を夢見て 心が躍るような…
真っ白なシーツに
いろんな気持ちが躍ってるような気がしましたe-420

拍手コメントありがとうございましたe-415
春になったり 冬になったりと
なかなか落ち着きませんね。
俊樹さんも お身体お気をつけて…(*^-^*)i-260

2019年03月25日 (月) 15:35

よしお

こんばんは

フワフワの毛布や布団で寝るのはいいだろうね~(^0^)

2019年03月26日 (火) 21:07

雪野繭

洗濯をして、陽の光で充分に乾かしたシーツの感触は、
とても気持ちの良いものです。
新しい「愛」を育む場所には最適ですね。

2019年03月27日 (水) 18:55

なおたん

素敵な詩ですね

こんばんは♪

当ブログへご訪問ありがとうございますm(__)m

「愛」・・・
切なくも美しいイメージを受けました

物理的に叶わぬ「愛」
そこには「無償の愛」があります

2019年03月28日 (木) 19:11