FC2ブログ
ビーチサイドの人魚姫
俊樹

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

クラゲのような人。

2020年01月22日
写真と言葉 10
すみだ水族館
Nikon D700,Mモード,ISO800,WB電球,SS1/125,f4,TAMRON VR90mm。


まるで掴みどころのない
あなたは
クラゲのような人


クラゲを撮影する上で何処の水族館が一番適しているか調べるため、都内の主な水族館を全て巡ってみた。人気のあるサンシャイン水族館やアクアパーク品川は派手なライトアップで演出効果は抜群であったが、本来のクラゲの姿とは少し違う気がした。江ノ島水族館がリニューアルしたという情報があったので行ってみたかったが、流石に遠いのでそれは断念し、結果的に選んだのはスカイツリーにある『すみだ水族館』だった。
 アクアリウムも大きくその中に多くの水クラゲが漂っており、夢中でカメラのシャッターを切った。クラゲは自力で泳いでいるのではなく、水流に任せて浮遊しているだけだとこの時に初めて知った。然し、どう見てもクラゲの動きを見ていると泳いでいるとしか思えなかった。クラゲを出来るだけアップで撮影するためマクロレンズを使用した。神秘的なクラゲの世界はまさに小宇宙。私も時にはクラゲのように世相を忘れて漂ってみたい。
関連記事

気に入ったらシェア!

俊樹
この記事を書いた人: 俊樹
本名/神戸俊樹
静岡県藤枝市出身。
19歳の時に受けた心臓手術を切っ掛けに20歳から詩を書き始める。
2005年3月詩集天国の地図を文芸社より出版、全国デビューを果たす。
うつ病回復をきっかけに詩の創作を再開。
長編小説「届かなかった僕の歌」三部作(幼少編・養護学校編・青春編)父を主人公にした(番外編)を現在執筆中。
詩、小説、エッセイ、作詞など幅広く創作。
2019年9月、一眼レフデビュー。Nikon D700を使用。
2020年4月、Nikon D810にアップグレード。

コメント10件

コメントはまだありません

sado jo

掴みどころのないクラゲも、幼い頃は母親の傍にいる様に貝の背中などにくっついて生きているそうです。
ところが成長すると、自分でそこを飛び出して放浪生活に入るんだとか…まるで人間みたいですね(笑)

2020年01月22日 (水) 18:25

よしお

こんにちは

クラゲのような人ですか。
不思議な人でしょうねぇ。

2020年01月23日 (木) 17:22

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020年01月25日 (土) 14:49

ネリム

こんばんわ
クラゲ綺麗ですね。

2020年01月25日 (土) 17:24

ももPAPA

こんばんわ♪

こうやってクラゲをよく観ると、独特ですよね。
ほんとに、泳ぐっていうんじゃなくて 漂っている まさに
そんな感じです。
不思議で興味の尽きない生物クラゲ
質感と色合いも独特な印象があります。

2020年01月25日 (土) 18:11

雪野繭

水族館の写真とは珍しいですね。
とても綺麗に撮れていて、幻想的です。
水の流れに身を任せて、ユラユラと生きる。
見習いたいところです。

2020年01月25日 (土) 18:26

みゆきん

今年の冬は雪掻きゼロよん
恐ろしいわ(◎_◎;)

2020年01月26日 (日) 16:50

荒野鷹虎

俊樹さんへ!!

一度はクラゲの様に取り留めのない人生をお送ってみたい欲望がありますが、捕まえ様のない男には誰も相手をしてくれないでしょうねー。それでは寂しくて生きていけません。汗)
歯医者が無事終わり一足先に失礼しました。歯茎もしっかりしていました。免疫を付ければ大丈夫らしいです。水分補給(コーラ最近見直され下います)をこまめにとることだといわれました。☆☆

2020年01月27日 (月) 18:07

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020年01月29日 (水) 12:34

ネルメル

はじめまして。
とても綺麗に撮れていますね。
神秘的です。
確かに、漂っているというのがわかりますね。

2020年02月20日 (木) 23:59