fc2ブログ

戦火の中に咲いた花。

ツバキ3

ツバキ1
Nikon Z7Ⅱ,Mモード,WB晴天,ISO64,SS1/320,f/3.5 NIKKOR Z MC105mm f/2.8 VR S


人はなぜ争うのだろう
美しく清らかなのように
優しい気持ちになれたなら
どんな過ちも許せるのに
地球が丸いのは
世界が一つに繋がっているから
どんな土地にもは咲く
例えそれが
戦火の中であったとしても

 ウクライナ私物化を企む利己主義の塊、プーチン大統領。『ウクライナの同胞を解放する』を大儀名分とし、軍事侵攻の正当性を国内外へ向けてアピールする。強かな彼の脳裏にはこの戦争への『勝利宣言』と『打倒ゼレンスキー政権』しか存在していないのだろう。
 戦後70年、平和な国に生まれ変わった日本に私たちは育ち、激動の昭和から~令和へと逞しく生き抜いて来た。この国にとって戦争は非日常の出来事へと戦争の歴史と共にページを閉じた。戦争そのものを体験した年代の人口も激減し、過去の遺物として時折、語られるに過ぎない。然し、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が非日常を日常へと激変させたのである。
 日々、激しい攻撃に晒されているウクライナの現状は、この地球上のあらゆる国の未来の姿なのかも知れない。北方領土問題を抱える日本は、この戦争を対岸の火事として捉える事は到底出来る筈もない。
 旧ソ連の貧しい時代を体験しているロシア人にとって、欧米各国の経済制裁はさほどのダメージを与えるには至っておらず、今後数年先まで見通す必要性があり十分な効果を発揮するまでにどれほどの時間が掛かるのか、ロシア国内の経済動向を注視し、徹底分析を続ける意外にないのが現状だ。
※近所に咲いていた椿?を撮ってみて、薔薇に似ていると思ったが、赤い薔薇と根本的に違うのは、そのの持つ存在感と色である事に気づいた。薔薇は艶やかで、激しい情熱を秘めているが、椿はその真逆で、目立つ事を嫌う慎ましい姿…。それゆえ、散り行く椿が最も美しいのはそのためだろうと思った。
(5月8日の入院前に下書きしておいた記事。加筆・修正せず執筆時のまま投稿する事とした。)
※※7月26日、呼吸器外来にて右肺に溜まっている水を針で少し抜き検査をする。何故、いつまでも抜けずに溜まり続けているのか?その原因が分かると思う。
関連記事
 14

COMMENTS

apricot・a
2022/07/23 (Sat) 17:13

こんにちは。
今日も暑かったですが、お加減は如何ですか?
検査結果が良き方向でありますように・・。
詩とお写真がとても合っていて、寂しいような力強いような
不思議な気持ちになりますね。

ももPAPA
2022/07/23 (Sat) 22:40

俊樹さん こんばんわ♪

写真を拝見して椿の花の美しさを改めて感じました。
その美しさと併せて紡ぎ出される言の葉がまたいっそう心に
響いてきます。

同じ地球上にいて、どうして人は争うことをするんでしょう。
そこから生み出されるものは反感と憎しみだけだということ
をあの狂人は全くわかっていない。
そして該当する国の人たちは知るべきです。

-
2022/07/24 (Sun) 09:57

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

桜子
2022/07/24 (Sun) 10:38

こんにちは~

来週の検査で色々分かると良いですね
肺の水を抜くって苦しいですよね
めげずに頑張ってください

sado jo
2022/07/24 (Sun) 16:09

宮本武蔵や嘉納治五郎の教え

「剣禅一如」と言う宮本武蔵の言葉があります…命の格闘は西洋人にはただのスポーツですが、日本人には仏の道であり、剣道も弓道も柔道も、極める道だと教えます。自分の父は猟師でしたが仕留める獲物を敬ってました。
だから日本人が花を愛でる…と言うのは命を敬うと言う意味で、同じ花を見るのも西洋人とはまったく違う感性になります。
日本人の魂が結集したような講道館の殿堂で、プーチンはいったい命の何を学んだのでしょうか?柔道家の風上にも置けません。

-
2022/07/25 (Mon) 07:51

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

雪野繭
2022/07/25 (Mon) 11:53

戦争はなかなか終わりませんね。
もしかすると長期戦になるのかも。
日本はコロナと戦うので精一杯。
肺の方はいかがですか?
コロナの新規患者も増えているので、
あまり無理はしないでください。

-
2022/07/25 (Mon) 20:25

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ネリム
2022/07/25 (Mon) 21:39

こんばんわ
戦争の無い世界になって欲しいなと思います

-
2022/07/26 (Tue) 06:19

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Keity**
2022/07/26 (Tue) 20:42

もう検査は終わったのでしょうか?

この暑さに耐えるのは大変ですが、戦禍の人々はもっと大変なのでしょう。私も耐えなくては。
あと20年もすれば、歴史の審判は降っているのでしょうが、世界が二分化してスキあらば、相手の陣営に攻め込もうなどという状況になっていないことを願います。

8月、考えるだけで憂鬱ですが、負けずに頑張りましょうね。

☆AMEX☆
2022/07/28 (Thu) 10:01

こんにちは

私は撮るのが苦手なんですが、赤い椿がいつものようにしっとり表現されていてとても素敵な写真ですね。
写真からは慎ましい中にも存在感も感じさせてくれます。

ウクライナ情勢は世界を巻き込んで不安ですね。
我々の少しの我慢などはどうこうありませんが、罪のない人を巻き込んでの暴挙は絶対許せません。
コロナもBA.5が猛威を振るっていますし、地球温暖化で猛暑やゲリラ豪雨と・・
この先の行方がとても心配になります。

koyuri
2022/07/30 (Sat) 21:07

肺の水の原因は解ったのでしょうか

とても心配しています。

何事もなければ良いのですが‥‥

ロシアは、第二次世界大戦の時も、平気で日本人をシベリア抑留した国なので、期待が持てません。

なのに、日本が甘やかして来たのも、良くなかったと思います。

-
2022/07/31 (Sun) 17:48

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます