FC2ブログ
ビーチサイドの人魚姫
俊樹

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が 迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。

楽しい献本作業。

2012年09月11日
心の病 12
献本

 わたしは今でも月に一度のペースで精神科(うつ病)に通院している。それをもう6年以上続けているが、それまでに3回も病院を変えた。
 1度目は運悪く評判の余り良くない心療内科に当たってしまい酷い目にあってしまった。そして大学病院に変更してみたが、余りにも待ち時間が長く(3時間待ち)、行く度に担当医が変わり同じ事を何度も話さなければならず非常に疲れてしまい結局そこも止めてしまった。
 そして漸く3回目にしてやっと良い精神科医に巡り会えたのであるが、この担当医に出会えた事が詩集出版に繋がった一つの要因でもあった。
 だからわたしは担当医にも献本をした。本を出版すると必ず献本作業がある。当然出版社がある程度マスコミ関係に献本するが、わたしは今までお世話になった先生や知人にも献本した。その数は約50人に及んだ。
 静岡県を代表する藤枝市出身の作家である故・小川国夫氏にももちろん献本したが、この時は事前に電話を入れ、小川国夫氏本人とは話せなかったものの、奥さんがわたしの事をよく覚えており(実家が隣同士)、話が弾んだ。
 他では須磨久善医師。当時は世界で5本の指に入ると言われたスーパードクターである。NHKのアーカイブにも出ている有名な心臓外科医。
 お礼の葉書が届いた時には感激した。献本用のケースは文芸社が無料で提供してくれた。独立法人国立特殊教育研究所にも所蔵されている。自分が在籍した学校にも献本し、学校の先生たちからは高く評価されていてとても 喜ばしい限りである。
 写真は通院中の精神科に展示されている著書(天国の地図)。

関連記事

気に入ったらシェア!

俊樹
この記事を書いた人: 俊樹
本名/神戸俊樹
静岡県藤枝市出身。
19歳の時に受けた心臓手術を切っ掛けに20歳から詩を書き始める。
2005年3月詩集天国の地図を文芸社より出版、全国デビューを果たす。
うつ病回復をきっかけに詩の創作を再開。
長編小説「届かなかった僕の歌」三部作(幼少編・養護学校編・青春編)父を主人公にした(番外編)を現在執筆中。
詩、小説、エッセイ、作詞など幅広く創作。
2019年9月、一眼レフデビュー。Nikon D700を使用。
2020年4月、Nikon D810にアップグレード。

コメント12件

コメントはまだありません

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年09月11日 (火) 08:18

qoomom

『読むぞリスト』に追加です♪

2012年09月11日 (火) 15:06

ちっち

初めまして

いそべえさんの ブログから こちらに たどり着き 拝見させてもらいました。

是非是非 天国の地図 読ませてもらいます。

2012年09月11日 (火) 15:36

ばたこ

先ほどはコメント、ありがとうございました。

本を出版されているんですね。
機会があれば読ませて頂きたいと思います。

2012年09月11日 (火) 15:56

クラックー

コメント失礼します、こんにちは。
先日はコメントありがとうございました!

俊樹さんのブログはとても言葉が整理されていて
率直にスゴイと思いましたw
本も出版されているのですね。

ボクは難しいことはわかりませんが、
応援したい、そんな気持ちに駆られます。

これからもマイペースで、素晴らしい
詩を書き続けて頂けるよう願っております。

2012年09月12日 (水) 15:41

anjou

はじめまして!
先ほどはコメントありがとうございました。

言葉を噛締めながら読みすすめました。
同年代として誇りに思える生き方で感動しています。

2012年09月12日 (水) 19:07

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年09月13日 (木) 08:13

yuota

コメントありがとうございます。
詩集、興味があるので読まさせて頂きます。
小説の執筆も頑張って下さいね。
良かったら、小さな広告塔にもなります(笑)
沢山の人に元気を与えてあげて下さい。
私も頑張ります。

2012年09月13日 (木) 17:34

たこはし ゆきえ

コメントありがとうございます。

 面識のない方からのまともなコメントは初めてだったので嬉しかったです。

 ブログを読ませていただきましたが、詩の作家さんだったとは!

 歌詞以外で詩を読んだのは、学生のころの国語の授業以来だと思います。

 ブログの詩を読んで、素直に素敵だなぁと思い、詩の世界に興味を持ちました。

 そして、私のいたずら書きのようなブログを見られてしまったと、嬉しさが恥ずかしさに変わってしまいました。

 俊樹さんの産んだ詩が多くの人に届きますように。

2012年09月13日 (木) 18:52

ひかり

はじめまして。
コメントありがとうございました(^^)

2012年09月13日 (木) 20:56

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年09月14日 (金) 22:55

りすぴょん

はじめまして。
コメントありがとうございました。
感謝です。
私は本を読むことや、文章を書くことが好きなので、本を出されていることを素直にいいな~と
思いました。
また、ゆっくり訪問させていただきたいと思います。
少しでも元気になられますように、願っています。

2012年09月16日 (日) 13:03